石岡市:愛宕神社古墳

過日,愛宕神社古墳(茨城県石岡市貝地)を見学した。愛宕神社古墳は,直径約6mの円墳とされており,その墳頂に小さな神社がある。古墳の名称からすると,この神社が愛宕神社に該当するのではないかと思うのだが,社殿の前には金刀比羅神社宮司の由緒書の碑が立てられている。この碑の建立者名が金刀比羅神社宮司になっているけれども,この古墳の墳頂にある愛宕神について述べられているので,この神社を愛宕神社とすることで正しいと考える。いずれにしてもこの地域の鎮守であることは間違いないので,この神社を参拝した。
なお,由緒書の碑文によれば,この古墳は,平景清の墓所ということだ。もしそれが真実であるとすれば,この古墳は,古墳時代の古墳ではなく,平安時代末期~鎌倉時代初期に造営された墳墓であることになる。あるいは,古代の古墳を二次利用し,遺骨または遺灰を墳丘中に埋納したものかもしれない。

IMG_9384.JPG
鳥居


IMG_9387.JPG
社殿


IMG_9386.JPG
由緒書の碑


IMG_9388.JPG
墳頂付近


IMG_9389.JPG
西側から見た墳丘


IMG_9390.JPG
南側から見た墳丘


IMG_9391.JPG
東側から見た墳丘

この記事へのコメント