群馬県邑楽郡邑楽町:菅原神社と古墳(松本1号墳)

過日,菅原神社(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を参拝し,その基壇部になっている古墳を拝見した。菅原神社は,石打交差点の北東角にある。祭神は,菅原道真公。 菅原神社の基壇部となっている古墳は,松本古墳群を構成する古墳の1つである松本1号墳。この古墳は,直径約30mの円墳とされている。それと同時に,この古墳は,富士塚としても信仰の対象とされてき…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:お春名古墳

過日,お春名古墳(群馬県高崎市足門町)を見学した。お春名古墳は,直径約15mの円墳とされており,横穴式石室が発掘されている。 この古墳は,榛名山の噴火による被災後に造られた古墳として知られている。すなわち,薄葬令の後に造営された大型墳丘墓の1つということになる。説明板によると,噴火により壊滅した被災地の復興にあたった集団の長の墓所と考…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市金古町:愛宕山神社と古墳

過日,愛宕山神社(群馬県高崎市金古町字愛宕)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。鳥居の脇に大きな庚申供養塔がある。本殿(特に彫刻)は,とても立派なものだった。 この古墳は,直径約30mの円墳とされている。この古墳は,愛宕山古墳と呼ばれ,金古町9号墳とも呼ばれている。典型的な古墳神社の形態を示しており,墳丘の一部が掘削されて…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市青梨子町:諏訪神社と古墳

過日,諏訪神社(群馬県前橋市青梨子町)を参拝し,同社の下にある古墳を拝見した。鳥居には「諏訪大明神」と書かれている。鳥居の脇には大きな庚申塔がある。また,巨石がある。この巨石が石棺材の一部かどうかについては,よくわからない。 諏訪神社のある場所に所在する古墳は,直径約63mの円墳とされている。この古墳は,諏訪山古墳と呼ばれており,清里…
コメント:0

続きを読むread more