モーガンの3輪自動車?

過日,あるSAで休憩中,駐車場から発進しようとする異常に格好の良い車を見かけ,写真を撮った。モーガンの3輪自動車のようだ。ドライバーも素敵だと思った。 モーガンの3輪自動車は高級自動車なので,私にはとても手が出ない。 最初期の蒸気自動車やクラシックカーの中にも3輪自動車が多数ある。今後,3輪自動車の需要が増加するのではないかと一般に…
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市:虎塚古墳(虎塚古墳群1号墳と4号墳)

一般に「虎塚古墳」として知られる虎塚古墳群1号墳(茨城県ひたちなか市中根字指渋)は,見学のためにこれまで何度も訪問した古墳の1つだ。全長56・5mの前方後円墳とされており,内部に壁画のある石室として知られている。虎塚古墳群1号墳の周囲には関連する古墳群があり,時間の余裕があるときに訪問して順に見学している。ただし,何らかの学術調査のため…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:権現山古墳

真崎古墳群を見学した後,徒歩で行ける距離のところにある権現山古墳(茨城県那珂郡東海村村松)を見学した。権現山古墳は,全長約87mの前方後円墳とされている。その後円部の墳頂には素鷲神社がある。茨城県道284号線に面して鳥居があり,階段を上ると後円部の墳頂点に至ることができる。素鷲神社を参拝した後,くびれ部の方に降りてみると,そこから脇の道…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:真崎古墳群

過日,真崎古墳群(茨城県那珂郡東海村村松)を見学した。隣接する東海村真崎コミュニティセンターに大きな駐車場があり,そこからすぐに古墳群のある森の中に入ることができる。森の中は遊歩道及び個別の説明板が丁寧に整備されており,古墳公園としては申し分のないものだと思った。古墳群のある森は,台地の縁にあり,その場所からは,古代においては内海または…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:曹洞宗・広慶寺と高寺2号墳

曹洞宗・広慶寺(茨城県笠間市小原)を参拝し,同寺の墓地内にある高寺2号墳を拝見してきた。この寺院は,中世の小原城のあった場所の近くに所在している。現在の寺からも全体として砦のような印象を受ける。本堂や観音堂等は,とても立派なものだった。 高寺2号墳は,直径18mの円墳とされ,昭和50年に発掘調査が行われた結果,石室の中から直刀や銀環等…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市上大塚町の田畑で観た花と虫

高龗神社古墳(栃木県宇都宮市上大塚町)の周囲は,田畑となっている。大部分は区画整理されているけれども,古い地形が残されている部分もあり,また,綺麗な水の流れる水路があった。高龗神社古墳に通じる道路はどれも狭いので,時間をかけ,徒歩で移動した。その間,ときどき休憩し,野の草や虫を観察した。 水路 コサンダングサにと…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市上大塚町:高龗神社古墳

過日,高龗神社古墳(栃木県宇都宮市上大塚町)を見学した。古墳の墳頂に高龗神社と幾つかの境内社がある。これらの神社全部を参拝した。 高龗神社古墳は,直径約30mの円墳とされている。かつては前方後円墳とする見解もあった。かつて前方後円墳の前方部だと考えられていた部分は,別の円墳の一部ではないかと思う。 高龗神社古墳の墳丘は,大きく掘削さ…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:富士山古墳群(五所皇神社古墳と丸山古墳)

過日,富士山古墳群を構成する五所皇神社古墳(茨城県常陸大宮市上岩瀬)と丸山古墳(茨城県常陸大宮市上岩瀬)を見学した。5号墳も現存しているけれども,山林の中にあり,近寄ることができない。 五所皇神社古墳は,常陸大宮市の中心部が所在する台地の南端にある尖った岬状の台地縁にある。異なる見解もあるようなのだけれども,現状の墳丘状の部分全部が(…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:掃部塚古墳群と北平遺跡

今日は,雑用がいっぱいあったので,午前中にそれを済ませた後,そのまま古墳を見学に出かけた。何か所か見て回った後,掃部塚古墳群(茨城県笠間市鴻巣)を見学した。現地は,道路脇の森であり,森の中に道路があるので見て回ることができた。この古墳群には7基の古墳があることになっている。実際に観てみたところ,確実に円墳だとわかる古墳が2基あった。方墳…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:甲神社と素鷲神社

過日,甲神社と素鷲神社(茨城県常陸大宮市下町)を参拝した。甲神社の祭神は,武甕槌命・熯速日命・甕速日命。素鵞神社の祭神は,牛頭天王・須佐之男命。素鷲神社は,甲神社の摂社とされているけれども,元は別のところにあったものなので,歴史的経緯を経て同一の境内地に同居している神社だと理解するのが妥当だと思った。それぞれの神社の鳥居が並んでおり,…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:宝莱山古墳

過日,宝莱山古墳(東京都大田区田園調布)を見学した。昭和初期の宅地造成の際に後円部の一部が掘削されてしまっているけれども,それ以外の墳丘部分は良好に保存されている前方後円墳とされており,その墳丘長は約97.5mとのこと。墳丘の西側が平坦になっていて西側から全体を観ることができるほか,くびれ部付近の上を歩道が横断しているので,墳丘上の様子…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:浅間神社と千駄塚古墳

過日,浅間神社を参拝し,その基壇部となっている千駄塚古墳(栃木県小山市千駄塚)を拝見した。小山市の千駄塚~間々田のあたりは古墳の密集地だったことが知られており,その詳細は,栃木県小山市教育委員会「栃木県小山市文化財調査報告書第35集:千駄塚浅間遺跡」(平成8年3月)にまとめられている。 千駄塚古墳は,直径約70mの円墳とされている。実…
コメント:0

続きを読むread more

シオカラトンボ

シオカラトンボ(Orthetrum albistylum speciosum)は,ごく普通にいるトンボの1つで,古墳めぐりをしているとしばしば出会う。あまりにも頻繁に出会うため,写真を撮らないでしまうのが普通なのだが,今年はオス・メスそれぞれ1回だけその写真を撮った。メスの写真は,古河総合公園・古河公方公園で撮ったものを既にアップしてい…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:古屋敷古墳(七面堂)

過日,古屋敷古墳(栃木県小山市大字飯塚)を見学した。古屋敷古墳は,日蓮宗・妙典寺の向かいにあり,その墳頂には法華経の守護者とされる七面大明神を祀る七面堂がある。妙典寺を参拝し,七面堂の前で合掌してから周囲を拝見した。 地図だけではわかりにくいが,古屋敷古墳は,南方に向かって鋭角的に突き出た台地の東側の縁のような場所にある。古屋敷古墳の…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県猿島郡境町:桜山古墳群のおたま塚古墳

