将門麦酒

年越しに飲もうと思って柏麦酒が製造している「将門麦酒」を買ってきた。まだ飲んでいないので,どんな味なのかは未知数。とても楽しみ。  柏麦酒  https://kashiwa.beer/
コメント:0

続きを読むread more

今日の水鳥

年越しの買い物に出かけ,全部済ませてから近所の調整池まで散歩してきた。相変わらず複数の種類の水鳥を見ることができたのだが,この池では今年初めてマガモが来ているのを見た。 池の岸ではコガモの群れが陸地に上がって何か餌を探しているところだった。羽繕いしているコガモもいる。 …
コメント:0

続きを読むread more

流山市:芝崎1号墳とその周辺

過日,柴崎1号墳(千葉県流山市柴崎字犬田)を見学した。この古墳は,詳細が不明ながら円墳とされており,セブンイレブン流山古間木店のすぐ近く(南西)にある。 東武アーバンパーク線流山おおたかの森駅でつくばエクスプレスに乗り換えて流山セントラルパーク駅まで行き,そこから先は,周辺地域の状況を観察しながら徒歩で往復した。元はのどかな田園地帯で…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:増尾城跡と古墳

過日,増尾城跡を見学した。増尾城址を含む周辺一帯は増尾城址公園(千葉県柏市増尾字稲荷下)として整備されている。増尾城跡は,城址公園の南西角のあたりにある。城跡への入口は,南東側と南西側に合計3か所ある。城址公園の一部は「南小橋遺跡」という縄文時代の遺跡包蔵地に指定されている。 城址公園の中を散策した後,芝浦工業大学柏中学高等学校脇の道…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:上人塚古墳

ちば情報マップ上には,ローソン柏藤心店(千葉県柏市藤心)のある交差点周辺に「上人塚古墳」との名称をもつ6基の円墳が存在することが示されている。複数の古墳で構成されているので「古墳」ではなく「古墳群」なのではないかと思うが,この点は一応措き,とりあえず現地に行ってみることにした。 この交差点には庚申塔(青面金剛明王)の石碑があり,塩の道…
コメント:0

続きを読むread more

松戸市:天神山古墳

過日,天神山古墳(千葉県松戸市松戸新田)を見学した。JR常磐線松戸駅で新京成線に乗り換えて上本郷駅まで行き,そこから先は徒歩で往復した。 天神山古墳は,直径約16mの円墳または直径約21mの円墳とされている。しかし,墳丘全体が大きく掘削・変形されて天神社の基壇部とされてしまっているため,それが古墳であると認識することがかなり難しいよう…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:宇都宮市とびやま歴史体験館

飛山城史跡公園を見学した後,公園の敷地内に併設されている「宇都宮市とびやま歴史体験館」を見学した。 この施設内には,飛山城の発掘調査結果として得られた貴重な出土資料だけではなく,近隣の古墳と関連する資料も展示されている。時間の関係で復元古墳の現地を訪問できなかった竹下浅間山古墳の復元模型や出土品等の展示があり,とても興味深いものだった…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:飛山城史跡公園

過日,飛山城史跡公園(栃木県宇都宮市竹下町)を見学した。この史跡公園は,中世~戦国時代に芳賀氏が居城とした城跡なのだが,発掘調査等の結果,かなり古い時代からの遺跡が含まれていることも判明しており,律令時代には烽火台として利用されていたようだ。おそらく,古墳時代にも非常に大きな軍事的重要性をもった場所だったのだろうと思われる。 飛山城史…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:どどづか高塚(旧大塚古墳)

過日,どどづか高塚(栃木県宇都宮市清原工業団地)を見学した。この塚は,清原工業団地3号緑地内にあり,かつては「大塚古墳」と呼ばれる古墳とされていたけれども,現在では後代の塚とされているようだ。 結構大きな塚で,巨大な饅頭のような形をしており,かなりインパクトがある。周囲を柵で囲われているけれども,入口が開いていたので,柵の中に入って見…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:三日月神社と古墳

過日,三日月神社(栃木県宇都宮市石井町)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。祭神は,月讀神。典型的な古墳神社の形態をとっている。「三日月」という名をもつ神社は,比較的珍しいのではないかと思う。元は「月讀神社」だったかもしれない。 三日月神社は,セブンイレブン宇都宮石井南店の北東側の隣接地にあり,同店の駐車場からも見える。か…
コメント:0

続きを読むread more

今日の空

今日は,低いところを飛ぶ航空機とは出会わなかった。かすかなジェット音に気づいて見上げると,高度5000~7000mくらいのところを定期便の旅客機が飛行中だった。あっという間に視界から消え去った。
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:上戸祭大塚古墳と大塚古墳群

過日,上戸祭大塚古墳(栃木県宇都宮市上戸祭町)を見学した。上戸祭大塚古墳は,直径約53.4mで二段築成の大型円墳とされている。長岡町交差点の南西にある山の斜面(南面の山腹)に所在する。墳丘の北側周囲には周溝と思われる部分の一部も残存していた。 古墳の石室があった場所と思われる部分は,確実ではないが,大きくえぐれているような状態となって…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:磐裂根裂神社と古墳

過日,磐裂根裂神社(栃木県下都賀郡壬生町安塚)を参拝し,社殿背後にある古墳を拝見した。祭神は,磐裂命・根裂命。天照大御神(神明宮)・火産霊大神(愛宕神社)・武甕槌大神(鹿島神社)・建御名方大神(諏訪神社)を配祀している。境内社として,大杉神社(大山咋神)・稲荷神社(宇迦之御魂神)・天満宮(菅原道真公)・若宮神社(経津主神)・八坂神社(素…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:箕田4号墳と6号墳

過日,箕田4号墳を見学した後,箕田4号墳と6号墳(埼玉県鴻巣市箕田)を見学した。 箕田4号墳は,周囲を住宅等に囲まれた区域内にあり,直径約16mの円墳とされている。墳丘を見るのは無理かと思って出かけたのだけれども,たまたまビニールハウスのビニールが取り除けてあったので,ハウスの骨格越しに墳丘の一部を見ることができた。幸運だったと思…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:箕田2号墳(三士塚)

過日,箕田2号墳(埼玉県鴻巣市箕田)を見学した。この古墳は,三士塚とも呼ばれている。現況は,直径約23mの円墳だが,元は直径約32mの古墳だったらしい。古墳正面に氷川神社の鳥居があり,墳頂に社殿がある。参拝した。 嵯峨源氏・源融(武蔵國の国司)の孫である源仕(891~942年)とその妻の墓所との伝承があるそうで,もしそのとおりであると…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:宮登神社と箕田9号墳(宮登古墳)

過日,宮登神社(埼玉県鴻巣市宮前)を参拝し,社殿の背後にある古墳を拝見した。宮登神社の祭神は,誉田別命。鳥居の額には「正弌位聖大權現」と刻まれている。 社殿の背後(北西側)にある古墳は,箕田9号墳と呼ばれ,宮登古墳とも呼ばれる。直径約20mの円墳とされており,石室が開口している。石室からは鉄鏃や玉等が発見されたとのこと。 神社を参拝…
コメント:0

続きを読むread more

ある貯水池に来ていた水鳥

本日,ある貯水池で水鳥が集まっているのを見た。基本的にはカルガモ(Anas zonorhyncha)の群ればかりだったのだが,1組のオオバン(Fulica atra)と1羽のヒドリガモ(Anas penelope)の姿も見えた。
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡吉見町:御所稲荷神社と古墳

過日,御所稲荷神社(埼玉県比企郡吉見町御所)を参拝した。御所稲荷神社は,横見神社の西側隣地にある。 御所稲荷神社の社殿は,御所稲荷神社古墳と呼ばれる直径約20mの円墳の墳丘側面にある。なぜこの部分にあるのかについては不明だが,おそらく,その場所に石室があったのだろうと推測され,元は穴神社のような形態をとっていたのではないかと思われる。…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡吉見町:横見神社と古墳

