坂東市:星神社と古墳

過日,星神社(茨城県坂東市神田山・旧岩井市)を参拝した。祭神は,岩裂命・根裂命とのこと。
星神社の境内(拝殿の右手前)には,全長約23.5mの前方後円墳がある。この古墳は,星神社古墳と呼ばれており、下神田山6号墳とも呼ばれている。墳丘には多数の石碑(浅間神社・御嶽神社・熊野神社・愛宕神社)等が立てられており,一般に元の形状とは異なるものと考えられており,前方後円墳だとしても,南側と北側のいずれが後円部に該当するのかについても必ずしも明瞭であるとは言えない(一般的には北側の方が少し高くなっているので,後円部であるとする見解が多い)。古墳の前には青面金剛明王等がある。
なお,岩井市史編さん委員会編『岩井市史 考古編』(平成11年)の51頁には古墳であるとすることについて懐疑的な見解も示されている。

IMG_9521.JPG
鳥居


IMG_9527.JPG
拝殿


IMG_9530.JPG
星神社古墳の全景
(左手が南側・右手が北側)


IMG_9545.JPG
北側部分


IMG_9547.JPG
南側部分


IMG_9540.JPG
南側(前方部端付近)から見た様子


IMG_9532.JPG
青面金剛明王


IMG_9544.JPG
愛宕神社・浅間神社・御嶽神社


IMG_9549.JPG
庚申塔

この記事へのコメント