桜山古墳群の鷲塚古墳(茨城県猿島郡境町)を見学したのだが,そのすぐ近くにおたま塚古墳も保存されていることを後から知ったので,過日,古墳群のあるDCMホーマックの駐車場を再訪した。文字通り「保存」であり,墳丘を観ることはできない。柵で囲われた区画の中に鉄板で蓋をしてある。説明板は,非常に読みにくいけれども,かろうじて読める状態だった。よほ…
コメント:0

続きを読むread more

クコの仲間の花

たまたま,ちょっとした叢の中にもたれかかるようにして長い茎を出し,紫色の花を咲かせている植物を見つけた。花の特徴はクコ(Lycium chinense)と一致するのだが,花冠が5裂しているものと6裂しているものとが混在している。茎や葉の特徴がこれまで見慣れたクコとは少し異なる。淡い黄色の花も交じっているようにも見えるが,これは退色の結果…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:稲荷塚古墳

過日,伊奈利神社(埼玉県加須市大越)を参拝し,その基壇部となっている稲荷塚古墳を拝見した。稲荷塚古墳は,大越古墳群に属する古墳の1つであり,直径約15mの円墳とされている。典型的な古墳神社の形態となっており,鳥居の脇に御堂がある。 鳥居と社殿正面 墳丘側面
コメント:0

続きを読むread more

静岡市:三池平古墳

過日,三池平古墳(静岡県静岡市清水区山切)を見学した。三池平古墳は,全長約68mの前方後円墳とされている。急峻な山地の中にあるが,そこからは東の方向に駿河湾を広く眺望できる。サッカーのトレーニング施設である「清水ナショナルトレーニングセンター J-STEP」に隣接しており,駐車場やトイレ等の施設もある。三池平古墳の前方部は,南東を向いて…
コメント:0

続きを読むread more

藤枝市:衣原古墳群

過日,浜松市の古墳や磐田市の古墳などを見学した後,新東名高速道路上り線を通って東京方面に向かった。その途中,藤枝PAで休憩したところ,衣原古墳群(静岡県藤枝市中ノ合・下之郷)の所在地であることを示す説明板があることに気づいた。その説明板を読み,PAの施設をよく見てみると,徒歩であれば,PAの敷地を出て,現存する古墳のある場所まで行けるよ…
コメント:0

続きを読むread more

磐田市:兜塚古墳

過日,兜塚古墳(静岡県磐田市見付)を見学した。古墳の名称は,兜を伏せたような形状にちなむものだとされている。所在地の旧地名(一言村)から「一言山」とも呼ばれていたらしい。静岡県内で最大の円墳(直径約80m)とされている。第2次世界大戦中に塹壕を掘った際に三神三獣鏡や玉類が発見されたとのこと。実際に観てみると,その大きさを実感できる。 …
コメント:0

続きを読むread more

浜松市:赤門上古墳(内野上3号墳)

過日,赤門上古墳(静岡県浜松市浜北区内野台)を見学した。赤門上古墳は,内野上3号墳とも呼ばれる。この古墳は,全長約56.3mの前方後円墳とされている。その前方部は,南西方向を向いており,巨視的には三方ヶ原台地の東縁に沿っているように見える。別の観点から考えてみると,赤門上古墳は,古いタイプの前方後円墳であり,その前方部は高度差のない平坦…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市:山の神古墳(内野上2号墳)

過日,山の神古墳(静岡県浜松市浜北区内野台)を見学した。この古墳は,内野上2号墳とも呼ばれ,同じ台地の縁に並ぶ稲荷山古墳と赤門上古墳との間にある。また,山の神古墳がある場所は,二本ヶ谷積石塚群に近い。山の神古墳は,直径約16mの円墳とされている。墳頂に山の神を祀る祠があり,そのことから山の神古墳と命名されたとのことなのだが,実際に観てみ…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市:稲荷山古墳(内野上1号墳)

過日,稲荷山古墳(静岡県浜松市浜北区内野台)を見学した。この古墳は,内野上1号墳とも呼ばれている。現在では住宅地となっている台地の縁にある。この台地の縁から見渡せる低地の大部分は,古代においては海だったと推定される。稲荷山古墳がある場所は,二本ヶ谷積石塚群に近い。また,稲荷山古墳の南西には,台地の縁に沿って山の神古墳と赤門上古墳が並んで…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町:吉田温泉神社古墳(那須温泉神社古墳群1号墳)

過日,吉田温泉神社(栃木県那須郡那珂川町吉田)を参拝し,吉田温泉神社の基壇部になっている吉田温泉神社古墳を拝見した。この古墳は,那須温泉神社古墳群1号墳とも呼ばれる。那須温泉神社古墳群の2号墳~19号墳は,現況が現代の墓地であったり,区画整理により田になっていたり,畑地の一部であったり,明確な墳丘が存在しなかったりというような状態だった…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町:観音堂古墳(那須温泉神社古墳群21号墳)

過日,観音堂古墳(栃木県那須郡那珂川町吉田 )を見学した。観音堂古墳は,那須温泉神社古墳群21号墳とも呼ばれる。観音堂古墳は,墳丘の直径約31mの円墳とされている。その墳頂には観音堂がある。「マムシに注意」との警告の掲示があったので,おそるおそる階段を登り,観音堂の前で合掌した。夏場にはこのような木像の観音堂の屋根裏等にスズメバチが巣を…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:多摩川台古墳群

過日,多摩川台古墳群(東京都大田区田園調布)を構成する古墳中の1号墳~8号墳(旧9号墳)を見学した。案内図によれば,1号墳と2号墳は,同一の前方後円墳の一部であり,1号墳が後円部,2号墳が前方部であり,また,3号墳~8号墳は,全て終末期の小型円墳とのこと。これらの古墳は,亀甲山古墳と宝來山古墳との間の台地尾根上に並んでおり,遊歩道をのん…
コメント:0

続きを読むread more

ハマスゲ

先日,手賀沼周辺を散策していたら,路傍にハマスゲ(Cyperus rotundus)と思われる植物が花を咲かせているのを見つけた。 私は,ハマスゲに関し,本来は海浜などに生える植物だと考えている。現在では海とは無関係の路傍などにもしばしば生えるが,それは,明治時代以降の干拓による陸地化された土地であったり,住宅地や工場の造成のために別…
コメント:0

続きを読むread more

春日部市:内牧塚内古墳群

過日,たまたまその近くを通りかかったので,内牧塚内古墳群の石碑のある場所(埼玉県春日部市内牧)に寄ってみた。説明板が新しいものに更新されており,遺跡地図が加えられている。 ただし,かつて内牧塚内古墳群に属するものとして多数存在した古墳は,もともと小さいものや低いものばかりだったせいもあって,大半が既に湮滅しているように見える。囲いなど…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市:二本ヶ谷積石塚群

過日,二本ヶ谷積石塚群(静岡県浜松市浜北区染地台)を見学した。古代においてはゆるい谷だったような場所の斜面にあり,比較的多くの積石塚が復元され,現地において展示されている。古いものなので,発掘時点においてはかなり壊れていたものもあるようで,復元それ自体の正確性には賛否両論があるかもしれないが,要するに積石型の墳墓が多数存在する場所である…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:亀甲山古墳

