桐生市:山上庚申塚古墳

過日,山上庚申塚古墳(群馬県桐生市新里町山上)を見学した。古墳周辺の地域には山上古墳群と呼ばれる古墳群があり,関連文化財も多数ある。
山上庚申塚古墳は,山上8号墳とも呼ばれる。現況で直径12m×16mの円墳とされており,横穴式石室があるとのこと。一部掘削されているように見えるから,元はもっと大きな古墳だったのではないかと思う。
墳丘の前と墳丘上には供養塔等があった。古代においてのみならず,中世~近世においても信仰の対象とされ,または,墓地として二次利用されていたのだろう。それらの供養塔等の前で合掌した。

IMG_4026.JPG
南の方から見た様子


IMG_4035.JPG
南西の方から見た様子


IMG_4027.JPG
南東の方から見た様子


IMG_4028.JPG
東の方から見た様子


IMG_4037.JPG
墳頂の庚申塔


IMG_4030.JPG
道祖神・供養塔など


IMG_4032.JPG
庚申塔など


IMG_4031.JPG
古い墓石など

この記事へのコメント