東京都世田谷区:大日如来尊

御岳山古墳の東方約100mほどのところに階段のある坂道があり,その階段の途中に「大日如来尊」と書かれた標石がある。そこから狭く急峻な道を登ると,幾つかの御堂が並ぶ場所に出る。その場所で合掌した。 「大日如来」との名からは,かつてこの付近に存在したという大日塚古墳(西岡11号墳)との関係を疑いたくなる。しかし,現在の大日如来尊のある場所…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:等々力不動尊と御岳山古墳

過日,等々力不動尊として知られる真言宗智山派・致航山満願寺別院滝轟山明王院(東京都世田谷区等々力)を参拝し,都道312号線をはさんだ向かい側(東側)にある御岳山古墳を見学した。等々力不動尊は,段丘の縁にあり,その境内地には元は古墳が存在したのではないかと想像される。中世以降の時代においても軍事的に極めて重要な場所だったことは間違いない。…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:等々力渓谷と横穴墓

野毛大塚古墳の東方には等々力渓谷がある。この渓谷は,南北に流れる河川によって削られて形成されたもので,この河川は多摩川の支流となっている。渓谷の崖には幾つかの横穴墓が残されており,その中の3号横穴には見学施設が設置されていて,素人でもわかりやすい展示の工夫がなされている。おそらく,かつては,等々力渓谷の崖地いっぱいに無数の横穴墓があった…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:野毛大塚古墳

過日,野毛大塚古墳(東京都世田谷区野毛)を見学した。野毛大塚古墳は,スポーツ施設を主体とする玉川野毛町公園の一角にあり,直径約82mの帆立貝式前方後円墳とされている。前方部の脇に小型の前方部様の造出部があるので,大小2つの前方部をもつ前方後円墳のように見える。 この古墳からは4名の被葬者の墓所が発掘されており,その発掘品は東京国立博物…
コメント:0

続きを読むread more