過日,浅間神社古墳を見学した後,亀甲山古墳(東京都大田区田園調布)を見学した。亀甲山古墳は,全長107.25mの前方後円墳とされており,実際に観ると,とても大きな古墳だということを実感できる。後円部は,円形というよりは江戸時代の小判のような楕円形をしており,何となく森将軍塚古墳(長野県千曲市大字森字大穴山)の後円部と似た雰囲気をもってい…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:長岡百穴横穴墓群

長岡百穴横穴墓群(栃木県宇都宮市長岡町)を見学してきた。この横穴墓軍は,長岡百穴古墳とも呼ばれる。軽石凝灰岩の傾斜面に多数の横穴墓が開口しており,国道119号線(宇都宮環状道路)からも見える。後世の改変が著しいため,古代の横穴墓の遺跡としてはどうかと思う部分も多々あるけれども,各横穴の奥壁部分には室町時代~江戸時代に彫られたと推定される…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:瓦塚古墳群

天気が良かったし,明日からは仕事が忙しくなるので,瓦塚古墳群(栃木県宇都宮市豊郷台)まで出かけ,見学してきた。古墳群へは,帝京大学宇都宮キャンパスの学生寮と野球場の間の道の南端部分から入ることができる。 下記の古墳の森のサイトの記載によれば,かつて,古墳入口付近には掲示板や駐車場等があったようなのだが,掲示板は枠だけ残っており,駐車場…
コメント:0

続きを読むread more

市原市:上総国分尼寺跡

過日,上総国分尼寺跡(千葉県市原市国分寺台中央)を見学した。国分尼寺の主要部分全体の遺構が確認されており,回廊全部が復元されている。遺跡の入口の建物が資料館になっており,発掘品やジオラマ等の資料が展示されていた。係員の方の説明が懇切丁寧であり,とても勉強になった。特に,特殊な形状をした浄瓶(展示品はレプリカ)には興味をもった。許可を得て…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:和尚塚古墳

過日,和尚塚古墳(茨城県石岡市柿岡)を見学した。この古墳は,石岡警察署八郷地区交番の北東にある北町公民館の隣りにあり,目測で直径約10m程度のあまり大きくない円墳のように見えるが,その詳細はわからない。墳頂に稲荷神社があり,墳丘の東側に御堂がある。神社と御堂を参拝した上で周囲を拝見した。古墳の外観は,典型的な古墳神社のようになっており,…
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:多摩川浅間神社と浅間神社古墳

過日,多摩川浅間神社(東京都大田区田園調布)を参拝した。浅間神社の社殿は,全長約60mとされる前方後円墳の後円部の上にある。一見すると,浅間神社正面の階段付近が前方部のように見えるが,この階段部分は,おそらく後代に取り付けられた附属物だろうと思われる。前方部は,社殿の後方(西側)にある。 現状の墳丘は,完全に浅間神社の施設になっている…
コメント:0

続きを読むread more

君津市:塞神社と道祖神裏古墳

過日,塞神社(千葉県君津市外蓑輪・内箕輪・法木作・入会地)を参拝し,その社殿の上(北東)にある道祖神裏古墳を拝見した。塞神社の祭神は,猿田彦命・大山咋命。塞神社の前に道祖神がある。道祖神裏古墳との名称は,その道祖神にちなむものだろう。また,「道祖神」と書かれた額を源頼朝がこの塞神社に奉納したとの伝承があるようだ。塞神社の鳥居の手前のあた…
コメント:0

続きを読むread more

君津市:延命寺と八幡神社古墳

過日,真言宗豊山派・延命寺(千葉県君津市外箕輪)を参拝した。延命寺の隣に八幡神社がある。この八幡神社には多数の境内社がある。それらの神社全部を参拝した上で,その周辺を拝見した。 八幡神社の社殿は,古墳の上にある。この古墳は,八幡神社古墳と呼ばれ,墳丘の全長約77mの前方後円墳とされている。八幡神社の社殿は,この古墳の前方部をその基壇と…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:鹿の子古墳

過日,鹿の子古墳(茨城県石岡市鹿の子)を見学した。直径約28mの円墳とされている。古墳のあるあたりは宅地化が進んできているけれども,古墳のある区画は指定文化財所在地とされ,現状が維持されている。この古墳は,戦時中の軍事目的による破壊からも辛くも免れたようだ。 かつて,(国府や国分寺・国分尼寺の周辺を含め)石岡市の中心部にも多数の古墳が…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:染谷古墳群(続)

常陸風土記の丘公園内に染谷古墳群を構成する円墳と標識があるが,染谷古墳群を構成する古墳の大部分は林の中にあり,しかもその林の中に入ることが困難または不可能なので,素人がそれらの古墳を観ることはできない。しかし,幾つかの古墳は容易に見ることができる場所にあることを後から知り,その場所に行ってみた。 1つは,石岡市B&G海洋センター(…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:五霊古墳群

過日,五霊古墳群があったとされる場所(茨城県石岡市下林)を訪問し,ヨークベニマルの駐車場脇に保存されている石棺(五霊古墳群2号墳)を見学した。この古墳群は,早くから掘削されており,この石棺も露出した状態となっていたらしい。現状では墳丘らしいものを見つけることができない。古墳の遺跡は,ヨークベニマル等の店舗及びその駐車場の地下にあると考え…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県猿島郡五霞町:江川天満宮と古墳

過日,江川天満宮(茨城県猿島郡五霞町)を参拝した。祭神は,菅原道真公。立派な社殿だと思う。境内社として八坂神社があり,また,天満宮の東側に弁天池のようなものがある。 天満宮の基壇部は,その全部が古墳であるとされている。墳丘は,かなり掘削・修正されていると思われる。その詳細は不明だが,たぶん前方後円墳なのではないかと想像した。八坂神社の…
コメント:0

続きを読むread more

羽生市尾崎:浅間塚古墳

過日,浅間塚古墳(埼玉県羽生市大字尾崎)を見学した。円墳とされている。浅間塚または冨士塚とするために掘削・整形されている部分があるように見えるが,直径は,目測で約15~20m。墳丘上に石碑があり,墳頂には祠がある。墳丘に登らなかったので,詳細は不明。
コメント:0

続きを読むread more

小山市:高椅1号墳と高椅2号墳

過日,小山市営墓園やすらぎの森(栃木県小山市大字高椅)の中に古墳があるというので出かけてみた。資料によれば,管理棟のすぐ南側に高椅1号墳(円墳)があり,墓園の敷地南西角(西高椅公民館のすぐ東)のあたりに高椅2号墳(前方後円墳)があることになっている。現地に行ってみると,管理棟の南側のあたりには確かに大きな墳丘様のものがあるので(下図の白…
コメント:0