過日,式内社である横見神社(埼玉県比企郡吉見町御所)を参拝した。祭神は,建速須佐之男命・櫛稲田比賣命。横見神社は,和銅年間(708~715年)の創建とのこと。境内社として三峯神社がある。 横見神社の社殿基壇部は,残存部の直径約15mの円墳とされている。この古墳は,横見神社古墳と呼ばれ,明治5年には石棺が発見されたらしい。横見神社古墳と…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡川島町:廣徳寺と古墳

過日,真言宗豊山派・西福院廣徳寺(埼玉県比企郡川島町表)を参拝し,境内にある古墳を拝見した。廣徳寺は,源頼朝の家臣である三尾谷廣徳の開基とのこと。廣徳寺の境内はとても広く,重厚な建物が並んでいる。それらの建物の中でも大御堂は,非常に貴重な文化財として,その指定を受けている。廣徳寺は,全体として,一般に,三尾谷氏の居館と考えられているよう…
コメント:0

続きを読むread more

桶川市:原山古墳群

過日,原山古墳群(埼玉県桶川市川田谷)を見学した。地名からも推測できるように,水害のリスクの高い地域であり,私が訪問した時にも大規模な水害(河川氾濫)が発生してから少し後のことだったので,遺跡所在地の結構高いところまで泥水が押し寄せた痕跡が明瞭に残されていた。古墳群は,その泥水の痕跡の上限付近よりも高いところにある。古代の人々も水害の最…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県入間郡毛呂山町:川角八幡神社

過日,川角八幡神社(埼玉県入間郡毛呂山町川角)を参拝した。祭神は,品陀和氣命(誉田別命・応神天皇)・天照大神・春日神(武甕槌神・経津主神・天児屋根命・姫大神)。 簡素ながら立派な社殿だった。 なお,境内には積石式の富士山のようなもの(大黒天)があるけれども,古墳ではない。川角八幡神社の西方には集落跡遺跡が存在するので,元はその集落を…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:染谷鹿島神社と古墳

過日,染谷鹿島神社(茨城県石岡市染谷)を参拝した。祭神は,武甕槌命,豊受姫命・市杵島姫命・足伸彦命・気長足姫命を配祀している。境内社として八坂神社,清心神社,高根稲荷神社がある。 染谷鹿島神社は,寶持院のある小山の尾根南端付近にあり,奥の方(尾根付近)では寶持院の境内地と鹿島神社の境内地が連続しているような具合になっている。 染谷鹿…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:寶持院

過日,真言宗豊山派・金剛山密巌寺寶持院(茨城県石岡市染谷)を参拝した。染谷の集落のある区画内の小山の裾にあり,その小山の斜面に墓地がある。境内の建物や墓地の様子からして,古くから格式の高い寺院だったと思われると同時に,かつては砦のような役割も果たし,軍事上の大きな重要性をもつ施設だったのではないかと感じた。 参道 …
コメント:0

続きを読むread more

ゴイサギのように見えるアオサギ

ある川の上に枝を伸ばした木があり,その枝の上に比較的大きな鷺がとまっていた。格好からするとゴイサギ(Nycticorax nycticorax)のように見える。しかし,頭部の羽毛の色が白い。よく見ると,アオサギ(Ardea cinerea)が首をたたんで木の枝にとまっているのだった。面白いものだと思う。
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県入間郡毛呂山町:大類1号墳(苦林古墳)

過日,大類1号墳(埼玉県入間郡毛呂山町大類)を見学した。この古墳は,苦林古墳,毛呂山1号墳,長塚,将軍塚,観音塚とも呼ばれる。かなり掘削されているために元の大きさが不明となっているけれども,現況は墳長24.2mの前方後円墳とされている。周囲を住居等に囲まれており,墳丘だけの写真を撮影しようとすると若干苦労する。 大類1号墳の所在地周辺…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県入間郡毛呂山町:十社神社と古墳

過日,十社神社(埼玉県入間郡毛呂山町)を参拝した。祭神は,貞治2年(1363年)の苦林野合戦で亡くなった金井新左衛門ほか9人の武士とのこと。古くからこの地を支配した氏族の子孫なのだろう。境内社として,稲荷神社,弁財天がある。 十社神社の境内には多数の古墳が現存する。それらの古墳は,大類古墳群を構成する古墳とされており,十社神社の社殿周…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県入間郡毛呂山町:川角古墳群

過日,川角古墳群(埼玉県入間郡毛呂山町川角)を見学した。川角1号墳と2号墳を含む川角古墳群の一部は,埼玉医科大学川角キャンパスの西側の森(延慶の板碑のある森)の中にある。実は,うっかり観ないでしまった。別の機会に再訪しようと思う。 川角古墳群の他の部分は,埼玉県立毛呂山特別支援学校の南側周辺にある森(鎌倉街道のある森)の中にある。川角…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県入間郡毛呂山町:毛呂山町歴史民俗資料館と西戸2号墳(移築・復元)

過日,毛呂山町歴史民俗資料館(埼玉県入間郡毛呂山町大類)を訪問し,展示資料等を見学した。この資料館は,大類古墳群や川角古墳群等の発掘調査結果として収集された資料等を保存・展示している。私が訪問した時には,たまたま「毛呂山町遺跡調査60年のあゆみ~明かされてきた遥かなもろやま~」という特別企画展が開催中で,とても勉強になった。職員の方の対…
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ

散策していたら,畑の中を走り,ときどき立ち止まって周囲を見回す鳥がいるのに気付いた。ヒヨドリくらいの大きさがある。ツグミ(Turdus eunomus)だと思う。久しぶりに見た。
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:下中宅地裏古墳群

過日,下中宅地裏古墳群(千葉県我孫子市中峠)の所在地とされる地区を散策した。この古墳群は,4基の円墳で構成されるものとされている。しかし,東側の1基の所在地の現況は太陽光パネル群となっており,湮滅したものと思われる。北西の1基は,たぶん民家内にある築山のことを指すのだろうと判断したが,確実ではない。民家内なので公道から見える範囲内でちょ…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:法照院

過日,真言宗豊山派・宝霊山法照院(千葉県我孫子市中峠)参拝した。法照院は,現在では廃寺となっており,中峠青年館の一部として保存されている。天神堂,大師堂,阿弥陀堂が残されている。天神堂は,待道権現・天満宮・石神社・阿弥陀如来を祀っている。かつては大いに栄えた寺院だったのではないかと想像されるが,明治政府の神仏分離政策により廃止となってし…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:亀田森稲荷神社と古墳

過日,亀田森稲荷神社(千葉県我孫子市中峠)を参拝した。祭神は,倉稲御魂神。安永2年(1773年)に創建とのことだが,現在の社殿は,平成9年に修築されたものらしい。 かつて,亀田森稲荷神社の境内地,西側道路敷地及び北側隣地にまたがって,中峠北古墳群の中の1つを構成する円墳が存在したらしい。現在では墳丘らしきものを認識することが難しく,強…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:龍泉寺と古墳

過日,真言宗豊山派・南命山龍泉寺(千葉県我孫子市中峠)を訪問した。門が閉じていて境内に入ることができなかったためその門の前で合掌し,隣接地にある大師堂の前でも合掌した。大師堂の脇には,石碑等があった。 龍泉寺の西側には中峠北古墳群を構成する2基の円墳が存在することになっている。その公道から見える範囲内でその場所を探してみたけれども,龍…
コメント:0

続きを読むread more

モズ(メス)

散策中,メスのモズ(Lanius bucephalus)を見た。約50mほど先の木にとまっており,ときどき地上に降りて餌を探し,また同じ木に戻る。三脚なしの撮影なのでかなりしんどかったけれども,どうにかそれらしい写真を撮ることができた。少し近づいて写真を撮ろうとしたら,別の木のてっぺんに移動した。更に何枚か撮影した。 …
コメント:0

