つくば市北条:八坂神社と古墳

過日,八坂神社(茨城県つくば市北条)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。八坂神社の祭神は不詳。八坂神社は,常陽銀行筑波支店の東約50mのところにあり,その境内には茨城県内で2番目に古いとされる五輪塔が立っているほか,境内社等がある。
八坂神社の基壇部となっている古墳は,八坂神社古墳と呼ばれ,筑波町史編纂専門委員会編『筑波町史 上巻』(1990年)の81頁によれば,直径約10m・高さ2.5mの円墳状をした古墳とされている。
八坂神社古墳の前の道路に面した南側~大部分は石垣で固められており,西側の一部が道路により掘削されて擁壁で固められているため,そちらの方から見ると全体として城の天守閣か何かのように見える。古墳のそれ以外の部分(特に北側)は,石垣で固められておらず,土の墳丘の一部と思われる部分が露出している。しかし,掘削によりかなり変形しているものと推定されることから,そのような土が露出している部分の外形だけでは古墳の形状を確定することは無理なことだろうと思われる。なお,北東側と東側には人家があるため,どのような状態になっているのかわからない。

IMG_5427.JPG
神社正面(南側)


IMG_5421.JPG
南西の方から見た様子


IMG_5419.JPG
西の方から見た様子


IMG_5432.JPG
北西の方から見た様子


IMG_5428.JPG
社殿脇にある五輪塔と境内社


IMG_5430.JPG
社殿脇にある石塔

IMG_5425.JPG
鳥居脇にある庚申塔など


IMG_5424.JPG
鳥居脇にある供養塔?



 八坂神社
 http://www.komainu.org/ibaraki/tukubasi/yasaka_hojyo/yasaka_hojyo.html

この記事へのコメント