続きを読むread more

ヒメシロアサザ

古河総合公園・古河公方公園を訪問した際,公園内の公方広場でヒメシロアサザ(Nymphoides coreana)の花を見た。このヒメシロアサザは,公園近くの水田に自生しているのが発見され,公園内に移植するための前提作業として栽培されているものとのことだ。水槽で栽培されているものが戸外展示されており,小さな白く可愛らしい花を咲かせていた。…
コメント:0

続きを読むread more

古河市:浅間神社(虚空蔵菩薩前古墳)

過日,虚空蔵菩薩堂(茨城県古河市鴻巣)に隣接する浅間神社を参拝した。全体がちょっとした小山になっており,階段を登った頂上部分に浅間神社の社殿と石材をコンクリートで固めて構築された富士山がある。浅間神社の左側には稲荷神社がある。階段の途中には別の神社(社名は,かすれていて読み取れない。)と参明藤開山碑がある。「藤」とは「冨士」のことを指す…
コメント:0

続きを読むread more

古河市:虚空蔵菩薩堂

過日,古河総合公園・古河公方公園の区域内にある虚空蔵菩薩堂(茨城県古河市鴻巣)を参拝した。虚空蔵堂の虚空蔵菩薩は仏僧のような姿をしており,唐代の中国から輸入された仏像とされている東寺の虚空蔵菩薩の姿とは異なっている。長年月を経過し,時代と文化の変化により,「現世の支配者でもある菩薩」という観念が希薄化または消滅したからではないかと想像し…
コメント:0

続きを読むread more

古河市:古河総合公園・古河公方公園

過日,古河総合公園・古河公方公園(茨城県古河市鴻巣)を見学した。かつて,この近隣に古河城があったようなのだが,渡良瀬川の流路変更を伴う大規模改修工事の結果,その大部分が消滅しており,関連する遺跡としては,基本的にこの公園内に残されているものだけとのことだ。古河公方館跡,御所沼,古賀公方足利義氏公の墓所等を見学した。 御所沼 …
コメント:0

続きを読むread more

下妻市:浅間塚古墳

過日,浅間塚古墳(茨城県下妻市黒駒宇駒ヶ墓)を見学した。浅間塚古墳は,全長約40mの前方後円墳とされている。全体としてナメクジのようなのっぺりとした姿をしており,後円部と前方部とが明瞭に仕切られずに連続したような形状となっている。浅間塚古墳は,段丘の縁にある小さな森の中にあり,段丘上は,田畑となっている。名前からすると,過去においては浅…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市玉取:八幡神社

過日,八幡神社(茨城県つくば市玉取)を参拝した。祭神は,品陀和気命(応神天皇)。この神社は,段丘の縁にあり,神社の東方の段丘崖の下は低地で,主として田となっている。古代においては,古代の霞ケ浦の一部である海だったと推定される。段丘から降りる道のあたりに港湾施設が存在したかもしれない。 この八幡神社の境内またはその周辺に古墳があるのだと…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:北ノ作1号墳・2号墳

過日,北ノ作1号墳と2号墳(千葉県柏市片山)を見学した。これらの古墳は,片山古墳群(手賀の丘公園)の東方にある台地上にある。道路が狭くアクセスに難があるけれども,どうにか辿り着き,これらの古墳を見学できた。 北ノ作1号墳は,全長約21.5mの前方後方墳とされ,北ノ作2号墳は,全長約30mの前方後方墳とされている。いずれも3~4世紀頃の…
コメント:0

続きを読むread more

葉のないツルボの花

本日,遺跡めぐりをしながら散策中,ある古墳公園でツルボ(Barnardia japonica)と思われる植物の花が咲いているのを見つけた。ところが,この個体は,葉がない。花茎と花序だけが地上に出ている。珍しいものを観たものだと思う。このようなタイプの個体だと,蔓の先に穂があるだけにしか見えないので,まさに「蔓穂」だと言える。 …
コメント:0

続きを読むread more

ノブキ

本日,遺跡めぐりをしながら,ある林の中の道を歩いていたら,林床いっぱいにノブキ(Adenocaulon himalaicum)の群落があるところを見つけた。久しぶりに見た。ノブキの花は小さく,あまりぱっとしないけれども,野草好きには好まれることがあるかもしれない。この林の中には古墳もある。園芸栽培されることはないと思うけれども,古代にお…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマジノホトトギス

本日,遺跡めぐりをしながら,ある林の中の道を歩いていたら,路傍にホトトギスの仲間が花を咲かせているのを見つけた。白花品もある。ヤマジノホトトギス(Tricyrtis affinis)とその白花品(自然の白花変異)だろうと判断したけれども,もしかすると園芸交配品等を誰かが植栽したもの(及びその子孫)かもしれない。ホトトギスにはかなり多数の…
コメント:0

続きを読むread more

大田原市:大塚古墳

過日,大塚古墳(栃木県大田原市中野内)を見学した。掘削により墳丘の形が崩れている部分もあるが,1辺約28m・高さ約4.5mの方墳とされている。大塚古墳は,台地の縁にあり,そのあたりからは,台地下の低地の様子をつぶさに監視可能となっている。かつては,低地の方からもこの古墳が良く見えたのではないかと想像する。 大塚古墳の由来に関しては,豊…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:山神古墳

過日,山神古墳(茨城県小美玉市羽鳥)を見学した。直径約20mの円墳とされている。山神古墳は,金谷久保区公民館の南東の段丘縁の森の中にある。そのあたりから西側の方は園部川が流れる低地となっている。おそらく,古墳造営当時においては園部川がもっと広く,古代の霞ケ浦と直接 に連絡できるような状況だったと推定される。山神古墳の下のあたりに港湾施…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市みむら:香取神社

過日,香取神社(茨城県坂東市みむら)を参拝した。祭神は,経津主神。 香取神社の社殿は,段丘の縁にあり,段丘下の低地を見渡すことができる場所となっている。客観的・即物的な条件という観点からすると,古墳が存在することが比較的多い立地だと言える。この神社の境内地及びその北東にある畑地は,屋敷遺跡という埋蔵文化財包蔵地の指定を受けている。屋敷…
コメント:0

続きを読むread more

笛吹市:経塚古墳

過日,経塚古墳(山梨県笛吹市一宮町国分字経塚)を見学した。一見すると普通の円墳のように見えるが,八角形墳なのだそうで,非常に珍しいと言える。関東地方の八角形墳としては,三津屋古墳(群馬県北群馬郡吉岡町)や伊勢塚古墳(群馬県藤岡市上落合岡)がある。稲荷塚古墳(東京都多摩市百草)も八角形墳とされているが,この古墳はまだ見学していない。 今…
コメント:0

続きを読むread more

笛吹市:慈眼山南照院と姥塚古墳

過日,曹洞宗・慈眼山南照院(笛吹市御坂町井之上)を参拝し,その境内にある姥塚古墳を拝見した。姥塚古墳は,直径約40m・高さ約10mの円墳とされており,非常に大きな石室が開口している。その石室の玄室部分には古くから聖観音堂がある。石室内に入り,観音堂の前で合掌した。石室の大きさから推測して,墳丘も現在の規模よりも大きなものであったかもしれ…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:加牟那塚古墳