続きを読むread more

今日の空

今日も妙なヘリコプターがうろうろしていて,「うざい」と思いつつ,あちこち散策した後,自宅近くのスーパーマーケットに寄って買い物をした。ふと気づくと,空に妙な雲がある。基本的には飛行機雲なのだが別の雲が重なっており,鳳凰(朱雀)のはばたきを横から見ているような感じがした。
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:照妙院と古墳

過日,真言宗豊山派・滝前山照妙院(千葉県我孫子市中峠)を参拝した。照妙院は,照妙院不動尊としても知られているが,現在では廃寺となっており,中峠下公民館の敷地の一部として境内地や堂宇等が保存されている。周辺住民の方がその管理を継続しているようだ。境内には本堂にあたる不動堂のほか,多数の石仏や供養塔があり,大師堂,天神宮などがある。 …
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:伊勢山天照神社と古墳

過日,伊勢山天照神社(千葉県我孫子市中峠)を参拝した。祭神は,大日霊売命。景行天皇の代の創建との伝承がある。多数の神社を合祀しており,合祀神社であることを示す石祠・石碑が多数あるほか,二十一仏武蔵石板碑がある。私が参拝した時には拝殿前に菊花が並べてあった。 伊勢山天照神社の境内地を含む周辺地域は,神明前遺跡という遺跡に指定されており,…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:古利根自然観察の森・根古屋原遺跡と中峠上古墳群

過日,古利根自然観察の森(千葉県我孫子市中峠)を散策した。古利根自然観察の森の敷地の大部分は,芝原(中峠)城址(根古屋原遺跡)の指定地となっており,土塁や空堀のようなものが残されている。 根古屋原遺跡の一部は,重ねて中峠上古墳群にも指定されている。この古墳群には円墳11基が存在することになっているけれども,観て回ったところ,その大部分…
コメント:0

続きを読むread more

カルガモ

自宅近くの調整池でカルガモ(Anas zonorhyncha)もいた。この池に居ついている鴨かもしれない。私が見た時には,コガモ(Anas crecca)の群の中に混じっていた。
コメント:0

続きを読むread more

セグロセキレイ

散策していると,セグロセキレイ(Motacilla grandis)と良く出逢うのだが,ちょこまか動くので,なかなか良い写真を撮れない。久しぶりでどうにか写真らしい写真を撮ることができた。
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギとコサギ

自宅近くの調整池でダイサギ(Ardea alba)とコサギ(Egretta garzetta)を見た。種類と大きさが異なっていても同じような感じの鳥が集まっているところが面白い。
コメント:0

続きを読むread more

カイツブリと謎のカモ

自宅近くの調整池でカルガモのように見える水鳥を見かけ,写真を撮っておいた。あとでよく見たら,どうも違う。写真の左側の鳥は,カイツブリ(Tachybaptus ruficollis)だろうと思う。問題は右側の鳥で,たぶん,オカヨシガモ(Anas strepera)のメスなのではないかと思うのだけれども,はっきりしない。 …
コメント:0

続きを読むread more

コガモ

自宅近くの調整池を散策していたら,コガモ(Anas crecca)が来ているのを見つけた。池の中をグルグルと周遊している。
コメント:0

続きを読むread more

コブハクチョウ

自宅近くの調整池を散策していたら,白鳥が来ているのが見えた。顔のあたりが黒く,こぶがあるので,コブハクチョウ(Cygnus olor)ではないかと思う。
コメント:0

続きを読むread more

カシラダカ?

散策していたら,調整池近くの林で小型の鳥が数羽いるのを見つけた。その中の1羽が地面に降りたので,すかさず写真を撮った。撮影した時はセッカ(Cisticola juncidis)かと思ったのだけれども,胸のあたりの模様が異なるので,似た羽色の鳥を比較検討してみた。オオジュリン(Emberiza schoeniclus)のメスのようにも見え…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:善能寺金毘羅神社と古墳

過日,善能寺金毘羅神社(埼玉県坂戸市大字善能寺)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。社殿には「金比羅大神」と書かれた額がかかっている。また,墳丘脇には境内社(稲荷大明神)がある。 善能寺金毘羅神社の基壇部となっている古墳は,直径約26.8mの円墳とされており,善能寺金比羅神社古墳と呼ばれ,善能寺1号墳とも呼ばれている。典型…
コメント:0

続きを読むread more

館林市羽附旭町:正一位稲荷大明神と渕ノ上古墳跡

過日,正一位稲荷大明神(群馬県館林市羽附旭町)を参拝し,その境内にある渕ノ上古墳跡を拝見した。直径約30mの円墳とされている。しかし,現在では墳丘が存在せず,石室の形状を示す配石があるのみ。この配石が前方後円墳のようにも見えるので混乱しやすいが,石室部分だけでこれくらいの大きさがあったのだから,古墳造営当時においては,相当大きな円墳に見…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡板倉町:舟山古墳

過日,舟山古墳(群馬県邑楽郡板倉町岩田)を見学した。舟山古墳は,伊奈良村2号墳とも呼ばれ,全長約66mの前方後円墳とされている。ただし,墳丘の大部分が掘削されてしまっており,現在残されているのは前方部の一部のみとのこと。しかも,その大部分が竹木で覆われており,墳丘の形を知ることは難しい。残存前方部の周囲には富士嶽神社の石碑のほか,祠と浅…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡板倉町:筑波山古墳

過日,筑波山古墳(群馬県邑楽郡板倉町岩田)を見学した。筑波山古墳は,全長70.8mの前方後円墳とされている。後円部の墳頂には筑波山神社があり,くびれ部付近は道路が貫通し,前方部付近の上には小屋が立てられているけれども,概ねその範囲全体が保存されていると言える。墳頂の筑波山神社を参拝した。 筑波山古墳には石室があり発掘調査されている。現…
コメント:0

続きを読むread more

本田航空のセスナ172

今日は,セスナ機が頭上を旋回していた。尾翼番号は6。曇り空なので,くっきりと撮影するのは無理なのだが,どうにか識別可能な範囲内で撮影できた。 それにしても,どうして毎日のように航空機が頭上を通るのかは・・・謎だ(笑)
コメント:0

続きを読むread more

館林市:富士嶽神社と古墳

過日,富士嶽神社(群馬県館林市富士原町)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。富士嶽神社の祭神は,木花佐久耶毘売命。境内社として,愛宕神社,大山祇神社,織姫神社,日枝神社,清滝神社があり,他に多数の神社を合祀している。 富士嶽神社の社殿の基壇部となっている古墳は,前方後円墳とされているのだが,前方部が明確ではなく,現況は,…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡千代田町:堂山古墳

光恩寺を参拝した後,同寺の背後(北側)にある堂山古墳を拝見した。堂山古墳は,永楽村1号墳または赤岩堂山古墳とも呼ばれ,全長約90m(説明板の記載は全長約80m)の前方後円墳とされている。 堂山古墳の後円部墳頂付近には光恩寺の鐘楼がある。この鐘は,機械装置により自動的に突かれるような仕組みになっている。堂山古墳の前方部には赤井照光の墓が…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡千代田町:光恩寺

過日,高野山真言宗・赤岩山地蔵院光恩寺(群馬県邑楽郡千代田町赤岩)を参拝した。光恩寺は,赤岩不動尊との名でも知られている。 下記の光恩寺のホームページによると,「雄略天皇が穴穂宮(安康天皇)のために勅して全国に建立せられた九ケ寺の一つとされ、推古天皇11年(603)には秦河勝を勅使として仏舎利三粒が納められたと伝えられています。また同…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:新町薬師堂と米山古墳

過日,新町薬師堂(栃木県佐野市犬伏新町)を参拝した。新町薬師堂は,真田父子が東軍と西軍に分かれて戦うことを密議した場所だとされており,境内にはその旨の内容の説明板がある。境内には稲荷大明神の御堂がある。 新町薬師堂を参拝した後,その背後にある山道を登り,米山古墳の所在地を見学した。かつては山全体が巨大な前方後円墳だと考えられた時期があ…
コメント:0

