桜川市:枡箕ヶ池の野鳥

本日,枡箕ヶ池(茨城県桜川市友部)の周辺を散策した。枡箕ヶ池には,ダイサギ,アオサギ,カワウ,カルガモなどの夏からおなじみの鳥たちだけではなく,冬の渡り鳥もやってきていた。ざっと見たところ,オオハクチョウ,オオバン,キンクロハジロ,ホシハジロ,マガモなどの姿が見えた。 1羽のカワセミがすごい速度で飛んでいた。残念ながらカワセミの写真は…
コメント:0

続きを読むread more

ヒメアカタテハ

本日,ある寺院を散策していたら,地蔵菩薩像の前をひらひらと蝶が舞い,私の目の前に降りて羽を広げたままにしていた。ヒメアカタテハ(Vanessa cardui)のようだ。時期が時期だけに,これが最後の姿なのだろう。 帰宅してから,親戚の女性が89歳で亡くなったということを知らされた。御冥福を祈る。
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町:行事神社と亀の子塚古墳

過日,行事神社(栃木県芳賀郡芳賀町西高橋)を参拝し,同社の社殿基壇部になっている古墳を拝見した。行事神社の祭神は,武甕槌命・大己貴命。 行事神社の基壇部となっている古墳は,亀の子塚古墳と呼ばれ,全長約56.3mの前方後方墳とされている。一部掘削されているようにも見えるが,全体としてはかなり良好に保存された古墳だとの印象を受けた。 亀…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町:穴不動と古墳

過日,穴不動(栃木県芳賀郡芳賀町西高橋)を参拝し,社殿背後に石室の残部がむき出しになっている古墳を拝見した。 この古墳は,穴不動古墳と呼ばれ,全長約30mの前方後円墳とされている。社殿のある部分が後円部に該当し,社殿右側の方に前方部が伸びているとのことだ。ただし,全体としてかなり掘削されているので,正面(南東側)から見てもわかり難い。…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:富士山古墳

過日,富士山古墳(栃木県下都賀郡壬生町羽生田字古敷)を見学した。富士山古墳は,茶臼山古墳のある山の東側にある山にある。山の南側に神徳大神宮というところに至る道があるが,その途中に古墳であることを示す標石があり,その標石のある場所から山に登ることができる。山道を登ると,説明板のある場所に到達する。 富士山古墳は,直径約86mの二段築成の…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:茶臼山古墳

過日,茶臼山古墳(栃木県下都賀郡壬生町羽生田字古敷)を見学した。茶臼山古墳のある山は,歓喜院から見て真北の方にある。 茶臼山古墳は,墳丘の全長約91mの前方後円墳とされているが,周溝及びその外側の周堤がほぼ完全に残存している古墳で,周堤を含めると全長約140mの非常に大きな古墳になる。古墳のある山の南側に登山口があり,そこを登って行く…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:桃花原古墳

過日,桃花原古墳(栃木県下都賀郡壬生町羽生田)を見学した。桃花原古墳は,直径約63m,高さ約5mの3段築成の円墳とされている。大型の古墳であり,古墳全体が森のように見える。農道のようなところを北進し,太陽光パネルのあるところの左脇を通って古墳入口付近に辿り着くことができたけれども,そのあたりには除草されずにセンダングサの類がいっぱい生え…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:亀の子塚古墳

過日,亀の子塚古墳(栃木県下都賀郡壬生町羽生田)を見学した。亀の子塚古墳は,全長約34.6m,円丘部の直径約24.9m,高さ約3.7mの帆立貝式前方後円墳とされている。ほぼ円墳に近いもので,道路等により掘削されているらしい。資料等に基づいてその所在地付近を散策してみたところ,道路脇の林の中にそれらしい盛土のようなものを見つけることができ…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:長塚古墳

過日,長塚古墳(栃木県下都賀郡壬生町羽生田)を見学した。長塚古墳の入口への道は,栃木県道3号線(宇都宮亀和田栃木線)の脇にある案内表示のところから北に直進する農道のようなところを歩くと辿り着くことができる。この道は狭く,車両の通行が禁止されている。 長塚古墳は,墳丘長約77mの前方後円墳とされており,古墳のある場所は森のようにしか見え…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:八幡宮

過日,八幡宮(栃木県下都賀郡壬生町羽生田)を参拝した。この八幡宮は,歓喜院の北の方にあり,畑の中にある境内地だけが森になっている。歓喜院と八幡宮との間には,羽生田城北の丸の痕跡ではないかと疑われるような地形の部分があった。 八幡宮の主祭神は,誉田別命。仲哀天皇・神功皇后・天照大神・神大市比売神・白山比咩大神・石析根析神・弥都波能売神を…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:明神宮

歓喜院の北側には羽生田小学校があり,南北朝時代~戦国時代の羽生田城の本丸跡とされている。羽生田小学校の北西に羽生田城三の丸の土塁の一部が残されており,その土塁の上に明神宮がある。この明神宮は,落合家の氏神であり,元は羽生田城本丸のあたりにあったけれども,羽生田小学校の建設に伴い,現在の場所に移動したものとのこと。 鳥居 …
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:歓喜院

過日,真言宗智山派・永照山歓喜院(栃木県下都賀郡壬生町大字羽生田)を参拝した。歓喜院の所在地は,段丘の縁にあり,南北朝時代~戦国時代には羽生田城北の丸があった場所だと考えられている。歓喜院のあるあたりの段丘上からは,段丘下の低地(現況は主として田)を広く見渡すことができる。とても立派な寺院で,特に楼門は,安永9年(1780年)に永野万衛…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:白髭神社と古墳

過日,白髭神社(埼玉県熊谷市楊井)を参拝した。白髭神社の祭神は,猿田毘古神。境内社と思われる祠があるほか,鳥居の脇に庚申塔がある。 白髭神社の境内には「瀬戸山No.105古墳」と呼ばれる古墳のほか,幾つかの古墳があるとされているので探してみた。山腹を掘削して境内地が造営されているため,非常にわかり難かった。下記の埼玉古墳軍の意見では境…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:塩古墳群

過日,塩古墳群(埼玉県熊谷市塩)を見学した。塩古墳群の入口付近にある説明板(平成15年3月)によれば,塩古墳群は,2基の前方後方墳,26基の方墳,8基の円墳で構成される大規模な古墳群であるとされている。塩古墳群として保存・公開されている場所では,1号墳~8号墳,10号墳~19号墳,21号墳,33号墳を観ることができる。その中でも1号墳と…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡小川町:八幡神社と穴八幡古墳

過日,八幡神社(埼玉県比企郡小川町)を参拝した。参拝の後,八幡神社のすぐ近く(南)にある穴八幡古墳のあるところまで歩き,同古墳を見学した。 八幡神社の境内地は非常に広く,町指定文化財・天然記念物の大ケヤキ等の巨樹があり,全体として厳かな印象を受ける。境内には多数の境内社や庚申塔等もある。拝殿前の狛犬の表情が非常に独特だと思った。 …
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡嵐山町:東昌寺と古墳

過日,曹洞宗・長慶山東昌寺(埼玉県比企郡嵐山町菅谷)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。 東昌寺の山門をくぐると,とても綺麗に掃き清められており,その上を歩いて本堂や観音堂まで歩いて行って良いものかどうか,かなり迷った。それくらい完璧に掃き清められていた。「心が清く正しい者でなければ去れ」という意味なのだと解釈した上で,結局,その…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:花室大日塚古墳

