セイタカアワダチソウの花に集まる虫

先日もセイタカアワダチソウの花に集まる虫を観たが,別のところに生えているセイタカアワダチソウにも虫が集まっていた。花が乏しくなる時期になってきているので,虫達にとっては貴重な栄養源ということになるのだろう。 セイタカアワダチソウは,様々な害を発生させ得る植物なので,植物の中では嫌われ者の代表格の1つとなっている。しかし,人間とのかかわ…
コメント:0

続きを読むread more

ハラビロカマキリ

農道を散策していたら,農道脇の叢の中に隠れようとしているハラビロカマキリを見つけた。時期が時期なので,そろそろ産卵の準備をしているところなのだろうか。もうじき寒い季節がやってくる。
コメント:0

続きを読むread more

カナムグラの雌花

田圃の脇の農道を散策していたら,林縁でカナムグラ(Humulus japonicus)の雌花を見付けた。カナムグラは,ビールの原料となるホップ(Humulus lupulus)と同属の植物なので,その雌花も何となく似ている部分がある。 『万葉集』にある「ヤエムグラ」現代の和名ヤエムグラ(Galium spurium var. echi…
コメント:0

続きを読むread more

オオジシバリ

田圃のあたりを散策していたら,畦道の脇でニガナ属(Ixeris)と思われる黄色の花を咲かせている植物を見つけた。たぶん,オオジシバリ(Ixeris japonica)だろうと思う。オオジシバリは,他のニガナ属植物と同様,主に春に花を咲かせるのだが,オオジシバリの中には,9月~11月にも開花するものがあるようだ。気温と日照量によって開花ホ…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:双子塚古墳

過日,双子塚古墳(栃木県宇都宮市東谷町)を見学した。双子塚古墳は,笹塚古墳の近く(北西)にある。元は全長約70mの前方後円墳だったらしいのだが,現況は前方部が掘削されて後円部のみが円墳様のものとして残されている。 墳丘の南側には鳥居があり,ここから墳丘に登ることができる。墳頂には昭和46年(1971年)に建立されたという祠が2つある。…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡板倉町:西丘神社と赤城塚古墳

過日,西丘神社(群馬県邑楽郡板倉町西岡)を参拝し,その社殿の基壇部になっている赤城塚古墳を拝見した。 赤城塚古墳の現況は,社殿の南西に長方形の盛土部分があり,その端のところに説明板があるため,一見すると前方後円墳のように見えるし,また,説明板が立てられている位置との関係から現況で山林のようになっている部分が古墳なのではないかと錯覚して…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市:大室古墳群再訪

以前,大室古墳群(群馬県前橋市東大室町・西大室町)を訪問したことがあり,写真も撮っておいたのだが,PCのトラブルによりファイルを失ってしまったので,2019年9月中旬,再訪することにした。まだ暑い時期だったことから当然予想してはいたことではあるけれども,古墳の墳丘に草が生えており,墳丘の形状が綺麗に見えないところが少なくなかった。もっと…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県吾妻郡中之条町:吾妻神社

過日,吾妻神社(群馬県吾妻郡中之条町横尾)を参拝した。唐流ではなく和流の神社として知られている。主祭神は,大穴牟遅神。 吾妻神社の「吾妻」は,「あずま」と読ませる場合が一般に多いが,中之条町の吾妻神社の「吾妻」は,「あがつま」と読む。 中之条町は,草津白根山の東側に位置し,その大部分が峻険な山地となっている。中之条町の中でも南側の地…
コメント:0

続きを読むread more