続きを読むread more

ムクドリ

散策中,畑の中でムクドリの群れが餌を探しているのを見かけた。だんだん寒くなるので食べられるものが乏しくなる。鳥も人間も楽ではない。
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県防災航空隊のヘリコプター

本日,埼玉県坂戸市内の古墳を散策していたら,1機のNHのヘリが通り過ぎた後,あまり見かけないヘリが旋回して近づいてきた。そして,私のちょうど頭上で停止し,しばらくホバリングしていた。近所の方も不安になって外に出て見上げていた。写真を拡大してみたところ,曇りだったので写りは良くないが,埼玉県防災航空隊のヘリコプターだということを理解した。…
コメント:0

続きを読むread more

松戸市:久保平賀古墳

過日,久保平賀古墳を見学した。久保平賀古墳は,藤花塚公園(千葉県松戸市小金きよしケ丘)という小さな公園の中にある。JR常磐線北小金駅から徒歩で往復した。久保平賀古墳は,直径約16.5mの円墳とされているが,現地に立てられている標識側面に書かれた説明によると,かなり形が崩れた状態のものらしい。現況は,一部土で埋めて復元されたもののように思…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:観音寺

過日,曹洞宗・慈愍山観音寺(千葉県我孫子市日秀)を参拝した。将門神社に比較的近いというだけではなく,御本尊が平将門の守本尊とされる聖観世音菩薩という関係のある寺院とのこと。あまり大きな寺院ではないが,境内には石仏・供養塔等が多数あり,それらを順に拝見した。境内は,国道365号線(成田街道)沿いにあり,信号のある交差点の角地のところには地…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:堀込古墳

過日,堀込古墳(千葉県我孫子市日秀字堀米)の所在地を見学した。その所在地は,日秀将門神社の南西約200mのところにある台地縁付近の畑の中。堀込古墳は,円墳とされており,埴輪が出土したとのこと。 畑の中を通る道を歩き,確実に私道と思われる小道の手前まで行き,古墳所在地と思われる場所付近を観たところ,ひどい笹薮に覆われた区画があった。たぶ…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:日秀将門神社と古墳

過日,日秀将門神社(千葉県我孫子市日秀)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。日秀将門神社の祭神は平将門。 日秀将門神社の境内にある古墳は,日秀宮前古墳と呼ばれている。詳細は不明だが,それと思われる墳丘様のものは,円墳または小判型の前方後円墳のような形をしたあまり高さのない盛土様のものだった。なお,日秀将門神社の境内地を含むかなり広…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:相馬郡衙正倉跡

過日,相馬郡衙正倉跡の所在地(千葉県我孫子市日秀)を訪問した。この場所の現況は,学校とその敷地になっており,外見上では遺跡らしいものが何もない。しかし,敷地北東角付近にある低い築山様の部分は,遺跡の一部を保護・保存するための覆土だろうと思われる。 相馬郡衙正倉跡の遺跡は多層になっており,一番古い層にはかなり広範囲に及ぶ竪穴式住居の集落…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:南原古墳群

過日,南原古墳群の所在地とされる場所を見学した。その場所は,中里市民の森(千葉県我孫子市中里)の南西隅のあたりにある。「ちば情報マップ」の表示によれば円墳2基があることになっている。実際に見学してみると,古墳群の所在地とされている場所の西側約半分は竹林で,その先端付近に比較的小さな円墳のような盛土様のものがあった。また,古墳群の所在地と…
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:中里諏訪神社

過日,中里諏訪神社(千葉県我孫子市中里)を参拝した。祭神は,建御名方尊。境内社として,三峯神社,熊野神社,八幡神社,稲荷神社(稲荷大明神)等がある。 村の鎮守と考えられ,現在では住宅地ばかりになってしまった我孫子市のかつての姿を彷彿とさせる神社の1つだと思った。 なお,諏訪神社の近辺には古墳群や古墳時代の遺跡埋蔵地が存在する。また,…
コメント:0

続きを読むread more

頭上を通過した航空機

昨日は,NHKの取材機と思われるヘリが頭上をゆっくりと飛んでいた。何かあったのだろうか? 今日は,自衛隊のU-125A型機と思われる小型ジェット機が高速で頭上を通り過ぎた。何かあったのだろうか?
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:前原浅間神社と古墳

過日,前原浅間神社(群馬県邑楽郡邑楽町中野)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。この神社は,新田義貞の家臣である中野氏ゆかりの神社とのことで,栃木県~群馬県付近の歴史の複雑さを感じさせる。 浅間神社の基壇部となっている古墳は,浅間神社古墳と呼ばれ,直径約25mの円墳とされている。社殿の背後(北側)には東西に東武小泉線が走っ…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:高正寺と藤川古墳(松本24号墳)

過日,曹洞宗・月久山高正寺(群馬県邑楽郡邑楽町藤川)を参拝した。高正寺の庭園は,あまり大きくはないとはいえ,こまめに手入れされているようで,感じが良かった。 境内には多数の石仏や供養塔等があり,非常に興味深かった。また,墓地内には比較的新しい大きな涅槃像がある。これは,特別の墓所のようだ。 山門 本堂 …
コメント:0

続きを読むread more

足利市上渋垂町:東光寺と古墳

過日,真言宗豊山派・醫王山東光寺(栃木県足利市上渋垂町)を参拝した。東光寺の境内には立派な薬師堂と石塔があるほか,境内入口付近に石仏等がある。 東光寺の墓地には文選古墳群を構成する古墳が残存していたとのことで,それらしいものが全く存在しないわけではないのだが,現況では全て湮滅と判断して良いのではないかと思う。東光寺の境内入口左手に諏訪…
コメント:0

続きを読むread more

足利市上渋垂町:諏訪神社と古墳

過日,諏訪神社(栃木県足利市上渋垂町)を参拝し,その基壇となっている古墳を拝見した。 諏訪神社の社殿は,現在では誰も世話をしていないらしく,かなり崩れた状態にあり,比較的近い将来に朽廃して消滅することが確実と思われる。 諏訪神社の社殿の基壇は,諏訪神社古墳と呼ばれる方墳とされている。文選古墳群を構成する古墳の1つらしい。諏訪神社の鳥…
コメント:0

続きを読むread more

足利市上渋垂町:赤城神社と古墳

過日,赤城神社(栃木県足利市上渋垂町)を参拝した。主祭神は磐裂命。豊受比賣命・埴山姫命・大日霎命を配祀している。境内社として大神宮と稲荷神社がある。 赤城神社周辺には文選古墳群があり,社殿前からは前方後円墳(文選11号墳)の遺構が発見されているそうなのだが,現況では何もない。元は前方後円墳の墳丘上に造営された神社だったものが,徐々に墳…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:根本神社古墳

過日,根本神社古墳(栃木県足利市朝倉町)を見学した。根本神社古墳は,全長30mの前方後円墳とも考えられているが,現況では前方部が存在しないため,直径約21~24mの円墳のように見える。神社の基壇とするために大きく掘削・変形された後の姿だと思われる。根本神社の墳頂には根本神の祠と巨石がある。説明板によると,この巨石は,近隣にあった別の古墳…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:口明塚古墳と海老塚古墳石室

過日,山川公園(栃木県足利市山川町)を訪問した。この公園内には,口明塚古墳があり,それと並んで海老塚古墳石室が移築・復元されている。どちらも立派なものだったのだが,場所が場所なので,子供達の遊び場になっており,適宜時間をつぶしながら子供達が別の場所に移動するのを待ち,それから写真を撮った。それにしても現代の子供達は,古墳から「おばけ」が…
コメント:0

続きを読むread more

下野市:愛宕神社と古墳(三王山31号墳)