過日,加牟那塚古墳(山梨県甲府市千塚)を見学した。説明板によれば,直径約45mの円墳とされており,かつては「金塚」と呼ばれていたそうだ。石室が開口している。石室入口には格子の扉があり,中には入らなかったけれども,格子の隙間から見える範囲内で石室内の様子も見学した。加牟那塚古墳のある地域には多数の古墳があったのだそうだが,現在では,宅地開…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:武田神社

過日,武田神社(山梨県甲府市古府中町)を参拝した。祭神は,武田信玄。1919年(大正8年)に創建された新しい神社なのだが,神社の所在地は,戦国時代の武田館のあったところであり,それ自体として,史跡としての文化的価値が非常に高い。また,武田神社には,神宝である南北朝時代の太刀「吉岡一文字」があるほか,武田氏と関係する様々な文物が集められて…
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス市:ほたるみ橋公園

過日,南アルプス市の上市之瀬付近を移動中,ほたるみ橋公園(山梨県南アルプス市平岡・上市之瀬)という所があったので,その公園の駐車場にクルマを停め,しばらくの間,そこから見える棚田の姿などを堪能した。素晴らしい景観だと思う。 石積みによる棚田は,別の場所でも見たことがあるが,いつでも共通の感覚にとらわれる。それは,これらの石積みのための…
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス市:六科丘古墳

過日,六科丘古墳(山梨県南アルプス市あやめが丘)を見学した。六科丘古墳は,直径約28mの造出し付円墳とされている。住宅地として開発される予定の台地の縁にあり,発掘調査の結果,その重要性が認識され,古墳公園として保存されることになった。現在見ることのできる墳丘は,遺跡保護のために土を盛ったものとのことだ。公式の説明板と並んで地元の小学生に…
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス市:上ノ東古墳

過日,南アルプス市の市之瀬台地東端の少し高まりのあるところを通過中,畑の中に平たい墳丘様のものを見つけ,「何だろう?」と思って更に進むと,2次元バーコードだけの説明標識があり,その墳丘様のものが上ノ東古墳であるということを知った。直径約25mの円墳ということなのだが,墳丘の大部分が削平されているため,少し広い方形周溝墓のように見える。畑…
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス市:物見塚古墳

南アルプス市に含まれる市之瀬台地上には幾つかの興味深い古墳が存在している。この台地は,古代の地形及び気候等から推測すると,馬の放牧・飼育等に適したところではないかと思われる。過日,物見塚古墳(山梨県南アルプス市下市之瀬字上の山)を見学した。この古墳は,全長約46mの前方後円墳とされ,台地に登る狭隘でヘアピンカーブの続く道路に面して後円部…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:甲斐銚子塚古墳

甲斐風土記の丘公園(山梨県甲府市下曽根町)の丸山塚古墳の西側には,甲斐銚子塚古墳という非常に大きな前方後円墳がある。墳丘長が約169mであり,東日本における最大級の前方後円墳だとされている(東日本で最大の前方後円墳は,群馬県太田市の太田天神山古墳)。「銚子」とは,岡・銚子塚古墳と同様,酒器の一種である銚子(提子)の形状に似ていることから…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:丸山塚古墳

甲斐風土記の丘公園(山梨県甲府市下曽根町)の杯塚とかんかん塚(茶塚)の西側には丸山塚古墳という大きな円墳と甲斐銚子塚古墳という東日本における最大級とされる前方後円墳がある(東日本で最大の前方後円墳は,群馬県太田市の太田天神山古墳)。 丸山塚古墳は,直径約72m・高さ約11mの円墳とされている。丸山塚古墳の正式名称は,「銚子塚古墳附丸山…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:岩清水遺跡の円形低墳墓

甲斐風土記の丘公園(山梨県甲府市下曽根町)の杯塚とかんかん塚(茶塚)の南側には2基の円墳のようなものが並んでいる。山梨県教育委員会「山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第182集:山梨県東八代郡中道町岩清水遺跡-甲斐風土記の丘「曽根丘陵公園」造成にともなう発掘調査報告-」(2000年3月)によれば,これは岩清水遺跡の円形低墳墓の1号墓(東…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:杯塚とかんかん塚(茶塚)

甲斐風土記の丘公園(山梨県甲府市下曽根町)の中に杯塚とかんかん塚(茶塚)がある。茶塚は,茶塚と杯塚とが一体となった前方後円墳だと考えられた時期もあるが,発掘調査の結果等により,現在では直径約26mの円墳だと考えられている。他方,杯塚は,茶塚と同程度の大きさをもつ墳丘状の構造物だが,現在では,古墳ではなく,中世の供養塚だと考えられているよ…
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:山梨県立考古博物館と古墳

過日,山梨県立考古博物館を訪問し,そこに収蔵されている発掘品等を見学した。考古博物館は,甲斐風土記の丘公園(山梨県甲府市下曽根町)の一部となっている。考古博物館の収蔵品は,どれも素晴らしいものばかりで,説明も丁寧であり,とても勉強になった。更に勉強の意欲がわいてくる。 甲斐風土記の丘公園は,非常に多数の立派な古墳で構成されており,駐車…
コメント:0

続きを読むread more

中央自動車道下り線釈迦堂PAと釈迦堂遺跡

過日,山梨県方面を訪問した際,中央自動車道下り線の釈迦堂PAで休憩した。このPAの施設周辺は,釈迦堂遺跡という縄文時代の遺跡のあるところで,PAの施設のある斜面の上の方には出土品である縄文土器等を収蔵・展示するための釈迦堂遺跡博物館がある。実は,釈迦堂PAから釈迦堂遺跡博物館に行けるということを知らなかったのだが,たまたま休憩のために寄…
コメント:0

続きを読むread more

笛吹市:岡・銚子塚古墳と盃塚古墳

過日,岡・銚子塚古墳と盃塚古墳(山梨県笛吹市八代町岡)を見学した。これらの古墳のある場所は,笛吹市八代ふるさと公園内に史跡公園として整備されており,比較的広い駐車場やトイレ等の関連施設もある。眺望が非常に優れており,リニアモーターカーを観るための施設も隣接しているので,観光施設としては秀逸の部類に入るのではないかと思う。 駐車…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:住吉神社と古墳

過日,住吉神社(茨城県水戸市東前)を参拝した。祭神は,住吉三神(底筒男命・中筒男命・上筒男命)。茨城県内では住吉神社が少ないので,比較的珍しい神社だと言える。東前の住吉神社は,岬状に突き出た台地の北縁にあり,その台地の周囲の低地は,古代においては海だったと推定される。かつて,そのあたりに港湾施設があったのかもしれない。住吉神社の鳥居は北…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:西高椅遺跡のGoogle写真

