葉のないツルボの花

本日,遺跡めぐりをしながら散策中,ある古墳公園でツルボ(Barnardia japonica)と思われる植物の花が咲いているのを見つけた。ところが,この個体は,葉がない。花茎と花序だけが地上に出ている。珍しいものを観たものだと思う。このようなタイプの個体だと,蔓の先に穂があるだけにしか見えないので,まさに「蔓穂」だと言える。 …
コメント:0

続きを読むread more

ノブキ

本日,遺跡めぐりをしながら,ある林の中の道を歩いていたら,林床いっぱいにノブキ(Adenocaulon himalaicum)の群落があるところを見つけた。久しぶりに見た。ノブキの花は小さく,あまりぱっとしないけれども,野草好きには好まれることがあるかもしれない。この林の中には古墳もある。園芸栽培されることはないと思うけれども,古代にお…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマジノホトトギス

本日,遺跡めぐりをしながら,ある林の中の道を歩いていたら,路傍にホトトギスの仲間が花を咲かせているのを見つけた。白花品もある。ヤマジノホトトギス(Tricyrtis affinis)とその白花品(自然の白花変異)だろうと判断したけれども,もしかすると園芸交配品等を誰かが植栽したもの(及びその子孫)かもしれない。ホトトギスにはかなり多数の…
コメント:0

続きを読むread more

大田原市:大塚古墳

過日,大塚古墳(栃木県大田原市中野内)を見学した。掘削により墳丘の形が崩れている部分もあるが,1辺約28m・高さ約4.5mの方墳とされている。大塚古墳は,台地の縁にあり,そのあたりからは,台地下の低地の様子をつぶさに監視可能となっている。かつては,低地の方からもこの古墳が良く見えたのではないかと想像する。 大塚古墳の由来に関しては,豊…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:山神古墳

過日,山神古墳(茨城県小美玉市羽鳥)を見学した。直径約20mの円墳とされている。山神古墳は,金谷久保区公民館の南東の段丘縁の森の中にある。そのあたりから西側の方は園部川が流れる低地となっている。おそらく,古墳造営当時においては園部川がもっと広く,古代の霞ケ浦と直接 に連絡できるような状況だったと推定される。山神古墳の下のあたりに港湾施…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市みむら:香取神社

過日,香取神社(茨城県坂東市みむら)を参拝した。祭神は,経津主神。 香取神社の社殿は,段丘の縁にあり,段丘下の低地を見渡すことができる場所となっている。客観的・即物的な条件という観点からすると,古墳が存在することが比較的多い立地だと言える。この神社の境内地及びその北東にある畑地は,屋敷遺跡という埋蔵文化財包蔵地の指定を受けている。屋敷…
コメント:0

続きを読むread more