昨日は,雨がどうにか止んだので,一杯館池(花室池)の南側台地上にある花室大日塚古墳(茨城県つくば市花室)という円墳を観ようと思って出かけてみた。つくば市立桜総合体育館(茨城県つくば市流星台)の北側では道路工事が進められており,もしこの道路が延長されるとすれば,いずれ花室大日塚古墳も湮滅してしまうことになる。この道路工事は,舗装段階まで進…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県春日部市内牧の謎の地形

埼玉県春日部市の遺跡分布図を見ていて,宮代町との境界近くにある共栄学園グラウンド(埼玉県春日部市内牧)の東側に長さ約150mの前方後円墳のような地形があるのを見つけた。現在のところ,遺跡としての指定は受けていない。建設残土かもしれないけれども,それにしては随分と大きい。謎の地形だ。 現地には行っていないけれども,Googleのストリー…
コメント:0

続きを読むread more

東京都狛江市:泉龍寺

過日,曹洞宗・雲松山泉龍寺(東京都狛江市元和泉)を参拝した。山門をくぐると二層式の鐘楼門があり,その奥に本堂がある。いずれも立派な建物だと思った。 地名からも推測できるように,泉龍寺付近には真水の湧き出るところがあり,発掘調査等の結果により,古代から利用されてきたらしいということが判明している。現況は泉龍寺に弁財天とその周辺施設(池)…
コメント:0

続きを読むread more

東京都狛江市:中和泉樹林地

伊豆見神社(東京都狛江市中和泉)の脇に中和泉樹林地がある。狛江市によって指定された保護林ということになっているのだが,この地域一帯が圦上遺跡という縄文時代~中世までの複合遺跡の包蔵地となっているので,この中和泉樹林地もまた遺跡包蔵地の一部ということになる。圦上遺跡は,基本的には集落遺跡ということになっているので,中和泉樹林地にも集落遺跡…
コメント:0

続きを読むread more

東京都狛江市:幾つかの古墳

東京都狛江市には結構多くの古墳が残されている。かつては,もっと多数の古墳があったようだ。現在では都市化が進み,残存古墳の幾つかは住宅の間または住宅等の敷地内に残されているような状態となっているけれども,公道から見学可能な古墳もある。今年の10月末のことだが,時間の許す範囲内で,それらの古墳を観て回った。 駄倉塚古墳は,狛江駅のすぐ…
コメント:0

続きを読むread more

東京都狛江市:伊豆見神社

過日,伊豆見神社(東京都狛江市中和泉)を参拝した。主祭神は,大國魂大神(大国主尊)。元は六所宮(一の宮小野大神・二の宮小河大神・三の宮永川大神・四の宮秩父大神・五の宮金鑽大神・六の宮杉山大神)であり,別の場所にあったけれども,水害により社地が流されてしまったため,天文19年(1550年)に現在の所在地に遷座したとのこと。伊豆見神社の現在…
コメント:0

続きを読むread more

会食のビーフシチュー

先日,東京都千代田区神田駿河台のJR御茶ノ水駅西口近くにある「デリフランス」という店の2階レストランで会食があった。メインの料理はビーフシチューで,比較的安価なのだが,とても美味しかった。好感のもてるレストランだと思う。
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:堀吉田神社と西原古墳群

過日,堀吉田神社(茨城県水戸市堀町)を参拝し,その西方に点在する西原古墳群を見学した。堀吉田神社の境内地は,社叢部分を含め,台地の淵にあり,その北側の段丘崖下には田野川が流れている。これまで西原古墳群に属する古墳として認識されてきた古墳だけではなく,堀吉田神社の境内地と社叢の敷地部分にも郡衙関連遺構と古墳遺構が存在するのではないかと想像…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:台渡里八幡神社と台渡里官衙遺跡(観音堂山地区)

過日,台渡里八幡神社(茨城県水戸市渡里町)を参拝し,同社の周辺にある台渡里官衙遺跡(観音堂山地区)を見学した。 発掘調査の結果等により,現在の台渡里八幡神社の敷地部分は,台渡里官衙遺跡(観音堂山地区)の一部である台渡里廃寺跡とされており,この遺跡からは「徳輪寺」や「仲寺」と書かれた文字資料が出土しているとのこと。「仲寺」は「那賀郡の寺…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:一盛長者伝説地と台渡里官衙遺跡(長者山地区)

過日,一盛長者伝説地とその周辺にある官衙遺跡(台渡里官衙遺跡長者山地区)のある場所(茨城県水戸市渡里町)を見学した。現況は,大部分が太陽光発電パネルで覆われている。この地区の発掘調査の結果,かなり大規模な正倉群(常陸国那賀郡の郡衙正倉群)があったことが明らかにされている。 台渡里官衙遺跡長者山地区の東端付近は,中世の砦遺跡(長者山城跡…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市金指:香取神社と古墳

過日,香取神社(茨城県石岡市金指字宮下)を参拝し,社殿背後にある古墳を拝見した。この古墳は,宮下古墳と呼ばれている。現在では掘削によりかなり変形した残存物的な状態となっているが,香取神社を参拝すると,自動的にこの古墳を礼拝することになるようなプランとなっている。なお,社殿の礎石には石棺材が使用されているとのこと。 古墳は小高い段丘の縁…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:吉沼愛宕神社古墳

過日,吉沼愛宕神社(茨城県つくば市吉沼)を参拝し,その本殿の基壇部になっている古墳を拝見した。この古墳は,吉沼愛宕神社古墳と呼ばれる円墳とされており,目測で直径約15mほど。典型的な古墳神社の形態をとっている。ただし,古墳ではなく中世以降の塚ではないかとの見解もある。 愛宕神社及び古墳のある場所(吉沼郵便局の南西約50m付近)は,段丘…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:西高野愛宕北塚と西高野愛宕南塚

過日,吉沼体育館・吉沼野球場(茨城県つくば市西高野)周辺にある西高野愛宕北塚と西高野愛宕南塚を見学した。これらの塚は,かつては古墳として扱われたこともあるけれども,現在では中世以降の塚として扱われている。 西高野愛宕北塚は,真言宗豊山派・西光院報徳院の本堂の南約50mのところにある集会所敷地内にあり,細長い形状をした基壇部が前方後円墳…
コメント:0

続きを読むread more

東京都千代田区:太田姫稲荷神社

過日,太田道灌ゆかりの太田姫稲荷神社(東京都千代田区神田駿河台)を参拝した。元は別の場所にあったらしいのだが,何度か遷座した後,現在の場所に落ち着いたとのこと。小さな神社なのだが,神田駿河台界隈のお祭りでは中心的な役割を果たしている。 鳥居 拝殿 本殿 手水 縁起書
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県南埼玉郡宮代町:姫宮神社と古墳

過日,姫宮神社(埼玉県南埼玉郡宮代町)を参拝した。JR常磐線北千住駅から東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)に乗り換えて姫宮駅まで行き,そこからは徒歩で往復。 姫宮神社の祭神は,多記理姫命・市杵島姫命・多記津姫命。多数の境内社がある。 古くから古墳の上に社殿があるものと考えられてきたが,近年の発掘調査等の結果,複数の古墳で構成され…
コメント:0

続きを読むread more

流山市:東深井古墳群

過日,東深井古墳群(千葉県流山市大字東深井)を見学した。東深井古墳群は,東深井地区公園(古墳公園)の中にあり,標識が立てられている古墳としては7号墳~18号墳が保存されている。7号墳と8号墳のある場所を除き,笹や低木が刈られておらず,荒れているために墳丘を見分けにくい状態にあり,管理が適切な公園であるとは言い難いが,丁寧に観て回ると一応…
コメント:0

続きを読むread more

オオシロカラカサタケ?