ちょっと足をくじいてしまったので,今日は自宅で安静にしていた。Googleで地図をながめていたら,小山市営墓園 やすらぎの森(栃木県小山市大字高椅)の南側にある西高椅遺跡の様子が詳細に表示された。現時点における画像ではなく,撮影時期は不明とはいえ,過去に撮影された画像が表示されていることが確実なので,その表示状態を記録することにした。こ…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市上出島:香取神社と大明神塚古墳

過日,香取神社(茨城県坂東市上出島字鵠戸沼)を参拝し,その境内にある大明神塚古墳を拝見した。香取神社のあるところは,「出島」の名のとおり,段丘からはみ出した小島のような形をした場所にあり,その小島のような場所の頂上付近に社殿と並んで大明神塚古墳がある。明神塚という名から推測すると,明治時代の神仏分離の前には何らかの明神様を祀る社があった…
コメント:0

続きを読むread more

木更津市請西東:古墳公園

過日,クルマで移動中,メモリチップの残量に不安が出てきたので,ネットで調べたところ,比較的近い場所にヤマダ電機家電住まいる館YAMADA木更津請西本店があることを知り,そこに寄ってメモリチップを購入した。ちょうど昼時でもあったので,すぐ近くにあるコメダ珈琲店イオンタウン木更津請西店まで行き,そこでランチをとった。コメダ珈琲店に入るのは初…
コメント:0

続きを読むread more

君津市:愛宕神社

過日,愛宕神社(千葉県君津市愛宕)を参拝した。この神社は,高い山の頂上にあり,山頂の社殿に至るためには自力で長い山道を登り,更に長い階段を登らなければならない。齢を重ね,だいぶ足腰が弱くなったため,基本的に登山をやめていたのだが,これが最後の機会になるのだろうと思いつつ,挑戦してみた。頂上まで登山した後の実感として,これが最後の機会とな…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:船玉古墳

過日,船玉古墳(茨城県筑西市船玉)を見学した。一辺約35mの方墳とされている。以前は,墳丘上に船玉神社があり,木々が生えていたけれども,私が訪問した時には神社の社殿が存在せず,木々の多くが伐採されており,墳丘の形状がよくわかる状態となっていた。横穴式石室が開口しており,以前は内部を見学できたようなのだけれども,現在では柵が設けられており…
コメント:0

続きを読むread more

下野市:オトカ塚古墳

過日,オトカ塚古墳(栃木県下野市紫)を見学した。オトカ塚古墳は,天平の丘公園の中に保存されている古墳で,墳丘の全長が約32mの帆立貝式古墳とされている。墳丘は,発掘調査後に復元・整備されたもののようだ。オトカ塚古墳は,下野国分寺及び下野国分尼寺の近くにある。ざっと見たところ,かつて,この地域には,この古墳以外にも多数の古墳が存在したので…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:摩利支天塚古墳

過日,摩利支天塚古墳を見学した。琵琶塚古墳と同様,摩利支天塚古墳も何度か訪問している。摩利支天塚古墳は,墳丘長約117mの前方後円墳とされており,後円部の墳頂には摩利支天社の社殿がある。今回も参拝した。摩利支天塚古墳の南西にある区画から人物埴輪の群像がまとまって発掘されている。この埴輪群は,もともとその場所にあったのだとすれば,古代から…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:琵琶塚古墳

過日,琵琶塚古墳(栃木県小山市大字飯塚)を見学した。琵琶塚古墳のある地域は何度か訪問したことがある。琵琶塚古墳は,何度見ても優美な姿をもつ古墳だと感じる。琵琶塚古墳は,墳丘長約124.8mの前方後円墳とされ,後円部の墳頂には熊野神社がある。琵琶塚古墳の周溝等からの出土品は,琵琶塚古墳の隣りにある摩利支天塚古墳からの出土品や関連資料等と共…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:中村八幡宮と中村大塚古墳

過日,中村八幡宮(栃木県真岡市中)を参拝した。中村八幡宮の祭神は,誉田別尊。多数の境内社がある。境内社の覆屋が古くなっていることによるものかどうか,私が訪問した時には,修理のための工事が進行中だった。拝殿と本殿は,とても立派なものだった。境内の中にも小型の古墳の二次利用物ではないかと疑われるものが散見されるが,本殿から少し離れた場所(本…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町大貫町:浅間神社と富士山古墳

過日,浅間神社(茨城県東茨城郡大洗町大貫町)を参拝し,同神社の社殿の背後にある富士山古墳を拝見した。浅間神社の入口はわかりにくいけれども,神社が所在する細長い台地の尾根にあり,南向きとなっている。尾根から社殿までの間の高低差はあまりない。ただし,尾根道に登るためには若干がんばらないとならない。自動車による直接のアクセスは基本的に無理なの…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:神塚神社と神塚古墳群

過日,神塚神社(茨城県東茨城郡茨城町下石崎)を参拝し,その境内にある古墳などを拝見した。神塚神社の祭神は,武甕槌命。神塚神社の本殿右側に境内社がある。その背後に古墳がある。 神塚古墳群は,4基の円墳で構成されていたらしいのだが,現存するのは2基の円墳とのことで,神塚神社の本殿脇(境内社裏)にあるのは,その中の1基ということになる。ただ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:殿部神社・旗塚稲荷神社と古墳

過日,殿部神社(茨城県東茨城郡茨城町谷田部)を参拝した。由緒書によれば,源義家が立ち寄り,戦勝を祈願して鉾を奉納したのだという。境内には,旗塚稲荷神社と天神社のほか多数の境内社(山王神社,千勝神社など)がある。これらの神社全部を参拝した上で,その周辺を拝見した。 殿部神社の境内地(旗塚稲荷神社の背後)には比較的大きな古墳(円墳)がある…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:高岡神社(高岡大明神)と古墳

過日,高岡神社(茨城県東茨城郡茨城町)を参拝した。高岡大明神とも呼ばれ,かつての長岡宿の中心的な場所とされている。神社の境内地全体が森の中にあり,全体として重厚な印象を与える。 高岡神社は,段丘の縁にあり,本殿の背後が急峻な段丘崖となっているのだが,本殿と段丘崖との間の狭い場所に古墳(円墳)の残部がある。この古墳は,高岡神社古墳と呼ば…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市市野谷:山王塚古墳

過日,山王塚古墳(茨城県笠間市市野谷)にある山王塚古墳を見学した。現在では消滅している泉巴川遺跡の東方に位置し,同遺跡を含む段丘の縁にある。目測で直径約50mの円墳であり,墳頂に山王社の祠がある。道路から鳥居をくぐり,周溝に沿って南側のほうに回ると墳頂に至る通路があるようなのだが,今回は,鳥居の前で拝礼し,道路から見える範囲内で写真を撮…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡茨城町:諏訪神社古墳群1号墳