過日,愛宕神社(栃木県下野市三王山)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。この古墳は,愛宕神社古墳と呼ばれ,三王山31号墳とも呼ばれるもので,直径約35mの円墳とされている。 鳥居から社殿までの間には「圓明寺墓地」と書かれた標識と石仏等が並べられた区画がある。典型的な古墳神社の形態をとっているが,墳丘の上に少し盛られているよ…
コメント:0

続きを読むread more

下野市:星宮神社と古墳

過日,星宮神社(栃木県下野市谷地賀)を参拝し,その社殿背後にある古墳を拝見した。 星宮神社の主祭神は,磐裂神・根裂神・木花開耶姫命。大己貴命・倉稲魂命を配祀している。境内社として,八幡宮・猿田彦神社・八坂神社・富士越弁財天神社がある。また,境内には古い庚申塔等がある。 星宮神社の背後(北側)にある古墳は,星宮神社古墳と呼ばれ,直径約…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:坂上古墳群

過日,坂上古墳群(栃木県河内郡上三川町坂上)を見学した。この古墳群は,40基以上の古墳で構成される大規模な古墳群とされている。現在見学可能な場所は概ね3カ所に分かれており,説明板のある南側の区画(山林・雑種地内)では比較的大型の円墳を数基見ることができ,東側の区画(民家裏の山林内)では前方後円墳と数基の円墳を見ることができる。北西側の区…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:大塚岩家古墳

過日,大塚岩家古墳(栃木県栃木市大塚町)を見学した。大塚岩家古墳は,直径約61mの円墳とされており,大塚古墳群を構成する古墳の中で最大の古墳とされている。広域農道に近い場所(南西側)に石室が開口している。この広域農道によって若干掘削されているように見えるけれども,全体としては非常に良好に保存されている古墳ではないかと思う。 時間がなか…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:金山塚古墳

過日,金山塚古墳(栃木県栃木市岩舟町静戸)を見学した。上円下方墳または方墳として指定されている。ただし,古墳ではなく塚ではないかとの見解が有力となっている。 現況は,現代の墓地に取り囲まれた墳丘になっており,一風変わった場所だとの印象を受ける。墳頂には祠がある。また,この古墳のある場所の一角に石仏等が集められた区画がある。 …
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:本郷古墳

過日,本郷古墳(栃木県栃木市藤岡町蛭沼)を見学した。この古墳は,直径約20mの円墳とされている。 本郷古墳は,民家の敷地内にあるのだが,その隣地がファミリーマート栃木蛭沼店の駐車場等の敷地となっている関係から,その場所から凡その姿を目にすることができる。また,県道252号線の歩道からもよく見える。 本郷古墳の墳頂には,氏神のようなも…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:山王寺大桝塚古墳と大桝塚北古墳

過日,山王寺大桝塚古墳(栃木県栃木市藤岡町蛭沼)を見学した。山王寺大桝塚古墳は,全長約96mの前方後方墳とされているが,後方部の南側部分は土取りによりかなり変形し,半壊状態となっており,また,前方部の上は現代の墓地となっている。 後方部の管理はかなり杜撰でゴミだらけとなっていただけではなく,センダングサの類が目いっぱい生えていて,とて…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:乙女不動原瓦窯跡

過日,乙女不動原瓦窯跡(栃木県小山市乙女)を見学した。この遺跡は,小山市立博物館に隣接する乙女かわらの里公園内にある。平窯跡がわかりやすく展示されているほか,粘土採掘抗跡も展示されており,非常に興味深かった。律令の時代の下野薬師寺の瓦を焼いた場所らしい。 小山市立博物館も見学した。この博物館には,乙女不動尊の境内にかつて存在したという…
コメント:0

続きを読むread more

ジュウガツザクラ?

昨日(12月15日),ある公園で桜の花が咲いているのを見た。ジュウガツザクラかフユザクラのどちらかだろうと思う。花のつき方から判断すると,ジュウガツザクラなのではないかと思ったが,よくわからなかった。
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県秩父郡皆野町:円福寺と内出1号墳(薬師堂下古墳)

過日,真言宗智山派・平量山円福寺(埼玉県秩父郡皆野町皆野)を参拝した。この寺院は常陸平氏ゆかりの寺院で,平重能と平将平の墓所がある。現代の感覚だけだと茨城県の石岡周辺と埼玉県の秩父周辺とは全く無関係のように思われるかもしれないが,実はそうではない。かつての支配層というものは,自分とその子孫がその領地を私的に実効支配し,その範囲を拡大しよ…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県秩父郡皆野町:大塚古墳

過日,大塚古墳(埼玉県秩父郡皆野町皆野)を見学した。この古墳は,直径約33mの円墳とされている。墳丘に登る階段の脇に石室が開口しており,その中を見学できる。墳頂には祠がある。参拝した。 墳丘それ自体としては道路側(西側)から古墳の側面を眺めたほうが良く理解できる。 あまり手入れが行われていないらしく,墳丘を登る階段の両脇にセンダング…
コメント:0

続きを読むread more

秩父市:和銅遺跡

過日,和銅遺跡(埼玉県秩父市黒谷)を見学した。和銅遺跡は,自然堂の露天掘りによる採掘跡の遺跡で,聖神社から山道を登り,案内表示のある場所から沢の方に降りた場所にある。案内表示は2か所にあるが,どちらを通っても同じ場所に辿り着くことができる。ただし,途中に掲示されている説明板が異なるものなので,全部読みたければ両方の道を通る必要がある。 …
コメント:0

続きを読むread more

秩父市:聖神社

過日,聖神社(埼玉県秩父市黒谷字菅仁田)を参拝した。祭神は,金山彦尊・国常立尊・大日孁貴尊・神日本磐余彦命・元明金命。自然銅(インゴット)と1対の銅製百足を御神体としている。 聖神社は,銅鉱石の露天掘り採掘遺跡として知られる和銅遺跡の入口にある。ここから先は観光客の自動車通行が禁止されており,徒歩で遺跡に向かわなければならない。遺跡へ…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県甘楽郡甘楽町:上信越自動車道甘楽SAの神保下條古墳

過日,クルマで移動中,上信越自動車道上り・甘楽SA(群馬県甘楽郡甘楽町天引字向原)に立ち寄り,同SAの西側にある神保下條古墳の移築・復元物を見学した。この移築・復元物の正式名称は不明なのだが,石室を移築し,その上に保護のための円墳風の盛土(覆土)をした構築物だと思う。説明板には神保下條2号墳と思われる図が示されているけれども,同SA内に…
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:前田家御寶塔(七日市7号墳)

過日,前田家御寶塔(群馬県富岡市七日市)を見学した。この御寶塔は,七日市藩の藩主・前田家の墓所なのだが,七日市7号墳と呼ばれる直径約30mの円墳の上にある。古代の古墳の二次利用の一例と言える。この古墳のある場所は,元は七日市藩陣屋の一部だったとのことなので,相当に改変を受けている可能性があるけれども,実際に見学してみたところ,一応円墳と…
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:蛇宮神社と古墳

過日,蛇宮神社(群馬県富岡市七日市)を参拝した。祭神は,高龗神。高龗神社ではなく蛇宮神社を称している理由は不明だが,「蛇」が「龍」を意味することは明らかだと思う。 蛇宮神社の境内を含む周辺地域は古墳群の所在地として知られており,蛇宮神社の境内にも古墳がある。境内社である御嶽神社と八幡神社の各基壇部は古墳とされている。他にも墳丘のように…
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:一之宮貫前神社

過日,一之宮貫前神社(群馬県富岡市一之宮)を参拝した。式内社。祭神は,経津主命・姫大神。元は,「抜鉾神社」または「鉾大明神社」だったけれども,後に『延喜式』の表記に合わせて「貫前神社」と改称したとのこと。物部姓磯部氏と関係する神社として知られている。「磯部」なので,古代の海軍(水軍)と深い関係をもつと推定される香取神宮(千葉県香取市香取…
コメント:0

