加須市:天照皇太神宮と鶴ヶ塚古墳

過日,天照皇太神宮(埼玉県加須市町屋新田)を参拝した。拝殿と本殿との間にかつて立っていたという大松の一部が保存されていた。また,多数の境内社や石碑等がある。 天照皇太神宮の基壇部は,直径約15mの円墳とされている。この古墳は,鶴ヶ塚古墳と呼ばれている。しかし,実際に訪問し,天照皇太神宮の基壇部を拝見すると,確かに直径約15m前後の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:路傍の道祖神(道路神)と庚申塔

加須市の薬王寺・祇園社と天満宮との間をクルマで移動中,道路の脇に比較的新しい覆堂が2つ並んでおり,その一方の中に道祖神(道路神)があり,他方の中に庚申塔と十九夜念仏供養塔があった。その前でクルマを停め,合掌した。現代では,このように立派な覆堂を造営してもらえる道祖神や庚申塔は,あまり多くない。 道祖神 説明板 …
コメント:0

続きを読むread more

加須市道目:天満宮

過日,天満宮(埼玉県加須市道目)を参拝した。天満宮の基壇部に関しては,古墳だったのではないかとの意見があるが,現時点において古墳等の遺跡としての指定はない。参拝した上で実際に現地を拝見すると,古墳のように見える部分は,むしろ中世の土塁のようなもので,一部掘削して道路にしているために古墳のように見えないこともない地形になっているのではない…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:薬王寺と祇園社

過日,真言宗豊山派・医王山薬王寺と祇園社(茨城県加須市細間)を参拝した。薬王寺・祇園社の入口には鳥居があり,神社と寺院(薬王寺)とは別の建物になっており,他に境内社や墓地等もあるが,神仏分離前には異なる姿をしていたのではないかと思う。 薬王寺・祇園社を訪問した時は,かつて存在したという穴塚と穴咋塚の所在地の可能性の有無を考えてみた。結…
コメント:0

続きを読むread more