過日,諏訪神社古墳群1号墳(茨城県東茨城郡茨城町大字木部)を見学した。直径約50mの円墳とされており,墳頂には諏訪神社がある。神社を参拝した上で,周辺を拝見した。大きな円墳であり,非常に大きな文化的価値・歴史学上の価値をもつ古墳だと思った。諏訪神社古墳群を構成する他の古墳は,近くにある山林内に所在しているとのことなのだが,よくわからなか…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市土師:淡島神社

過日,高龗神社を参拝した後,淡島神社(茨城県笠間市土師)を参拝した。由緒書等が掲示されていないので祭神の詳細は不明。境内社がある。一般的には,淡嶋神社(淡島神社)では,少彦名命・大己貴命・息長足姫命を祭神としている。 この淡島神社を含む近隣一帯は,幕末に天狗党と関係する激戦があった場所とのことだ。いろいろと考えさせられた。 …
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:高龗神社と高龗神社古墳群

過日,高龗神社(茨城県笠間市土師)を参拝した。祭神は,高龗神と闇龗神。複数の境内社がある。それらの神社を参拝した上で,その周辺を拝見した。静寂であり,心安まる神社だと思った。 岬状に突出した段丘上にある高龗神社の境内地を含む周辺地域には7基の古墳があるのだという。現時点で明確に古墳だとわかるのは,神社境内の参道脇にある2基の円墳だけ。…
コメント:0

続きを読むread more

台風15号のレーダー画像

泊りがけで遠くに出かけていたが,昨晩,台風の影響が出る前に無事に帰宅した。そのあとは爆睡。目が覚めると,まさに台風が通過中であり,しかも停電となっていた。そこで,docomoのモバイル通信経由で気象庁のレーダー画面を見ていた。すると,画像の中に2本の直線状に雨のない部分があることに気づいた。鹿島の神と香取の神の御神力によるものと思いたい…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:浅間神社と大井浅間古墳

過日,浅間神社(千葉県柏市大井)を参拝し,その社殿背後にある大井浅間古墳を拝見した。浅間神社は,現在,天台宗・教永山積善院福満寺の管理下にある。近隣に駐車場がなく,駐車可能な場所から徒歩でアクセスしたので,非常に苦労したけれども,どうにかたどりつけた。階段を登ると,浅間神社の社殿,石尊大権現と記された石碑があり,その奥に大井浅間古墳の墳…
コメント:0

続きを読むread more

鉾田市:不二内古墳発掘記念碑

過日,不二内古墳発掘記念碑(茨城県鉾田市青柳不二内)を見学した。「不二内」は「ふにうち」と読む。地元の方々の御厚情により,発掘の発端,墳丘のあった場所,発掘された埴輪とその複製品のこと等について詳細に御教示いただいた。まことにありがたいことだと思う。 結論から言うと,貴重な埴輪が発掘された前方後円墳(不二内1号墳)及びそれに並んでいた…
コメント:0

続きを読むread more

今日の雲

本日,あるところで空を見上げると,犬が右の方に向かって吠えているような形の雲が見えたので,その写真を撮った。それから約2時間くらい後,別のところで,今度は犬が左の方に向かって吠えているような形の雲が見えたので,その写真を撮った。両方合わせると1対の狛犬になるかもしれない・・・などとつまらないことを考えた。 …
コメント:0

続きを読むread more

大田原市:源昌寺と川田古墳

曹洞宗・高雄山源昌寺(栃木県大田原市川田)を参拝し,その境内の墓地の端にある比較的大きな円墳様のものを拝見した。源雅寺は,小さな寺なのだが,古い時代から連綿として信仰の場所であったような雰囲気をもつ落ち着いた寺だと思う。 源雅寺の境内地内には川田古墳が存在するとされており,この円墳様のもの以外にはそれらしきものが見当たらなかったので,…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町矢又の御堂

国道293号線を移動中にたまたまその場所を通りかかった。土を盛ったような基壇の上に小さな御堂が1つだけ。個人の氏神のようなものかもしれない。時間がなかったので近づかなかった。後で調べてみても,遺跡包蔵地ではないようだし,古墳としても登録されていない。遺跡ではない可能性が高いけれども,何となく気になる。その場所は,オートサービス・タチバナ…
コメント:0

続きを読むread more

千葉市:大覚寺古墳と千葉市埋蔵文化財調査センター

過日,大覚寺古墳(千葉県千葉市中央区生実町)を見学した。大覚寺古墳は,全長約63mの前方後円墳とされており,その前方部は,やや西に傾いた北を向いている。大覚寺古墳の北の方向には現在の印西周辺の地域があり,更にその先には筑波山がある。やや西に傾いた先には,現在の八千代市~我孫子市があり,更にその先には宇都宮市がある。大覚寺古墳は,段丘の縁…
コメント:0

続きを読むread more

八千代市:根上神社と古墳

過日,根上神社(千葉県八千代市村上南)を参拝し,同社の社殿の背後にある根上神社古墳を拝見した。根上神社の祭神は,大己貴命。境内社として,金毘羅宮等がある。根上神社は,この古墳の墳丘を御神体とするものと思われる。神社は,段丘の縁にあり,段丘下から段丘崖を登る急峻な階段があるが,神社の背後地(段丘上)にはジョイフル本田があり,神社から見て北…
コメント:0

続きを読むread more

つくばみらい市東楢戸:鹿島神社と東楢戸古墳

過日,鹿島神社(茨城県つくばみらい市東楢戸西楢戸入会地)を参拝し,同神社の社殿部分にある東楢戸古墳を拝見した。東楢戸古墳は,前方後円墳なのだが,その前方部は拝殿前の部分に該当し,現在では湮滅している。後円部の大部分は社殿建築のために掘削されてしまっているけれども,社殿背後に後円部の残存物があり,よく見ると,前方後円墳だったころを想像でき…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:権現古墳

過日,権現古墳(千葉県柏市大津ケ丘)を見学した。権現古墳は,直径約21mの円墳とされている。住宅地の中に古墳だけの区画(前原公園)があり,その区画内に保存されている。大津ケ丘は,全体として古墳を造営するのに適した台地なのだが,調べてみても,なぜか遺跡包蔵地が見当たらない。そのような場所に権現古墳だけが造営され,今日まで残存することはない…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:冑山神社と甲山古墳

過日,甲山古墳を基壇とする冑山神社(埼玉県熊谷市冑山)を参拝し,その周辺を拝見した。甲山古墳は,全長約90m(周溝を含めると100m)の2段式の円墳とされている。帆立貝式古墳とする見解もある。そのいずれであるにしても,かなり大型の古墳であることになる。階段を登った1段目正面に冑山神社の拝殿があり,2段目の墳頂には冑山神社の本殿がある。拝…
コメント:0