過日,散策中にカラカサタケに似たキノコが生えているのを見つけた。しかし,何となく様子が異なる。有毒のオオシロカラカサタケではないかと一応判断したが,他の類似の有毒キノコかもしれない。よくわからない。
コメント:0

続きを読むread more

野田市:堤根古墳

過日,堤根古墳(千葉県野田市堤根)を見学した。堤根古墳は,住宅街の中の公園にある。この公園の入口には公園の名を示すプレートがあるけれども,文字がかすれていて読み取れなかった。 堤根古墳は,1辺約25mの方形で三段の古墳とされているけれども,発掘調査の結果,周溝が発見されなかったため,後代の塚ではないかとの見解が有力になっているとのこと…
コメント:0

続きを読むread more

野田市堤根:菅原神社

過日,菅原神社(千葉県野田市堤根)を参拝した。祭神は,菅原道真公。境内社として大杉神社等がある。本殿の屋根の形が独特だと思った。 菅原神社の社殿脇(北西)には盛土状の部分があり,古墳の墳丘(または,その二次利用物)に見えないこともない。しかし,古墳としての指定を受けておらず,富士塚として扱う見解が多いようだ。境内に青面金剛(庚申塔)が…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:庚申塚古墳

過日,庚申塚古墳(千葉県野田市船形)を見学した。庚申塚古墳は,目測で直径約15m前後の円墳であり,墳頂に庚申塔がある。 庚申塚古墳は,協栄流通株式会社船形グロサリー集品センターの建物南東側に附属しているトラック移動用のループ状通路の1階円形空間部分にあり,墳丘の周囲は自転車置き場になっている。このような形で保存された古墳は,かなり珍し…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:八幡神社と古墳

過日,八幡神社(千葉県野田市新田戸)を参拝した。元応2年(1320年)の創建とのことで,後醍醐天皇の時代なので,南北朝時代の政治状況の変化と関係する諸事情に起因して創建された神社なのかもしれない。長年月を経て社殿が朽廃したため,平成8年に社殿が改築され,現在に至っているとのこと。 八幡神社の所在地は,利根川と江戸川に挟まれた細長い台地…
コメント:0

続きを読むread more

行田市須加~羽生市上新郷:浅間塚古墳と前浅間塚古墳

過日,浅間神社(埼玉県行田市須加)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。この古墳は,浅間塚古墳と呼ばれている。浅間塚古墳のすぐ近く(南方)に前浅間塚古墳を基壇部とする浅間神社(埼玉県羽生市上新郷)があり,かなりややこしい。これらの2つの古墳の間には,現代でも異なる行政区画の境界があるけれども,過去においてもそうだったようで,境…
コメント:0

続きを読むread more

羽生市:保呂羽堂古墳

毘沙門堂のすぐ近く(北西)の歩いて行ける距離のところに保呂羽堂古墳(埼玉県羽生市西)がある。保呂羽堂古墳は,直径約21mの円墳とされている。保呂羽堂古墳の墳頂付近は掘削されており,保呂羽堂が建立されている。この保呂羽堂は,北条氏に敗れた和田義盛とその一統の武将達を供養するための御堂とのこと。古代の古墳が供養塚として二次利用されたことが由…
コメント:0

続きを読むread more

羽生市:古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社・毘沙門堂と古墳

過日,古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社・毘沙門堂(埼玉県羽生市西)を参拝した。古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社・毘沙門堂は,東武伊勢崎線羽生駅のすぐ近くにあり,駅から徒歩で容易に到達できる。 毘沙門堂は,毘沙門山古墳と呼ばれる前方後円墳の前方部手前にあり,古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社は,毘沙門山古墳の後円部墳頂にある。後円部の墳丘…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:星神社と古墳

過日,星神社(茨城県坂東市神田山・旧岩井市)を参拝した。祭神は,岩裂命・根裂命とのこと。 星神社の境内(拝殿の右手前)には,全長約23.5mの前方後円墳がある。この古墳は,星神社古墳と呼ばれており、下神田山6号墳とも呼ばれている。墳丘には多数の石碑(浅間神社・御嶽神社・熊野神社・愛宕神社)等が立てられており,一般に元の形状とは異なるも…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:天照皇太神宮と鶴ヶ塚古墳

過日,天照皇太神宮(埼玉県加須市町屋新田)を参拝した。拝殿と本殿との間にかつて立っていたという大松の一部が保存されていた。また,多数の境内社や石碑等がある。 天照皇太神宮の基壇部は,直径約15mの円墳とされている。この古墳は,鶴ヶ塚古墳と呼ばれている。しかし,実際に訪問し,天照皇太神宮の基壇部を拝見すると,確かに直径約15m前後の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:路傍の道祖神(道路神)と庚申塔

加須市の薬王寺・祇園社と天満宮との間をクルマで移動中,道路の脇に比較的新しい覆堂が2つ並んでおり,その一方の中に道祖神(道路神)があり,他方の中に庚申塔と十九夜念仏供養塔があった。その前でクルマを停め,合掌した。現代では,このように立派な覆堂を造営してもらえる道祖神や庚申塔は,あまり多くない。 道祖神 説明板 …
コメント:0

続きを読むread more

加須市道目:天満宮

過日,天満宮(埼玉県加須市道目)を参拝した。天満宮の基壇部に関しては,古墳だったのではないかとの意見があるが,現時点において古墳等の遺跡としての指定はない。参拝した上で実際に現地を拝見すると,古墳のように見える部分は,むしろ中世の土塁のようなもので,一部掘削して道路にしているために古墳のように見えないこともない地形になっているのではない…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:薬王寺と祇園社

過日,真言宗豊山派・医王山薬王寺と祇園社(茨城県加須市細間)を参拝した。薬王寺・祇園社の入口には鳥居があり,神社と寺院(薬王寺)とは別の建物になっており,他に境内社や墓地等もあるが,神仏分離前には異なる姿をしていたのではないかと思う。 薬王寺・祇園社を訪問した時は,かつて存在したという穴塚と穴咋塚の所在地の可能性の有無を考えてみた。結…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅しもつまと地ビール

寺社の参拝と古墳探訪の途中,道の駅しもつま(茨城県下妻市数須)に寄って休憩することがときどきある。慣れないと入り方がわかりにくいかもしれないけれども,建物・施設それ自体は常総バイパス(国道294号・国道408号と一部重複)からよく見え,慣れると簡単に入ることができる(交差点で右折・左折して北側入口から入るのがコツ)。建物の中には飲食の施…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:稲荷神社と古墳(稲荷塚)