続きを読むread more

安中市:磯部9号墳

過日,磯部9号墳(群馬県安中市磯部)を見学した。磯部9号墳は,碓氷川の南側にある台地の北側の縁にあり,直径約45.5mの円墳とされている。現況は,周囲の道路等によってかなり掘削されているようで,直径40mを超える古墳のようには見えない。墳丘上に石室が開口していることになっている。ただし,四周が金網によって囲われているいるため,その墳丘に…
コメント:0

続きを読むread more

安中市:真下神社と古墳

過日,真下神社(群馬県安中市簗瀬)を参拝した。真下神社は,簗瀬二子塚古墳の道路をはさんだすぐ東側にある。その鳥居には「真下明神」と書いてある。かつてこの地域の名主だった真下家の氏神とのこと。 真下神社の基壇部となっている古墳は,1辺約8mの方墳とされている。ただし,外見上では石垣等に固められており,古墳のようには見えない。真下神社の社…
コメント:0

続きを読むread more

安中市:簗瀬八幡平の首塚

過日,簗瀬二子塚古墳の南西に隣接する簗瀬八幡平の首塚(群馬県安中市簗瀬)を見学した。直径約24mの古墳(円墳)なのだが,石室付近で約150名分の頭骨が埋められているのが発見されたことから「首塚」との名前がある。この頭骨は,中世の攻防の中で戦死した者の頭骨を後の時代に集め,この場所に改葬したものだと推定されているから,古代の墓の二次利用の…
コメント:0

続きを読むread more

安中市:簗瀬二子塚古墳

過日,簗瀬二子塚古墳(群馬県安中市簗瀬)を見学した。全長約80mの前方後円墳であり,碓氷川の中流~上流域においては唯一の前方後円墳とされている。2018年に国の史跡に指定されている。この指定に伴い,古墳周辺一帯が整備され,トイレと展示施設のある駐車場が設置されており,とても見学しやすい古墳となっている。 簗瀬二子塚古墳は,台地の縁にあ…
コメント:0

続きを読むread more

安中市:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(群馬県安中市安中)を参拝し,神社の基壇部となっている古墳を拝見した。愛宕神社の祭神は,火産霊命。文武天皇の時代から霊地とされていたとのことなので,非常に古い時代から信仰の対象とされてきたのだろう。境内には大きな木が植えてあるけれども,大風で倒れる危険性があるらしく,近所の方の話によると,近々に伐採される予定とのこと。もし…
コメント:0

続きを読むread more

安中市:野殿天王塚古墳

過日,野殿天王塚古墳(群馬県安中市野殿)を見学した。この古墳は,「碓井郡岩野谷村56号墳」とも呼ばれ,直径約15mの円墳とされている。説明板によると,元の直径は20m程度だったと推定されているとのこと。石室が開口している。 古墳のある場所は,山の斜面を登った平坦部の縁にあり,道が狭くて少し苦労したけれども,どうにか辿り着くことができた…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:頼政神社と古墳

過日,頼政神社(群馬県高崎市宮元町)を参拝し,社殿の基壇部となっている古墳を拝見した。頼政神社は,高崎公園の東端にある。この場所は,台地の縁であり,その東側の崖下は烏川となっている。 頼政神社の社殿基壇部となっている古墳は,頼政神社古墳と呼ばれ,直径約20mの円墳とされている。しかし,ほぼ方形に掘削されているため,円墳のようには見えな…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:松本公園(松本古墳群)再訪

過日,松本古墳群を構成する複数の古墳のある松本公園(群馬県邑楽郡邑楽町大字石打)を再訪した。前回訪問した時にはざっと見ただけだったので,今回は松本公園とその周辺を丁寧に見て回ることにした(松本古墳群を構成する古墳の配置は,松本1号墳の記事参照)。 松本公園のある区画の南縁を東西に通る道路の北側にある林内には9号墳~13号墳が現存し,9…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:松本古墳群21号墳

過日,松本古墳群の21号墳(群馬県邑楽郡邑楽町中野)を見学した。この古墳は,大根村交差点の北西角にある太陽光パネル群の背後(北側)にあり,直径16.7mの円墳とされている。 かつて,国道122号線(前橋館林線)沿いには,他にも古墳がある。ただし,21号墳の東の方にあった22号墳は,もともとその一部が国道敷地として掘削されていたようなの…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:慶徳寺と古墳

過日,曹洞宗・佛種山慶徳寺(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を参拝し,その背後地(北側)にある松本古墳群の5号墳を拝見した。とても立派な山門があり,邑楽町の文化財に指定されている。 『邑楽町誌(上)』の216~217頁によれば,かつて,慶徳寺の周辺には5基の古墳(円墳)が連続して存在していたらしいのだが,現況では7号墳だけが現存し,6号墳は現…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:八王子神社(松本古墳群3号墳)再訪

先日,松本古墳群の3号墳を基壇部とする八王子神社(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を再訪し,参拝した。八王子神社古墳(松本3号墳)は,椿稲荷古墳(松本2号墳)の東の近隣地にある。 3号墳の道路をはさんだ西側には4号墳があり,独立の円墳とされているけれども,現在では,4号墳とされてきた部分は3号墳と連続するものであり,3号墳の部分を後円部とし,…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:椿稲荷古墳(松本古墳群2号墳)

過日,椿稲荷古墳とも呼ばれる松本古墳群2号墳(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を見学した。2号墳は,菅原神社の基壇部である1号墳の北東約150mのところにあり,直径約30mの円墳とされている。現況では北側隣地に含まれる部分が直線状に一部掘削されていることから,西側から見ると変形しているように見えるが,東側から畑越しに見ると一応円墳らしい姿に見え…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:菅原神社と古墳(松本1号墳)

過日,菅原神社(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を参拝し,その基壇部になっている古墳を拝見した。菅原神社は,石打交差点の北東角にある。祭神は,菅原道真公。 菅原神社の基壇部となっている古墳は,松本古墳群を構成する古墳の1つである松本1号墳。この古墳は,直径約30mの円墳とされている。それと同時に,この古墳は,富士塚としても信仰の対象とされてき…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:お春名古墳

過日,お春名古墳(群馬県高崎市足門町)を見学した。お春名古墳は,直径約15mの円墳とされており,横穴式石室が発掘されている。 この古墳は,榛名山の噴火による被災後に造られた古墳として知られている。すなわち,薄葬令の後に造営された大型墳丘墓の1つということになる。説明板によると,噴火により壊滅した被災地の復興にあたった集団の長の墓所と考…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市金古町:愛宕山神社と古墳

過日,愛宕山神社(群馬県高崎市金古町字愛宕)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。鳥居の脇に大きな庚申供養塔がある。本殿(特に彫刻)は,とても立派なものだった。 この古墳は,直径約30mの円墳とされている。この古墳は,愛宕山古墳と呼ばれ,金古町9号墳とも呼ばれている。典型的な古墳神社の形態を示しており,墳丘の一部が掘削されて…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市青梨子町:諏訪神社と古墳

過日,諏訪神社(群馬県前橋市青梨子町)を参拝し,同社の下にある古墳を拝見した。鳥居には「諏訪大明神」と書かれている。鳥居の脇には大きな庚申塔がある。また,巨石がある。この巨石が石棺材の一部かどうかについては,よくわからない。 諏訪神社のある場所に所在する古墳は,直径約63mの円墳とされている。この古墳は,諏訪山古墳と呼ばれており,清里…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県北群馬郡榛東村:高塚古墳

過日,高塚古墳(群馬県北群馬郡榛東村新井)を見学した。高塚古墳は,全長約60mで二段築成の前方後円墳とされている。 高塚古墳は,林業試験場の敷地内にある。林業試験場の駐車場にクルマを停め,事務室で受付手続をして許可を得た上で,徒歩で古墳のある場所に向かった。山の中の歩道をいったん下ると大きな段のようなものがある場所があり,そこから階段…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:斎条剱神社と古墳

