安中市:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(群馬県安中市安中)を参拝し,神社の基壇部となっている古墳を拝見した。愛宕神社の祭神は,火産霊命。文武天皇の時代から霊地とされていたとのことなので,非常に古い時代から信仰の対象とされてきたのだろう。境内には大きな木が植えてあるけれども,大風で倒れる危険性があるらしく,近所の方の話によると,近々に伐採される予定とのこと。もしかすると伐採予定の樹木の最後の姿を目にしたことになるのかもしれない。社殿背後地には石仏等があった。
基壇となっている古墳は,愛宕神社古墳と呼ばれ,「安中町5号墳」とも呼ばれている。愛宕神社古墳は,現況で直径約28mの円墳とされている。造営当時にはもっと大きかったものと思われる。

IMG_6228.JPG
愛宕神社正面


IMG_6210.JPG
鳥居


IMG_6219.JPG
拝殿


IMG_6214.JPG
本殿


IMG_6213.JPG
由緒書


IMG_6218.JPG
境内社


IMG_6216.JPG
大山祇命・秋葉神社


IMG_6223.JPG
社殿背後地の石仏・庚申塔など


IMG_6226.JPG
道路脇の供養塔

この記事へのコメント