桜川市真壁町:八幡山古墳

過日,八幡山古墳(茨城県真壁町上谷貝)を見学した。八幡山古墳は,鹿島神社の北約200mのところにあり,古墳の西側は集会所兼避難所のような施設となっている。古墳の前に鳥居があり,墳頂には兒育八幡神社があるので,その神社を参拝した上で,周辺を拝見した。
真壁町史編さん委員会編『真壁町史料 考古資料編V』(平成17年)の130~131頁によれば,八幡山古墳は,円墳とされているが,古墳の形状については不明とのこと。後代における掘削等によりかなり変形しているのだろう。目測で直径20m前後のように見えるけれども,推測としては,元はもっと大きな古墳だったのではないかと思われる。横穴式石室があったと伝えられており,太刀,刀子,銅碗が出土したとのこと。

IMG_5454.JPG
鳥居


IMG_5456.JPG
社殿


IMG_5440.JPG
北東の方から見た様子


IMG_5448.JPG
東の方から見た様子


IMG_5441.JPG
西の方から見た様子


IMG_5444.JPG
南西の方から見た様子

この記事へのコメント