坂東市鵠戸:香取神社と香取塚古墳

過日,香取神社(茨城県坂東市鵠戸・旧岩井市鵠戸字香取)を参拝し,同社の本殿の基壇部となっている古墳を拝見してきた。香取神社の祭神は,経津主神。この古墳は,香取塚古墳と呼ばれている。 『岩井市史 考古編』(平成11年)の321~323頁によれば,香取塚古墳は,直径約30m・高さ約4mの円墳とされ,その南西部約4分の1の部分が削平されて香…
コメント:0

続きを読むread more

渋川市:稲荷神社と大塚古墳

過日,稲荷神社(群馬県渋川市吹屋)を参拝し,その基壇部となっている大塚古墳を拝見した。稲荷神社(稲荷大明神)の祭神は,倉稲魂命。境内地は比較的丁寧に手入れされていると思った。 稲荷神社の基壇部である大塚古墳は,直径約20mの円墳とされているが,大きく掘削・変形されているらしく,方墳のように見える。 大塚古墳の周辺は,宅地化が進んでい…
コメント:0

続きを読むread more

キバナコスモスとツマグロヒョウモン

過日,古墳探訪のために徒歩で移動中,住宅街の側溝の隅から生えていたキバナコスモス(Cosmos sulphureus)の花にツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)のオスがとまって蜜を吸っているのを見つけた。すぐに写真を撮った。大きな住宅街であっても近隣に森や林があるところでは,こういう蝶が生息可能なのだろう。ただし,…
コメント:0

続きを読むread more

アレチウリ

アレチウリ(Sicyos angulatus)は,帰化植物の一種で,特定外来生物に指定されている。駆除方法はあるようなのだが,根気強く続けなければならず,手を抜くとたちまちはびこる。実際に野山を散策していると,放置された農地や原野だけではなく,河川敷や堤防等にもたくさん生えているのを見かけることがある。ウリ科の農作物に対する有害な影響も…
コメント:0

続きを読むread more

稲の収穫後のさまざまな光景

かつては,稲を刈り取った後,木を組んで稲穂を乾す光景が普通に見られたものだが,最近ではほとんど目にしなくなった。それでも場所によってはまだそうしているところがある。天日乾燥のほうが機械による大量処理よりも良い結果を生む場合もあるのだろうと思う。 収穫に感謝するため,伝統に従い,様々な態様で稲穂を残す地域もあるようだ。 都市の中に残さ…
コメント:0

続きを読むread more