ユリノキの果実

加須市にある街路樹が植栽されている道路の歩道を歩いていたら,あまり見たことのない果実がいっぱい落ちていた。落ち葉の形状は,何となくカエデの仲間の葉に似ている。帰宅してから調べてみたところ,ユリノキ(Liriodendron tulipifera)の果実だということを知った。以前,ユリノキの花を観たことがあるが,その果実を観たのはこれが初…
コメント:0

続きを読むread more

ノウタケ

里山を散策していたら,ノウタケを見つけた。これも久しぶりのことだ。見かけは,地面に丸いパンが落ちているような感じだ。食べてみたことがある。内部が白いマシュマロのような状態の間は食用になり,スライスし,塩・胡椒でバター炒めにすると美味しかった。熟すと黄色くなり,最終的には胞子だらけの状態となる。
コメント:0

続きを読むread more

オオカマキリ

里山を散策していたら,オオカマキリ(Tenodera sinensis)と出逢った。久しぶりのような感じがする。ハラビロカマキリ(Hierodula patellifera)とは結構頻繁に出逢うのだが,オオカマキリは意外と少ない。 前肢で緑色のものを掴んでいる。何か小さなイモムシのようなものを捕まえたところのようだ。
コメント:0

続きを読むread more

キタテハ

里山を散策していて,キタテハ(Polygonia c-aureum)と出逢うことが何度かあった。平凡な蝶なのだが,思い出してみると,あまり写真を撮っていなかったので,真面目に写真を撮ってみた。
コメント:0

続きを読むread more

草の実

野山を散策していると,あちこちで草の実をみつける季節となってきた。平凡で面白みのない草達かもしれないが,彼らにも生命というものがあり,生存のために花を咲かせ,果実を結実させ,来年のために種子を残す。 特段美しいというわけでもない草の実をいろいろ観ながら,気が向くと写真を撮ることがある。 撮影している時には気づかなかったが,あとでよく…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:浅間神社古墳

過日,浅間神社古墳(栃木県河内郡上三川町上神主富士山台)を見学した。この古墳は,上神主・茂原官衙遺跡の南側にある山林内にあり,直径約54mの円墳とされている。周溝が明確で,かなり大きな古墳のように見える。古墳の東側は段丘崖となっており,その先(東方)は低地の田となっている。その低地には鬼怒川が南北に流れている。古墳が造営された当時には台…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:上神主・茂原官衙遺跡と古墳群

過日,上神主・茂原官衙遺跡(栃木県河内郡上三川町大字上神主)を見学した。上神主・茂原官衙遺跡は,奈良時代前期~平安時代後期頃の官衙遺跡とされており,貴重な発掘調査結果が得られている。 遺跡の現況は,遺跡の北側部分が北関東自動車道路によって分断されているけれども,大部分が草地のような状態で保存され,西側の一部が山林のような状態で保存され…
コメント:0

続きを読むread more