群馬県邑楽郡邑楽町:椿稲荷古墳(松本古墳群2号墳)

過日,椿稲荷古墳とも呼ばれる松本古墳群2号墳(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を見学した。2号墳は,菅原神社の基壇部である1号墳の北東約150mのところにあり,直径約30mの円墳とされている。現況では北側隣地に含まれる部分が直線状に一部掘削されていることから,西側から見ると変形しているように見えるが,東側から畑越しに見ると一応円墳らしい姿に見える。ただし,全体に草や低木が濃密に生えていることから実際の墳丘よりも大きく見える。墳頂には稲荷神社が存在するはずで,墳丘の南西部分には稲荷神社に至る道も残されているけれども,長い間誰もその道を歩いていないようで,登れる状態にはないように見えた。そのため,墳丘には登らなかった。稲荷神社が現存するかどうかもわからない。

IMG_9408.JPG
東側から見た様子


IMG_9419.JPG
南西側から見た様子
(中央付近に椿稲荷神社に至る道の痕跡がある)


IMG_9414.JPG
西側から見た様子


IMG_9421.JPG
北側から見た様子

この記事へのコメント