過日,稲荷神社(埼玉県加須市上樋遣川)を参拝した。この稲荷神社は,浅間神社のすぐ東側に位置し,御室社の南方の田の中にある。 稲荷神社の基壇部は,直径約25mの円墳とされている。浅間神社の基壇部となっている古墳(浅間塚)よりも高さはないが,むしろ,稲荷神社の基壇部のほうが古墳的な雰囲気を残していると言えるかもしれないと思った。 …
コメント:0

続きを読むread more

加須市:浅間神社と古墳(浅間塚)

過日,浅間神社(埼玉県加須市上樋遣川)を参拝した。浅間神社は,御室社の南方の田の中にある。 浅間神社の基壇部は,直径約25mの円墳とされている。後世に土が盛られ,元の墳丘よりも高くされているらしい。この古墳は,浅間塚と呼ばれている。 鳥居の脇に稲荷神社と刻した石碑が置いてあった。もしかすると既に湮滅した古墳(塚)にあったものを移動し…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:御室社と古墳(御室塚)

過日,御室社(埼玉県加須市上樋遣川)を参拝した。祭神は,三諸別王。ただし,鳥居には「御室大明神」とある。社殿は,とても立派だった。その境内には,別の場所から遷座したという八坂神社を含め,多数の境内社等がある。社殿北側にも鳥居があり,地元の方の説明によると,かつてはこちら側からも墳丘に登れたらしい。しかし,現状では無理そうなので,南側にあ…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:茨城古墳

過日,茨城古墳(茨城県石岡市茨城)を見学した。茨城古墳は,直径約42mの円墳とされており,住宅街の中の公園(ばらき台第2公園)の中に保存されている。公園の敷地をはみ出している部分(主として道路敷地部分)は,掘削され,コンクリートの擁壁で固められているけれども,全体としては良好な状態で保存されているように思う。茨城古墳の墳頂付近には小さな…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:佐自塚古墳再訪

八重天満神社を参拝し,長堀2号墳と長堀6号墳などを見学した後,徒歩で移動し,以前訪問したことのある佐自塚古墳(茨城県石岡市佐久)を再訪した。10月中旬のころだったので,秋がだいぶ深まっており,近所の人が植えたのかもしれない栗の木の下には栗の実が落ちていた。 久しぶりに佐自塚古墳の墳丘の周囲を歩いた。自然の山を掘削して造営された墳丘らし…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:長堀の稲荷神社

長堀6号墳の前の道を南東方向に更に下ると,稲荷神社があった。参拝することにした。ところが,拝殿の前には鈴も賽銭箱もない。不思議に思いつつ拝殿の前で参拝した後,その神社を通過しようとしたところ,拝殿と本殿との間の通路のような部分に戸口があり,開いていたのでそこから中を覗いてみた。すると,そこが実際には拝殿になっており,鈴と賽銭箱もあったの…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:長堀6号墳

過日,長堀6号墳(茨城県石岡市柿岡)を見学した。長堀6号墳は,長堀2号墳から南東の方に少し下ったところにある。道路から見ると小さな神社とその森があるようにしか見えないが,階段を登ると比較的小規模な円墳様のものを掘削して構築されたものだということがわかる。墳頂には小さな祠があった。 墳丘全体を観ることのできる場所がなく,また,墳丘がかな…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:長堀2号墳

過日,長堀2号墳(茨城県石岡市柿岡)を見学した。長堀2号墳は,全長約45mの前方後方墳とされている。丸山古墳等の古墳と並び,古い時代の古墳の1つだと考えられてきた。 長堀2号墳は,八重天満神社から比較的近い。長堀2号墳を含む周辺の遺跡のある地域の道は非常に狭いので,徒歩で移動するしかないと考え,そのようにした。全体としてかなり長い距離…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:八重天満神社

過日,八重天満神社(茨城県石岡市柿岡)を参拝した。この神社は,佐自塚古墳(茨城県石岡市佐久)のある台地の西方に所在する台地の上にある。古い神社のようなのだが,境内地の一部を道路が横切っているため,ちょっと残念な感じがする。鳥居や道路周辺には古い石碑などがあった。境内地の立地からして,かつて古墳が存在したとしても何ら不思議ではないような場…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:豊川稲荷神社とびだら塚古墳

予科練平和記念館の西側には青宿(茨城県稲敷郡阿見町大字青宿)という地域がある。かつては宿場町だったのだろう。青宿の坂道を上ると,途中に豊川稲荷神社がある。強風のため神木が倒れたままの状態になっていたが,参拝した。更にその坂をやや北方に向けて登ると,細長い台地の尾根の部分に「びだら塚」と呼ばれる古墳がある。「びだら」の由来は不明だが,青面…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:予科練平和記念館

過日,予科練平和記念館(茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸)を訪問した。隣接地には雄翔館(予科練記念館)がある。予科練平和記念館の敷地内には人間魚雷「回天一型」の復元模型が屋外展示されている。戦艦に搭載する大型魚雷を改造したものなのだそうで,文字通り魚雷なのだが,人間ではなくコンピュータが自動操縦する仕組みにすれば,現代の水中ミサイルと同じよう…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:実穀古墳群

過日,実穀古墳群(茨城県稲敷郡阿見町大字実穀)を見学した。近隣に適切な駐車スペースを見出すことができなかったので,JR常磐線ひたちのうしく駅近隣の駐車場にクルマを停め,そこからは長距離を徒歩で往復。 実穀古墳群には合計4基の古墳があったらしいのだが,現在では1号墳~3号墳の合計3基の円墳が残されているとのこと。現地を訪問し,古墳のある…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:宍塚古墳群2号墳(大白山古墳)

宍塚古墳群2号墳(大白山古墳)は,上郷池の北西にある小山の上にある。この小山は,全体として竹藪に覆われているように見えるけれども,西側から登ることができ,尾根上は比較的綺麗で,白山神社と思われる祠がある。2号墳は,その祠の背後(東側)にある。その祠を参拝すると自動的に古墳を礼拝することになるようなプランとなっているので,御神体ということ…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:宍塚古墳群10号墳,12号墳,19号墳,20号墳

宍塚大池の北西側にある小山の尾根上に宍塚古墳群の12号墳,19号墳及び20号墳が並んでいる。私が訪問した時は,ボランティアと思われる方々による清掃作業のようなことが行われていた。強風による倒木の伐採・除去等の作業は大変だろうと思った。このような方々の尽力により,私のような素人でも安全に古墳探訪できる。 個々の古墳には標識がなく,地図だ…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:上高津貝塚ふるさと歴史の広場~宍塚大池

これまで,土浦市立考古資料館と上高津貝塚ふるさと歴史の広場(茨城県土浦市上高津)を何度か訪問したことがある。今年の10月中旬のことだが,久しぶりにこの場所を再訪した。土浦市立考古資料館のホームページには近隣の遺跡関連の資料があると書いてあったので,何点か調べようと思い窓口で問い合わせたところ,同じ古墳群に属している古墳でも行政区画が異な…
コメント:0

続きを読むread more

メドーセージとホウジャクの仲間

秋が深まっても路傍などにメドーセージ(Salvia guaranitica)が青紫色の花を咲かせているのを見かけることが少なくない。あるところでその花を見ていたらホウジャクの仲間が飛来し,花から花へと蜜を求めるところに遭遇した。ホバリングがとても上手で,まるでハチドリのようだ。どうやらヒメクロホウジャク(Macroglossum bom…
コメント:0

