郡山市:田村神社

過日,田村神社(福島県郡山市田村町)を参拝した。田村神社は,坂上田村麻呂が東夷征伐の際に建立した鎮守山泰平寺が始まりで,明治時代の神仏分離により現在の田村神社に改称されたとのことだ。そのため,境内地の構造が全体として仏寺のようになっている。社殿等はとても立派なもので,多数の境内社がある。これら全てを参拝した。
東側の鳥居のあるところから入って参道を登り,社殿のある山頂に向かった。この山は,全体としてみると,人工的に加工されたものだと判断できる部分が多く,砦または城のような構造をしている。中世の頃にそのように工事された可能性が高いけれども,もしこの山が古代からそのような形状であったとしたら,坂上田村麻呂や陣屋のようなものを構築した場所と考えるのが妥当なのではないかと思った。
境内地では驚きの連続だった。驚きながら拝見している間に,拝殿を正面から撮影するのを忘れてしまった(笑)

IMG_9044.JPG
拝殿の彫刻


IMG_9072.JPG
説明板


IMG_9048.JPG

山門


IMG_9054.JPG
神楽殿(奥は山門)


IMG_9055.JPG
養蚕神社


IMG_9069.JPG
八幡宮


IMG_9065.JPG
大権現


IMG_9062.JPG
菅原神社・馬力神社・松尾神社


IMG_9057.JPG
延宝八年検地燈籠
(奥は田村神社の拝殿)


IMG_9073.JPG
土俵


IMG_9043.JPG
東側参道から見た本殿

この記事へのコメント