常陸大宮市:松吟寺

昨日,臨済宗東福寺派・稲荷山松吟寺(茨城県常陸大宮市下町)を参拝した。山門は,古いもので,文化財としての価値が高い。境内の建物等は再々建のもので比較的新しいものだが,どれも立派なものだった。境内内の庭は,禅に無頓着な私にとってはちょっと難解な部分が多かった。松の木の根本の亀の形が可愛らしいというという感想しかできないので,禅の深淵には到…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市下町:稲荷神社と松吟寺古墳群

昨日,松吟寺(茨城県常陸大宮市下町)の山門前にある稲荷神社を参拝した。この稲荷神社は,方墳のような形をした大きな基壇の上にある。その基壇には松吟寺古墳群であることを示す標識が立てられている。この基壇部分に関し,神社の縁起書には前方後円墳であると書かれている。ただし,中世の城の土塁等の一部だとする見解もある。松吟寺古墳群には6基の古墳があ…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:小祝糠塚古墳

昨日,小祝糠塚古墳(茨城県常陸大宮市小祝)を見学してきた。台地の東側縁に位置する畑の中にあるのだが,台地中央を南北に縦断する道路から古墳までの間に通行可能な小道がある。現存する墳丘は後円部の全部と掘削された前方部の一部となっているけれども,元はかなり大きな前方後円墳だったようだ。その詳細と復元図面は,伝えようつなごうつくろうふるさと常陸…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:山方江下山古墳

昨日,山方江下山古墳(茨城県常陸大宮市山方)を見学してきた。この古墳は,山の北側斜面にあり,その斜面の上と下にそれぞれ東西に走る道がある。古墳の下(北側)の道には駐車スペースと古墳であることを示す標識があり,そこから古墳のある場所に登る小道もある。しかし,古墳の場所を示す正式の表示と説明板は,古墳の上(南側)の道のところにあり,そこから…
コメント:0

続きを読むread more