続きを読むread more

三鷹市:掩体壕大沢1号と大沢2号

過日,調布飛行場(東京都三鷹市大沢)の北東にある公園内に保存されている戦時中の掩体壕1号と掩体壕2号を見学した。当時,調布飛行場は,軍用飛行場であり,その周囲には飛燕を格納した掩体壕や関連施設等が多数あったのだという。戦時中の日本軍は,どういうわけか星型エンジンを搭載した飛行機ばかり設計・製造し続けていたのだが,飛燕とその同系機種だけは…
コメント:0

続きを読むread more

三鷹市:出山横穴墓群

過日,大沢緑地(東京都三鷹市大沢)東側の崖地斜面にある出山横穴墓群を見学した。この横穴墓群は,崖地斜面の遊歩道に沿って点在している。戦時中の軍用防空壕もあり,防空壕入口部分については横穴墓を二次利用した部分もあるのではないかと思う。出山横穴墓群の中で保存状態の良い8号墓は復元・整備され,古代の埋葬時の状態のままの墓室内を観ることができる…
コメント:0

続きを読むread more

三鷹市:天文台構内古墳

過日,国立天文台(東京都三鷹市大沢)を訪問し,その敷地内にある天文台構内古墳を見学した。国立天文台入口にある守衛室で手続をし,見学者であることを示すワッペンのようなものを胸に貼ってその場所に向かった。 天文台構内古墳は,第一段一辺約27~28m・第二段直径約18mの上円下方墳とされている。同じ上円下方墳とされてる武蔵府中熊野神社古墳と…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市大串町:六所神社

過日,六所神社(茨城県水戸市大串町)を参拝した。この神社の境内を含む周辺地域は,古墳時代~奈良・平安時代の遺跡(北屋敷遺跡)の一部となっている。 六所神社の基壇部は,古墳としての指定を受けているわけではないが,大まかに言えば帆立貝式前方後円墳のような形状をしている。そのような形状の基壇部の上に複数の社殿が建てられている。それらの神社全…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:素鵞神社と古墳(金山古墳群)

過日,金山古墳群(茨城県水戸市大串町)があった地域周辺を散策した。埋蔵文化財センター(茨城県水戸市塩崎町)の駐車場にクルマを停め,徒歩でその場所に向かった。 かつて,金山古墳群は,1基の前方後円墳と5基の円墳で構成される古墳群だったらしい。しかし,現在では,素鵞神社の基壇部となっている古墳(円墳)を除き,大半の古墳が既に湮滅または残骸…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:大串稲荷神社と古墳

過日,大串稲荷神社(茨城県水戸市大串町)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。この古墳は,稲荷古墳群を構成する小型の前方後円墳とされている。古墳群の所在地等は,水戸市教育委員会「大串遺跡(第7地点)-介護老人保健施設建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書-」(2008)の中にある遺跡配置図に示されている。それによれば,他の古墳は湮滅し…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:鹿古墳群

過日,鹿古墳群(栃木県真岡市阿部品~真岡市鹿)を見学した。鹿古墳群は,元は12基の古墳で構成される古墳群だったけれども,現況は,阿部品八幡宮古墳(円墳),天神山古墳(前方後円墳),鹿神社古墳(円墳),阿部品八幡宮古墳の西に隣接する旧二宮町指定の円墳(庚申塚古墳?)の合計4基の古墳が残存しているとのこと。ただし,しばしば指摘されることだが…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:宮山観音堂・鹿島神社・宮山石倉遺跡・宮山観音古墳

過日,宮山ふるさとふれあい公園(茨城県筑西市宮山)を訪問した。老朽化が著しく進行した施設なのだが,駐車場は機能している。トイレには難がある。キャンプ場は,不気味なほどに荒廃しており,まさに現代の遺跡と言ってよい。アミューズメント施設としては既に機能していないものと思われる。 宮山ふるさとふれあい公園は低地の中のやや高い段丘状の部分の上…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:和歌神社と古墳

過日,和歌神社(茨城県結城郡八千代町大字若)を参拝した。祭神は,軻遇突知命・倉稲魂命・譽田別命。この地域にある神社の多くが中世~戦国時代の城跡そのものなのだが,和歌神社の境内地は,西中宿遺跡(奈良・平安~中世~近世)となっている。社殿はとても立派なものだった。境内には石仏や御堂があるほか,円墳様の築山がある。この円墳様の築山は,古墳では…
コメント:0

続きを読むread more

八千代町歴史民俗資料館と太田古墳石棺・城山古墳群(栗山)石棺

過日,八千代町歴史民俗資料館(茨城県結城郡八千代町大字菅谷)を訪問した。この資料館では,近隣で出土した埴輪等が保管・展示されている。室内展示されている発掘品等を見学した後,窓口担当の職員の方に御礼の挨拶をしたところ,室外展示の区画もあり,既に湮滅した太田古墳の石棺が展示されているとの説明を受けた。駐車場のすぐ脇にある展示場所を教えてもら…
コメント:0

続きを読むread more

成田市:天王塚古墳(公津原21号墳)

過日,公津原21号墳に該当する天王塚古墳(千葉県成田市吾妻)を見学した。天王塚古墳は,墳長約63mの前方後円墳とされており,周溝部分も明確に残されている。天王塚古墳は,吾妻神社と並んでいる。前方部頂には八坂神社があり,後円部頂には浅間神社がある。いずれも参拝した。 天王塚古墳は,全長約85mの公津原8号墳(船塚古墳)よりも小さいが,全…
コメント:0

続きを読むread more

成田市:吾妻神社

過日,吾妻神社(千葉県成田市吾妻)を参拝した。祭神は,日本武尊と弟橘比売命。 吾妻神社は,直径約7mの円墳の上にあるとされている。その古墳は,「吾妻塚」または「ドウロクジン(大六天神?)」と呼ばれている。けれども,弟橘姫の遺品を埋納した塚をつくったのがこの神社の創始とのことなので,信仰塚であり,もともと古墳(遺体または遺骨を蔵置するた…
コメント:0

続きを読むread more

成田市:成田市立吾妻中学校~成田市立吾妻小学校付近の古墳(公津原古墳群)

過日,成田市立吾妻中学校~成田市立吾妻小学校の間(千葉県成田市吾妻)を散策し,公津古墳群の10号墳~20号墳を見学した。10号墳~16号墳は,団地の中を通る道路の脇にあり,かなり容易に発見できる。17号墳~20号墳は,吾妻小学校の敷地内にある。 10号墳の前にある案内板 10号墳(円墳) 11号墳(…
コメント:0

続きを読むread more

成田市:外小代地区公園の古墳(公津原古墳群八代支群)

過日,外小代地区公園(千葉県成田市玉造)を訪問し,公園とその周辺にある古墳を見学した。これらの古墳は,公津原古墳群八代支群の一部を構成している。 30号墳~38号墳は,外小代地区公園内にある。28号墳と29号墳は,公園南西角の交差点のところにある。25号墳は,その交差点から少し西の方に行ったところにある畑地の中にある。いずれも段丘の縁…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:息栖神社と古墳

