成田市:船塚古墳(公津原8号墳)

船塚古墳(千葉県成田市赤坂)を見学してきた。船塚古墳は,公津原8号墳とも呼ばれ,従来,全長約85mの前方後方墳であるとされてきた。しかし,近年の調査結果により,現在では長方形墳の一種であるとの見解が支配的ではないかと思う。古墳時代末期の大型墳丘墓ということになるので,古いタイプの前方後方墳であることを前提にした歴史学上の見解も改められなければならないことになる。
実際に墳丘を見学してみても,前方後方墳というような印象をあまり受けない。ただし,墳丘の中央部がへこんで弓のように反っており,両端が少し高くなっているように見えることについては,構造上の問題を含め,更に詳細な検討が必要となるのではないかと思った。

IMG_2817.JPG
東側から見た全景


IMG_2758.JPG
西側の周溝


IMG_2759.JPG
北側から見た様子


IMG_2772.JPG
北側墳丘上から見た南側上部


IMG_2773.JPG
墳丘上から見た東側周溝部分


IMG_2776.JPG
南側墳丘上から見た北側上部


IMG_2806.JPG
南西側から見た全景


IMG_2815.JPG
南東側から見た全景


IMG_2810.JPG
南側崖下の様子


北側の墳丘上には大きなドングリが落ちていた。クヌギの実ではないかと思う。

IMG_2771.JPG



 墳丘からの眺め:考古学講座「成田市船塚古墳の調査について」
 http://massneko.hatenablog.com/entry/2016/08/23/080000

この記事へのコメント