野田市:長久寺と八坂神社

過日,真言宗豊山派・宝塔山長久寺(千葉県野田市瀬戸)を参拝した。長久寺には将門が寄進したとされる毘沙門天がある。平将門と関連する遺跡や寺社は非常に多い。しかも,現代まで続いている。そのことの意味をどう考えるかは,各人各様なのだと思う。しかし,単に偶然や惰性のようなものでそうなったとは認め難い。現代の世相を重ね合わせて考えてみても,そのように思う。
長久寺に隣接して八坂神社がある。明治時代の神仏分離を考えると,かつての状態はどうだったのかと様々な想像をめぐらせることができる。
八坂神社の境内には様々な供養塔等がある。

IMG_1420.JPG
山門


IMG_1422.JPG
本堂


IMG_1424.JPG
毘沙門天


八坂神社は,長久寺の南西隣地にある。その境内には,非常に多数の供養塔等がある。それらの石塔から推測すると,八坂神社の境内地またはその近隣地に古墳があったのだろうと思われる。社殿の所在地それ自体が古墳だったかもしれない。


IMG_1433.JPG
八坂神社鳥居


IMG_1435.JPG
八坂神社拝殿


IMG_1437.JPG
八坂神社本殿


IMG_1430.JPG
猿田彦大神


IMG_1431.JPG
庚申塔など


IMG_1432.JPG
青面金剛明王など


IMG_1444.JPG
浅間大神


IMG_1440.JPG
境内社


IMG_1445.JPG
境内社

この記事へのコメント