過日,息栖神社(茨城県水戸市鯉淵町)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。息栖神社の祭神は,久那戸神。たまたま台風が通過したすぐあとの頃に訪問したので,台風による強風のために境内地には小枝等がいっぱい落ちていた。 息栖神社の境内とその周辺には息栖台古墳群を構成する合計3基の円墳が存在していることになっている。 息栖台古墳群の古墳中…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:赤塚古墳群

過日,赤塚古墳群(茨城県水戸市河和田)を構成する赤塚1号墳,6号墳及び7号墳を見学した。1号墳は河和田3丁目第2児童公園にあり,6号墳と7号墳は河和田3丁目第3児童公園にある。 河和田3丁目第2児童公園の敷地周辺には(遺構である古墳を含め)別の古墳も存在したらしいのだが,現在では,墳丘のある古墳は1号墳のみとなっている。1号墳は,墳丘…
コメント:0

続きを読むread more

東京都足立区:舎人氷川神社

過日,舎人氷川神社(東京都足立区舎人)を参拝した。祭神は,素盞嗚尊。境内社として,弁財天社,多賀神社,八幡社,牛頭天王社,稲荷神社がある。社殿はとても立派なもので,特に本殿の彫刻が非常に優れていると思った。 舎人氷川神社は,日暮里・舎人ライナー見沼代親水公園駅のすぐ近くにある。 現況を観る限り,平地にある神社であり,古墳とは無関係の…
コメント:0

続きを読むread more

東京都足立区:入谷氷川神社と古墳(入谷古墳または白幡塚古墳)

過日,入谷氷川神社(東京都足立区入谷)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。この古墳は,円墳とされており,白幡塚古墳と呼ばれている。同じ名称をもつ近隣の白旗塚古墳(東京都足立区東伊興)と混同されることが少なくないらしいのだが,これらの古墳は別の古墳だ。混同を防ぐため,現在では,入谷氷川神社の古墳を「入谷古墳」と呼ぶ例が多い。「…
コメント:0

続きを読むread more

東京都足立区:伊興遺跡公園と展示館

過日,伊興遺跡(東京都足立区東伊興)のある伊興遺跡公園と同所にある展示館を見学した。伊興遺跡は,縄文時代後期~古墳時代の複合遺跡で,祭祀と関連すると考えられている土器等が出土している。出土物は,展示館内で保存・展示されているほか,方形周溝墓と家屋の遺構が復元展示されている。方形周溝墓が復元・展示されている例は意外と少ないので,比較的貴重…
コメント:0

続きを読むread more

東京都足立区:白旗塚古墳

過日,白旗塚古墳(東京都足立区東伊興)を見学した。白旗塚古墳は,直径約12mの円墳とされており,白旗塚史跡公園の中にある。この古墳は,元は8基で構成された白旗塚古墳群に含まれる古墳だったらしいのだが,都市化により他の古墳が消滅してしまった現在では,この白旗塚古墳だけが残存している。 JR常磐線北千住駅から東武伊勢崎線に乗り換えて竹ノ塚…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:光明寺荒塚1号墳

過日,浄土宗・大金山宝幢院光明寺(東京都大田区鵜の木)を参拝し,その境内にある光明寺荒塚1号墳を拝見した。開基の時点では真言宗の寺院だったけれども,後代に再興された際に浄土宗の寺院となったとのこと。光明寺の山門,本堂,八角堂等は,いずれも立派なものだった。 光明寺荒塚1号墳は,直径約23.4mの円墳とされている。現況は,堅牢な擁壁によ…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:鵜の木1丁目15番古墳

過日,鵜の木1丁目15番古墳(東京都大田区鵜の木)を見学した。鵜の木1丁目横穴墓群のある台地の上にある住宅街の中にあり,コンクリートブロックの擁壁で囲まれている。現況は,直径約17mの円墳とのころだが,元はもっと大きな古墳だったのだろう。墳頂には熊野社の祠がある。私有地と思われ,墳丘に登ることはできない。 古墳の名称から推察すると,か…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:鵜の木1丁目横穴墓群

過日,鵜の木1丁目横穴墓群(東京都大田区鵜の木)を見学した。この横穴墓群は,鵜の木松山公園の敷地内にあり,6号墓が保存・公開されている。途中にあった「河原坂」の標識の説明文によれば,鵜の木2丁目付近は,元は多摩川の河川敷であり,しばしば水害に襲われたとのことなので,鵜の木1丁目横穴墓群を構成する横穴墓は,古代の多摩川の岸近くの斜面または…
コメント:0

続きを読むread more

東京理科大学周辺で観た野鳥

下三ケ尾(国道西側)古墳を見学するために東武アーバンパークライン運河駅から徒歩で移動中,運河駅北側にある歩行者用の橋を通って利根運河を越え,また,東京理科大学セミナーハウス・生命医科学研究所の南側にある白鳥の池の前を通った。野鳥の姿が目にとまったので,立ち止まり,私のコンパクトデジタルカメラのズーム機能いっぱいでそれらの野鳥を撮影してみ…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:下三ケ尾(国道西側)古墳

昨日は午後から会議だったので,午前中の空き時間を利用し,JR常磐線柏駅で東武アーバンパークラインに乗り換えて運河駅まで行き,そこからは徒歩で下三ケ尾(国道西側)古墳(千葉県野田市下三ケ尾)を見学してきた。この古墳は,東京理科大学の敷地内にある総合グラウンドの隅にあり,「古墳公園」との簡素な表示板が立てられている。古墳の周囲はフェンスで囲…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:田園調布八幡神社

過日,八幡神社(東京都世田谷区田園調布)を参拝した。祭神は誉田別命。境内社(稲荷神社)がある。この神社は,台地の縁にあり,鎌倉時代に崖下を航行する舟を監視する場所として祠が設けられたのが創始となっているらしい。地形等から見て,それが古墳(または古墳の二次利用物)であるかどうかは別として,何らかの盛土様構造物があり,その上に祠が建てられて…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:宇佐神社と八幡塚古墳(西岡14号墳)

過日,宇佐神社(東京都世田谷区尾山台)を参拝した。主祭神は誉田別命(応神天皇)。宇佐神社の境内には八幡塚古墳がある。この古墳は,西岡14号墳とも呼ばれ,直径約30mの円墳とされている。墳丘には3つの埋葬施設があり貴重な遺品が発掘されている。ただし,現在では,特別に許可を得た場合を除き,墳丘のある場所へは立入禁止となっている。 …
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:狐塚古墳(西岡12号墳)

過日,狐塚古墳(東京都世田谷区尾山台)を見学した。この古墳は,西岡12号墳とも呼ばれ,直径約40mの円墳とされている。コンクリートの擁壁で固められた区画の上にあり,墳丘の一部が道路によって掘削されているが,全体としては綺麗に整備・保存されている。墳丘のある場所へ登る階段は北西側と北東側に2か所ある。 狐塚古墳は台地の縁にあり,その場所…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:大日如来尊

御岳山古墳の東方約100mほどのところに階段のある坂道があり,その階段の途中に「大日如来尊」と書かれた標石がある。そこから狭く急峻な道を登ると,幾つかの御堂が並ぶ場所に出る。その場所で合掌した。 「大日如来」との名からは,かつてこの付近に存在したという大日塚古墳(西岡11号墳)との関係を疑いたくなる。しかし,現在の大日如来尊のある場所…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:等々力不動尊と御岳山古墳