過日,斎条剱神社(埼玉県行田市斉条)を参拝し,同社の社殿基壇部となっている古墳を拝見した。祭神は,素盞嗚命。境内社として,八坂神社,御嶽神社,浅間神社,雷神社,天満神社,矢矧神社,熊野神社,諏訪神社がある。かつては相当に賑わった神社らしいのだが,現況ではひどく錆びれているとの感を拭えない。 社殿の基壇部となっている古墳は,直径約40m…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:嶺雲寺と天神山古墳

過日,曹洞宗・嶺雲寺(埼玉県行田市小見)を参拝した。嶺雲寺は,天文5年(1536年)の開基で,忍の明嶺理察大和尚の寺としても知られている(下記の嶺雲寺のサイト参照)。 嶺雲寺を参拝した後,嶺雲寺前の道路をはさんだ向かい側にある天神山古墳を見学した。天神山古墳は,直径約20mの円墳とされており,かつては墳丘上に樹木が生い茂っていたらしい…
コメント:0

続きを読むread more

渋川市:虚空蔵塚古墳

過日,虚空蔵塚古墳(群馬県渋川市渋川)を見学した。虚空蔵古墳は,直径約13mの円墳とのことで,「渋川町1号古墳」とも呼ばれている。虚空蔵古墳は,渋川八幡宮から坂を少し下ったところにある。 石室内に虚空蔵菩薩が祀られていることから虚空蔵塚との名がある。墳頂には石碑がある。古墳の裏側には僧侶の墓石や石塔等が並んでいるので,かつては墓地とし…
コメント:0

続きを読むread more

渋川市:渋川八幡宮

過日,渋川八幡宮(群馬県渋川市渋川)を参拝した。鳥居には「澁川大社」と書かれている。祭神は,応神天皇・比売神・神功皇后。 とにかく色んなものが境内に同居している神社なので,驚いた。時間があまりなかったので,全ての境内社を回ったわけではないが,可能な限り参拝した。 ところで,かつて,基本的には徒歩で旅をした時代には,この神社で旅の安全…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡嵐山町:山王古墳群

今年の10月末のことだが,山王古墳群(埼玉県比企郡嵐山町千手堂)を見学した。見学の際には,レンジャー(担当職員)の方から了承を得て,「嵐山町オオムラサキの森活動センター」の駐車場にクルマを停めた。その方の話によると,つい最近,山王古墳群の古墳で盗掘があった疑いのあるものが見つかったのだという。もし本当にそうだとすれば,重罰に値する行為だ…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市:塩原塚古墳

過日,塩原塚古墳(群馬県前橋市田口町)を見学した。塩原塚古墳は,直径約30mの円墳とされている。墳丘は,かなり掘削されてしまっているらしく,あまり円墳らしく見えない。それでも石室内からは多数の出土品があり,7~8名の被葬者が葬られていたらしいということだ。同時に埋葬されたものなのか,それとも,比較的長期間にわたり一族の墓所または共同墓地…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市:遠見山古墳

過日,遠見山古墳(群馬県前橋市総社町総社)を見学した。遠見山古墳は,全長約70mの前方後円墳とされている。遠見山古墳の北側にある城川公民館に若干の駐車スペースがあるけれども,前橋市立図書館総社分館の駐車場にクルマを停め,そこから徒歩で往復した。 遠見山古墳は,住宅地化が進行中のように見える地域の中の比較的畑の多い場所の中にある。特に西…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:虚空蔵山古墳

過日,虚空蔵山古墳(埼玉県行田市小見)を見学した。虚空蔵山古墳は,小見真観寺古墳のすぐ近くにある。 虚空蔵山古墳は,推定墳長約60mの前方後円墳とされているが,現況は前方部の一部(長さ約26m)が残存するのみで,後円部は道路敷及び宅地等となってしまっている。 虚空蔵山古墳の墳丘上には虚空蔵菩薩があり,また,墳丘脇には諏訪大神がある。…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:真観寺と古墳

過日,真言宗智山派・慈雲山福聚院真観寺(埼玉県行田市小見)を参拝し,同寺の境内にある古墳を拝見した。真観寺の門,本堂,観音堂等は,どれもとても立派なものだった。境内は手入れが行き届いている。 真観寺の境内にある古墳は,小見真観寺古墳と呼ばれ,全長約117mの前方後円墳とされている。石室が2か所に開口しており,中に入ることができそうだっ…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:大塚熊野神社と古墳

過日,大塚熊野神社(埼玉県熊谷市大塚)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。熊野神社の祭神は,熊野夫須美命・速玉男命・家都御子神。猿田彦神社・宇賀神社・豊蚕神社・塞神社の四社を合祀したとのこと。同社は,熊谷スポーツ公園(埼玉県熊谷市上川上)の北東に隣接している。 神社の基壇部となっている古墳は,大塚古墳と呼ばれ,中条大塚古墳…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市・前橋市:上野国分寺跡

過日,上野国分寺跡(群馬県高崎市引間町~群馬県前橋市元総社町)を見学した。ガイダンス施設の脇に駐車場があるので,そこにクルマを停め,復元築垣,七重塔基壇,金堂基壇などを順次観た。全体としてかなり壮大な規模の寺院であり,宗教的な目的だけではなく,政治上・軍事上も非常に重要な役割を果たしていたのではないかと思った。 ガイダンス施設も見学し…
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:富士塚古墳

過日,富士塚古墳(埼玉県久喜市菖蒲町下栢間)を見学した。富士塚古墳は,栢間古墳群を構成する古墳の1つで,1辺約10mの方墳とのこと。墳頂には,かつて富士塚(浅間神社)として利用されていたことを示す「木花佐久夜姫神」と記された石碑がある。また,多くの古墳で見られるような馬頭観世音の石碑もある。各地において,これらの石碑と同様の石碑またはそ…
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:天王山塚古墳

過日,天王山塚古墳(埼玉県久喜市菖蒲町上栢間)を見学した。天王山塚古墳は,全長約107mの前方後円墳とされており,その前方部は西の方を向いている。古墳のくびれ部~後円部に該当する場所には薬師堂がある。 その薬師堂の東側には少し高く盛り上がった部分があるけれども,塩野博『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』(さいたま出版会・2004)4…
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:鎮守の森公園

過日,鎮守の森公園(埼玉県久喜市菖蒲町上栢間)を見学した。鎮守の森公園の駐車場脇には,トイレが設置されており,周辺地域の案内図がある。鎮守の森公園の敷地は東西に長い長方形となっている。駐車場の西側には遊歩道と池があるが,老朽化のためかどうか,池にかかる橋は撤去されていた。池の更に西側には天王山塚古墳の縮小模型がある。この縮小模型の後円部…
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:神明神社

過日,神明神社(埼玉県久喜市菖蒲町上栢間)を参拝した。鎮守の森公園の北側に鳥居があり,そこから続く約550mの参道両脇にある林とかなり広い境内林によって構成される「神明神社の社叢」は,久喜市の天然記念物に指定されている。この長い参道を歩いて社殿に向かった。参道の敷石は,ちょうど半分くらいの距離のところで並べ方が変えられており,興味深かっ…
コメント:0

続きを読むread more

館林市:子神社

過日,子神社(群馬県館林市赤生田町)を参拝した。子神社の祭神は,大己貴命。神仏分離前は,「子ノ権現」だったとのこと。境内には十九夜堂と稲荷神社のほか,石仏等もある。 子神社は,足腰の神社として知られており,社殿には願掛けの金属製草鞋が多数かけられていた。とても珍しい神社の1つではないかと思う。ちなみに,参拝した当時,迂闊にも足首をくじ…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:真名板薬師堂と真名板高山古墳

