茨城県稲敷郡阿見町:予科練平和記念館

過日,予科練平和記念館(茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸)を訪問した。隣接地には雄翔館(予科練記念館)がある。予科練平和記念館の敷地内には人間魚雷「回天一型」の復元模型が屋外展示されている。戦艦に搭載する大型魚雷を改造したものなのだそうで,文字通り魚雷なのだが,人間ではなくコンピュータが自動操縦する仕組みにすれば,現代の水中ミサイルと同じようなものになる。しかし,人間魚雷は,非常に狭いスペースに入れられた人間が操縦する兵器だ。そして,攻撃に成功すれば必ず操縦者が死亡することになるし,成功しなくても母港や母船に帰還することは不可能と考えられるから,何とも惨い兵器だと思う。

IMG_3708.JPG
予科練平和記念館の建物


IMG_3722.JPG
予科練平和記念館の敷地内の様子


IMG_3723.JPG
回天一型の復元模型


IMG_3709.JPG
回天一型の説明板


第二次世界大戦末期にはこの予科練平和記念館のある場所周辺が空襲を受け,多くの予科練生と教員が亡くなったのだそうだ。その慰霊碑は,鹿島神社の境内にある。


[追記:2020年10月12日]

後日,予科練平和記念館を再訪したところ,ゼロ戦二一型機(復元機)が展示されていたので,見学した。


IMG_9728.JPG
展示施設


IMG_9731.JPG
ゼロ戦二一型機(復元機)


IMG_9730.JPG
説明板

この記事へのコメント