過日,等々力不動尊として知られる真言宗智山派・致航山満願寺別院滝轟山明王院(東京都世田谷区等々力)を参拝し,都道312号線をはさんだ向かい側(東側)にある御岳山古墳を見学した。等々力不動尊は,段丘の縁にあり,その境内地には元は古墳が存在したのではないかと想像される。中世以降の時代においても軍事的に極めて重要な場所だったことは間違いない。…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:等々力渓谷と横穴墓

野毛大塚古墳の東方には等々力渓谷がある。この渓谷は,南北に流れる河川によって削られて形成されたもので,この河川は多摩川の支流となっている。渓谷の崖には幾つかの横穴墓が残されており,その中の3号横穴には見学施設が設置されていて,素人でもわかりやすい展示の工夫がなされている。おそらく,かつては,等々力渓谷の崖地いっぱいに無数の横穴墓があった…
コメント:0

続きを読むread more

東京都世田谷区:野毛大塚古墳

過日,野毛大塚古墳(東京都世田谷区野毛)を見学した。野毛大塚古墳は,スポーツ施設を主体とする玉川野毛町公園の一角にあり,直径約82mの帆立貝式前方後円墳とされている。前方部の脇に小型の前方部様の造出部があるので,大小2つの前方部をもつ前方後円墳のように見える。 この古墳からは4名の被葬者の墓所が発掘されており,その発掘品は東京国立博物…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:長幡部神社

過日,長幡部神社(茨城県常陸太田市幡町)を参拝した。式内社であり,祭神は綺日女命・多弖命。多数の境内社がある。長幡部神社の境内地は,中世の幡館の跡となっている。境内社の中にはその基壇部が古墳のような形状を示しているものがあるけれども,一般には,中世の館の土塁を二次利用したものと考えられているらしい。しかし,その土塁が古墳を二次利用したも…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:幡山古墳群

過日,幡山古墳群(茨城県常陸太田市幡町)を見学した。この古墳群は,現在では大きな団地とゴルフ場になっている台地上に所在しており,多数の古墳によって構成されていたが,現在では,台地の南東側の縁にある古墳公園内の山の尾根上に並ぶ20号墳,21号墳,22号墳,23号墳,24号墳のほか数基の古墳だけが残されているようだ。常陸太田市立機初小学校の…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:薩都神社

過日,薩都神社(茨城県常陸太田市里野宮町)を参拝した。式内社で,祭神は,立速日男命。多数の境内社がある。現在の地に確定するまでの間,何度も遷座している神社であり,この地域の歴史を反映するものではないかと思われる。佐竹氏によって保護された後は大いに繁栄したようで,この地域の中心的な神社の1つだったのだろうと想像される。社殿は,とても立派な…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:小森明神古墳

過日,小森明神古墳(茨城県常陸太田市大中)を見学した。小森明神古墳は,直径約10mの小さな円墳だが,石室からは直刀等が発見されている。国道349号線のそばにある。国道349号線の方から見てもよくわからないけれども,南側に石室の入口部分がある。ただし,石室には土嚢が積まれており,その中を観ることはできない。墳頂には小さな祠があった。 古…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:天志良波神社

過日,天志良波神社(茨城県常陸太田市白羽町)を参拝した。式内社であり,祭神は,天白羽命。天白羽命とは,『古語拾遺』にある「長白羽神」のことを指すとされており,「白羽」とは,白い衣類のことを指すとされている。幾つかの境内社がある。 社殿は,山の斜面を階段状に掘削してつくられた人工的な台地の上にあり,その場所からは山の裾を通る街道や周辺の…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:二所神社と古墳

過日,二所神社(茨城県水戸市大足町)を参拝した。二所とは,稲荷大神(倉稲魂命)と鹿島大神(武甕槌命)とのこと。二所神社は,段丘の縁にある島状の地形の場所にあり,その南側~西側は段丘崖となっている。段丘崖下の低地の現況は田なのだが,古代においては池沼だったのではないかと想像される。 二所神社の社殿背後には一部掘削された古墳がある。この古…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市内原町:八幡神社と古墳

過日,八幡神社(茨城県水戸市内原町)を参拝した。この神社の境内とその周辺には11基で構成される八幡神社周辺古墳群があり,その中の10基が現存していることになっている。参拝の後,境内から見える範囲内で拝見したところ,合計5基ほどの墳丘と思われるものを見つけることができた。本殿背後の森の中には立ち入らなかったものの,八幡神社を参拝した際には…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:一戦塚古墳

過日,一戦塚古墳(茨城県水戸市三野輪字一戦塚)を見学した。この古墳は,牛伏古墳群のあるくれふしの里古墳公園(茨城県水戸市牛伏町)の北方の畑の中にあり,一部が墓地化しているけれども,全体とては円墳のような状態を保っている。この古墳は,前方後円墳であり,現代の墓地がある部分が前方部に該当するらしい。円墳のように見える部分が後円部ということに…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:手子后神社と古墳(三本松1号墳)

過日,手子后神社(茨城県水戸市田島町)を参拝した。祭神は,手名椎命(宿魂石)。手子后神社の本殿を含む敷地内には三本松古墳群に属する三本松1号墳があるという。多数の見解によると,本殿背後の土盛部分がその古墳の残部に該当するのだという。よくわからないのだが,本殿と拝殿を含むかなり大きな部分が本来の古墳の所在地であり,大部分が掘削された後にわ…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:和光院と不動堂

過日,真言宗智山派・傳燈山和光院明楽寺(茨城県水戸市田島町)とその境内にある不動堂を参拝した。和光院は,かつては江戸氏の祈願寺として水戸城内にあったけれども,江戸氏が没落した後,現所在地に移転して現在に至っているとのこと。和光院には「血不動尊」または「身代わり不動」とも呼ばれる不動明王像があり,不動明王を御本尊とする不動堂は,長く信仰の…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:稲荷塚古墳群

過日,稲荷塚古墳群(茨城県水戸市大塚町)を見学した。この古墳群は,鯉渕球場のすぐ西側にある小規模な住宅街の中にある。台地の縁であり,その西側は崖地となっており,その西側は低地(現況は主に田)となっている。その低地部分は,かつては池沼だったのではないかと推定される。涸沼前川を遡り,ここまで舟で到達できたかもしれない。 稲荷塚古墳群は,3…
コメント:0

続きを読むread more

ジョロウグモ(メス)

秋も深まってきたので,大きく成長したジョロウグモ(Nephila clavata)と出逢う機会も増えてきた。そろそろ産卵時期なのだろう。そのことは,捕食する他の昆虫などの小動物もまた,そろそろ終わりの時期だということも意味している。かつては人家の近くでいくらでも見つけることができたものだが,最近は随分と減ったように思う。しかし,神社や古…
コメント:0

続きを読むread more

キツネノマゴの花後

散策していて,花後のキツネノマゴ(Justicia procumbens)を見つけた。よく見ると,果実や破裂して種子を放出した後の果皮もついている。雑草だし,とても小さなものなので,誰も興味をもったりしないだろうとは思うが・・・  松江の花図鑑:キツネノマゴ(狐の孫)  https://matsue-hana.c…
コメント:0

続きを読むread more

セスジツユムシ(褐色型)