過日,真名板薬師堂(埼玉県行田市真名板)を参拝し,境内にある真名板高山古墳を拝見した。 真名板薬師堂とその仁王門は,元は真言宗・薬王山花蔵院の一部だったけれども,薬王山花蔵院の堂宇の多くが焼失し,薬師堂と仁王門だけが残されて今日に至っているとのこと。境内には大きな板石塔婆があるので,相当大規模な寺院だったと想像される。 真名板高山古…
コメント:0

続きを読むread more

深谷市:鹿島古墳群

過日,鹿島古墳群(埼玉県深谷市本田)を見学した。鹿島古墳群の現況が無残なものであることについては既に書いたとおりなのだが,センダングサの類の種子がくっつく被害が比較的軽微な場所に幾つかの読解可能な説明版があったのでそれを読み,基本的には古墳群の敷地内には入らず,古墳群の外側にある道路を歩きながら,ズームで撮影可能な古墳の写真を撮った。番…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市大谷:大雷神社と雷電山古墳

過日,大雷神社(埼玉県東松山市大谷)を参拝し,同社の基壇部となっている雷電山古墳を拝見した。大雷神社の祭神は,大雷命。 雷電山古墳は,全長約85mの帆立貝形前方後円墳とされており,大雷神社の社殿は後円部の墳頂にある。 大雷命は,その生まれからして火と関係する神であり,製鉄の際に炉から飛び散る溶けた鉄や刀剣を槌で叩いて鍛える際に発する…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町:後久保古墳

過日,後久保古墳(栃木県芳賀郡芳賀町東水沼)を見学した。後久保古墳は,全長約45mの前方後円墳とされている。住宅街(宇都宮市清原台)の縁を走る道路脇の林の中にある。この道路が宇都宮市と芳賀町との境になっている。古墳の東側は段丘崖に続く斜面になっている。 墳丘上の樹木は落葉樹が多いので,冬の時期には墳丘が明瞭に見えるらしい。私が訪問した…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸:浅間山古墳

過日,浅間山古墳(栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸)を見学した。浅間山古墳は,全長約57mの前方後方墳とされており,墳頂には浅間神社がある。墳丘に登る階段の脇に説明板があり,その右手の方が前方部となっている。墳頂付近は一部掘削されているように見えるけれども,全体としては良好に保存されている古墳ではないかと思った。実際に訪問してみると,大きな古墳…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸:般若寺跡

過日,般若寺跡(栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸)を見学した。般若寺跡の所在地の南端には小さな駐車場がある。その場所には説明板等もある。そこにクルマを停め,階段状に山を掘削して造営されたとみられる般若寺跡の参道部分を歩くと,途中に大きな石塔のようなものがある。田安宗武の供養塔とのこと。そこから更に歩くと,一番奥(北端)のところに徳川十代将軍家治…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸:ヌカ塚古墳と浅間塚古墳

星宮神社(栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸)の境内地の西側すぐ近くにヌカ塚古墳と浅間塚古墳という2基の古墳がある。いずれも道路に面しており,古墳の名称を記した標識があるので,見つけやすい。 星宮神社の近隣には他にも幾つかの古墳が存在するようなのだが,時間の関係で探訪を割愛し,他日を期すことにした。芳賀町にはとにかく多数の古墳があるので,1日で…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸:星宮神社

過日,星宮神社(栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸)を参拝した。祭神は,甕速日神・磐裂神・根裂神。甕速日神を祀る神社は比較的珍しいと思う。 前方後方墳が多数存在していることで知られる芳賀町周辺には星宮神社との名称をもつ神社が多数ある。同じく前方後方墳が多数存在していることで知られる栃木県那須烏山市周辺でも同じように星宮神社が多いのだが,栃木県大…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町祖母井:二子塚稲荷神社と古墳

過日,二子塚稲荷神社(栃木県芳賀郡芳賀町祖母井)を参拝し,神社基壇部になっている古墳を拝見した。二子塚稲荷神社の祭神は,倉稲魂命。二子塚稲荷神社は,上の原緑地公園の駐車場のすぐ北のところにある。 神社の基壇部となっている古墳は,祖母井二子塚古墳と呼ばれ,全長34mの前方後円墳とされている。現況は,掘削を受けて変形しているけれども後円部…
コメント:0

続きを読むread more

ハクセキレイ

寺社を参拝し,古墳を見学しながら散策していると,様々な鳥と出逢う。ポケットに入るコンパクトデジカメしかもっていないので,遠くにいる鳥を撮影しようとするとうまくいかないことが多い。しかし,比較的近くにいるときは,カメラのズーム機能でどうにか撮影可能なことがあるので,とりあえず撮ってみることにしている。 そうした鳥たちの中で,路傍や駐車場…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:ますみ古墳群

一昨日のことだが,いばらきデジタルマップに表示されている地点表示を頼りにして,ますみ古墳群(茨城県桜川市友部)を見学した。表示されている地点は2か所に分かれており,1つは台地の尾根上の畑の中(枡箕ヶ池の北),もう1つは台地の南端にある森(枡箕ヶ池の南西)周辺となっている。 枡箕ヶ池の北の該当地には大きな円墳様のものがあった。掘削に…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:花園古墳群

一昨日のことだが,花園古墳群(茨城県桜川市友部~同市上城)とその周辺を見学した。花園古墳群は,1基の前方後円墳(1号墳)と6基の円墳の合計7基の古墳で構成されていたが,描画のある石室が発見された3号墳は既に削平されて存在せず,5号墳,6号墳及び7号墳も湮滅している。2号墳と4号墳は,良好な状態で保存されている。 2号墳は,桜川市指…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:東山香取神社と花園古墳群3号墳

過日,東山香取神社(茨城県桜川市友部)を参拝した。祭神は,経津主命。神亀元年(774年)創祀の神社とのこと。立派な神社だと思った。境内には,花園古墳群3号墳の石室の復元物の保存・展示場所(考古資料館)がある。 花園古墳群の3号墳,5号墳,6号墳及び7号墳は,現在では湮滅している。東山香取神社の考古資料館にある3号墳の石室復元物は,石室…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:咳嗽神社

昨日,咳嗽神社(茨城県桜川市磯部)を参拝した。咳嗽神社の祭神は,咳嗽大神。愛宕神社・雷神社・熊野神社・白山神社・淡嶋神社を配祀している。元は権現社だったと思われる。咳嗽神社は,櫻川磯部稲村神社の鳥居から東の方へ坂を下ったところにある。 「咳嗽」は「しゃびき」と読むが,喉の炎症等による咳(せき)のことを意味する。祭神等から考えてみても,…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:櫻川磯部稲村神社

昨日,櫻川磯部稲村神社(茨城県桜川市磯部)を参拝した。祭神は,天照皇大神・栲幡千々姫命・瀬織津姫命・木花佐久耶姫命・天太王命・玉依姫命・天手力雄命・玉柱屋姫命・天宇受売命・倭姫命・天児屋根命・日本武尊。多数の摂社があり,境内にあるけれども,咳嗽社(御手洗)だけは別の場所にある。摂社の1つである足魂神社では饒速日神を祀っており,かなり珍し…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:磯部桜川公園

昨日,磯部桜川公園(茨城県桜川市磯部)を散策した。この公園は,その時期には山いっぱいに桜の花が咲き,観光客で賑わうのだそうだ。国の天然記念物に指定されている。しかし,私が訪問した時には訪れる人もまばらで,のんびり散策できた。紅葉が地面に落ちてカーペットのようになり,美しかった。 公園内には石倉翠葉顕彰碑がある。その業績については,下記…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:月山寺

昨日,天台宗・曜光山見明星悟道院月山寺(茨城県桜川市西小塙)を参拝した。月山寺は,桓武天皇の頃に創建された寺院で,創建当時には法相宗の寺院だったけれども,後に天台宗に改められたとのこと。その境内には美しい庭園があり,特にこの時期には紅葉が優れているということで知られている。私が訪問した時にも大型観光バスで大勢の人々がやってきていたほか,…
コメント:0

続きを読むread more