加須市:天照皇太神宮と鶴ヶ塚古墳

過日,天照皇太神宮(埼玉県加須市町屋新田)を参拝した。拝殿と本殿との間にかつて立っていたという大松の一部が保存されていた。また,多数の境内社や石碑等がある。
天照皇太神宮の基壇部は,直径約15mの円墳とされている。この古墳は,鶴ヶ塚古墳と呼ばれている。しかし,実際に訪問し,天照皇太神宮の基壇部を拝見すると,確かに直径約15m前後の円墳を方形に掘削したような形をしているけれども,上面が全て平坦に掘削されているため,ほとんど原型をとどめていないのではないかと思った。Googleの航空写真等を見ると,全体としては概ね円形の場所であると判断できるので,古墳なのだろうと思うことができるけれども,その程度のものとなってしまっている。

IMG_4108.JPG
天照皇太神宮正面


IMG_4110.JPG
説明板


IMG_4140.JPG
鳥居


IMG_4119.JPG
拝殿


IMG_4113.JPG
拝殿前の石壇


IMG_4115.JPG
本殿と保存された大松


IMG_4138.JPG
境内社(浅間神社)


IMG_4117.JPG
境内社(天満宮)


IMG_4165.JPG
天照皇太神宮の南側を流れる水路


天照皇太神宮の前の道路をはさんだ東側には十九夜供養塔があった。四阿と小さな駐車スペースのような場所も設置されていた。

IMG_4106.JPG
十九夜供養塔


IMG_4104.JPG
説明板

この記事へのコメント