ある古墳群を散策していたら,褐色型のセスジツユムシ(Ducetia japonica)と思われる昆虫が葉の上にいるのを見つけた。緑色のものは何度も見たことがあるけれども,褐色型のものを実際に目にするのはこれが初めて。
コメント:0

続きを読むread more

徒然なるままに・・・

今日は,埼玉県の東松山市~行田市~加須市方面の寺社や古墳を探訪してきた。天気が良ければ一泊でもっと遠隔地に遠出しようかとも考えたのだけれども,天候が何となく下り坂だったので,断念することにし,片道1時間程度で行ける比較的近いところまでクルマで行き,適宜散策することにした。 移動の途中で鹿島古墳群(埼玉県深谷市)に寄ってみた。アイノコセ…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:小原城本丸跡と土塁

過日,笠間市:小原城本丸跡(茨城県笠間市小原)を見学した。土塁が残されており,土塁の一部を掘削して御城稲荷神社の社殿が建てられている。御城稲荷神社を参拝し,城跡周辺を散策した。この御城稲荷神社のある大きな土塁のある部分は,城跡の外側から見ると物見台のような場所のように見える。その内側部分を掘削して境内地としたものだろう。更に,高寺2号墳…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:御前塚古墳群7号墳,8号墳,9号墳と藤塚古墳(2号墳)

過日,御前塚古墳群を構成する古墳中の御前塚古墳の周囲にある7号墳,8号墳及び9号墳と藤塚古墳(2号墳)を見学した。 7号墳,8号墳及び9号墳は,いずれも比較的小さなものだが,藤塚古墳(2号墳)は,直径約40m(周溝を含む推定最大範囲は直径約88m)の円墳とされている(従来は直径約55mと考えられてきた)。藤塚古墳(2号墳)の墳頂には「…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:六所神社と古墳(御前塚古墳群4号墳)

過日,六所神社(茨城県笠間市下郷)を参拝した。元は八幡神社だったけれども,明治6年(1873年)に下郷地区の5社(鹿島神社・稲荷神社・星宮・熊野神社・雷神社)を合祀して六所神社と改称し,現在に至っているとのこと。祭神は,武甕槌命・倉稲魂命・伊耶那美命・天御中主命・別雷神・応神天皇。 境内地には御前塚古墳群に属する古墳(4号墳)があるこ…
コメント:0

続きを読むread more

ヤクシソウ

山を散策していたら小さな黄色の花をたくさんつけたキク科植物を見つけた。図鑑によくあるような形ではないけれども葉の付け根のところが茎を抱いているので,ヤクシソウ(Crepidiastrum denticulatum)だろうと思う。気のせいかどうか,古墳や寺社のある場所やその近くで見つけることが多いような気がする。
コメント:0

続きを読むread more

アザミの一種?

山を散策していたら,あまり分岐のない長い茎の先にタムラソウ(Serratula coronata var. insularis)のような花を咲かせ,ワタムキアザミ(Cirsium tashiroi)やミヤコアザミ(Saussurea maximowiczii)のような葉のようなあまり棘のない葉をもち,全体としてはトウヒレン(Saussu…
コメント:0

続きを読むread more

リンドウ

昨日,山を散策していたら,リンドウ(Gentiana scabra var. buergeri)が開花しているのをみつけた。茎が伸びて地を這うようにしていたものがあったので,ツルリンドウ(Tripterospermum iaponicum)かとも思ったけれども,葉柄がないので,ツルリンドウではなくリンドウだろうと思う。ますます秋が深まり…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:長良神社と古墳(九合村61号古墳)

過日,長良神社(群馬県太田市東別所町)を参拝し,同社の社殿背後にある古墳を拝見した。長良神社の祭神は,藤原長良公。長良神社にある古墳は,「長良神社古墳」と呼ばれており,「九合村61号古墳」とも呼ばれている。長良神社古墳は,直径約20mの円墳とされているけれども,一部掘削されているように見える。墳丘上には石仏等が並べられていた。 …
コメント:0

続きを読むread more

太田市:紫雲塚古墳(九合村26号古墳)

過日,紫雲塚古墳(群馬県太田市西矢島町)を見学した。「九合村26号古墳」とも呼ばれている。直径約35mの円墳とされているが,かなり掘削されているらしく,実際には直径35mには見えない。墳頂に稲荷神社がある。南側にある階段を登り,参拝した。紫雲塚古墳の隣地には,真言宗豊山派・紫雲山安楽寺がある。「紫雲塚」との名称は,紫雲山安楽寺との関係で…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:朝子塚古墳

過日,朝子塚古墳(群馬県太田市牛沢町)を見学した。全長約123mの前方後円墳とされている。「朝子」は「ちょうし」と読むのでお酒を注ぐ道具である「銚子」のことを指すのだろう。道路のために後円部の一部が掘削されてしまっているけれども,全体としては良好に保存されている古墳だと思った。特に南西側から見た姿が良い。墳頂には雷電神社がある。参拝した…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:高林西原公園古墳

過日,高林西原公園古墳(群馬県太田市高林西町)を見学した。高林西原公園古墳は,直径約20mの円墳とされており,公園の中にある。すぐ隣りに幼稚園があるので,子供たちの遊び場になっているのではないかと想像した。北側の道路から見るとあまり大きくない古墳のように見えるが,南側から見ると結構大きな古墳に見えるのではないかと思う。ただし,住宅が建っ…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:中原古墳(沢野村72号墳)

過日,中原古墳(群馬県太田市高林南町)を見学した。中原古墳は,沢野村72号墳とも呼ばれ,全長約56mの帆立貝式前方後円墳とされている。アクセスの方法がわかりにくく,若干遠回りをしてしまったけれども,どうにか何か所か至近で観ることのできる道路に至ることができた。実際に観ると,やはり大きさを感じる。周溝のようなものが残っている。墳丘には登れ…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:沢野村63号墳

過日,沢野村63号墳(群馬県太田市高林南町)を見学した。沢野村63号墳は,直径約40mの円墳とされている。道路脇にあり,普通に歩きながら観ることができる。一部掘削されたように見えるけれども,その大きさを実感できる程度に保存された古墳だと言える。この地域にある古墳の多くが古代の武人の墓所と思われることから,かつてこの地域にあり,現在では湮…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:諏訪山古墳(沢野村54号墳)

過日,諏訪山古墳(群馬県太田市高林南町)を見学した。諏訪山古墳は,沢野村54号墳とも呼ばれ,全長約50mの帆立貝式前方後円墳とされている。この古墳は,深い森に包まれており,墳形を明確に認識することが困難なのだが,かなり藪があるとはいえ,北側の道路から土塁のようなものと周溝のようなものの向こうに墳丘の一部を観ることができた。墳頂には諏訪神…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:高林神社

過日,高林神社(群馬県太田市高林南町)を参拝した。祭神は,豊宇気毘売神・倉稻魂命・誉田別命・素戔嗚命・姫三柱命・市寸島姫命・豊城入彦命・伊弉岐命・伊弉冉命・入彦名命・速進雄命・菅原道真公・日本武尊命・大名字持命・熊野忍蹈命・建御名方命・国常立命とのこと。数次にわたり複数の神社が合祀されている。境内社として八坂神社がある。 この神社の周…
コメント:0

続きを読むread more