続きを読むread more

川越市:喜多院と慈眼堂古墳

過日,川越大師として知られる天台宗・星野山喜多院(埼玉県川越市小仙波町)を参拝し,その境内地にある慈眼堂古墳を拝見した。喜多院は,壮大な寺院の1つで,貴重な文化財が多数残されている。寺務所で手続をし,本堂内部,保存建物内部と庭園等も拝見した。その詳細は,寺務所で販売している冊子の中に書かれているほか,下記の喜多院のサイトでも紹介されてい…
コメント:0

続きを読むread more

市川市:須和田公園(須和田遺跡)

過日,須和田公園(千葉県市川市須和田)を見学した。弥生時代の遺跡である須和田遺跡を公園化した施設とのことだ。説明板によれば,発掘された住居跡には古代の住居が復元されていたようなのだが,現在では存在せず,その跡地であることを示すコンクリート製の円形のものがあるだけだった。公園内には郭沫若氏の「別須和田」詩碑もあった。郭沫若氏は,かつて須和…
コメント:2

続きを読むread more

市川市:手児奈霊神堂

過日,手児奈霊神堂(千葉県市川市真間)と同堂に隣接する真間稲荷神社を参拝した。弘法寺の開基と関連する伝承のある手児奈という女性の供養のための御堂が始まりで,現在では広く信仰を集めているとのこと。手児奈という女性の伝承と類似の伝承は,他の地にも幾つかある。同じ伝承が長い年月の間に伝播し変形されて現在に至っているのか,それとも,それぞれの地…
コメント:0

続きを読むread more

市川市:弘法寺と古墳

過日,日蓮宗・真間山弘法寺(千葉県市川市真間)を参拝し,その境内地にある古墳を拝見した。弘法寺は,舒明天皇の時代の国造の娘であり悲運の女性であったとされる手児奈の霊を弔うために行基によって開基された求法寺がはじまりとされ,後に天台宗・弘法寺と改められ,更に日蓮宗に改宗して現在に至っているとのことだ。壮大な寺院であり,その境内には関連施設…
コメント:0

続きを読むread more

市川市:國府神社

過日,國府神社(千葉県市川市市川)を参拝した。国府台の段丘崖の急斜面にある。祭神は日本武尊。境内の説明板に伝承が書かれており,非常に興味深い。このあたりの地は,古代において朝廷の軍が東進する際の激戦地の1つだったのだろうと想像した。 國府神社は,元は国府台の台地上にあったのだけれども,旧陸軍の施設建設のため,現在の場所に移されたとのこ…
コメント:0

続きを読むread more

館山自動車道:市原SA

古墳ファンがメジャーな趣味であるとは考えにくいけれども,それでも結構多数のファンが存在するのではないかと思っている。館山自動車道を何回か走って千葉県内の古墳を見学している間に,市原SAが古墳ファンのために存在しているのではないかと勝手に思うようになった(笑) まず,上り線のSAなのだが,まるで大きな円墳のようなものがある。これは円…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:木船塚古墳群1号墳

過日,木船塚古墳群1号墳(茨城県小美玉市栗又四ケ)を見学した。所有関係がわかりにくいけれども,道路と判断できる小路を下ると,段丘縁の斜面にそれらしい墳丘のようなものが見える。一部復元物かもしれない。木船塚古墳群1号墳は,41.5mの前方後円墳とされている。前方部は掘削されて消滅しているとのことで,現況で前方部のような方形台地に見える部分…
コメント:2

続きを読むread more

小美玉市:坂根山古墳(宮後1号墳)と宮後2号墳

過日,宮後古墳群を構成する坂根山古墳(宮後1号墳)と宮後2号墳(茨城県小美玉市栗又四ケ)を見学した。これら2つの古墳は,南北に並んで,台地の縁に所在している。坂根山古墳(宮後1号墳)は,全長約50mの前方後円墳とされている。現状は,前方部がかなり掘削され,後円部も加工・修正されており,後円部の中心部付近に祠があるが,外形の特徴は保存され…
コメント:0

続きを読むread more

東京都新宿区:穴八幡宮

過日,穴八幡宮(東京都新宿区西早稲田)を参拝した。祭神は,應神天皇・仲哀天皇・神功皇后。古墳の石窟または横穴墓(穴)に由来する神社の1つとされている。江戸時代の絵図に「氷室」として描かれている部分がそれに該当するとの見解が多い。その穴が所在した場所は,鳥居の左上にある出現殿(非公開)が所在する場所とされている。穴八幡宮のある西早稲田の台…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:松吟寺

昨日,臨済宗東福寺派・稲荷山松吟寺(茨城県常陸大宮市下町)を参拝した。山門は,古いもので,文化財としての価値が高い。境内の建物等は再々建のもので比較的新しいものだが,どれも立派なものだった。境内内の庭は,禅に無頓着な私にとってはちょっと難解な部分が多かった。松の木の根本の亀の形が可愛らしいというという感想しかできないので,禅の深淵には到…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市下町:稲荷神社と松吟寺古墳群

昨日,松吟寺(茨城県常陸大宮市下町)の山門前にある稲荷神社を参拝した。この稲荷神社は,方墳のような形をした大きな基壇の上にある。その基壇には松吟寺古墳群であることを示す標識が立てられている。この基壇部分に関し,神社の縁起書には前方後円墳であると書かれている。ただし,中世の城の土塁等の一部だとする見解もある。松吟寺古墳群には6基の古墳があ…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:小祝糠塚古墳

昨日,小祝糠塚古墳(茨城県常陸大宮市小祝)を見学してきた。台地の東側縁に位置する畑の中にあるのだが,台地中央を南北に縦断する道路から古墳までの間に通行可能な小道がある。現存する墳丘は後円部の全部と掘削された前方部の一部となっているけれども,元はかなり大きな前方後円墳だったようだ。その詳細と復元図面は,伝えようつなごうつくろうふるさと常陸…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:山方江下山古墳

昨日,山方江下山古墳(茨城県常陸大宮市山方)を見学してきた。この古墳は,山の北側斜面にあり,その斜面の上と下にそれぞれ東西に走る道がある。古墳の下(北側)の道には駐車スペースと古墳であることを示す標識があり,そこから古墳のある場所に登る小道もある。しかし,古墳の場所を示す正式の表示と説明板は,古墳の上(南側)の道のところにあり,そこから…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市:甲神社・素鵞神社のムササビ

本日,甲神社・素鵞神社(茨城県常陸大宮市下町)を参拝してきた。この参拝のことなどについては後に改めて書くことにして,両神社の本殿と境内社全部に参拝し終え,神社背後にある樹林を拝見しようかと神社境内東側のほうに向けて歩きだしたところ,大柄な猫くらいの大きさのリスのような動物が地上を歩いているのが見えた。尻尾がまるでリスと同じに立っているの…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市下青柳:稲荷神社と古墳

過日,稲荷神社(茨城県石岡市下青柳)を参拝し,その周辺を拝見した。小さな神社だが,良い神社だと思う。手水が変わっており,興味深かった。稲荷神社の境内地の拝殿右手前には石棺が露出した小さな盛土様のものがあり,現時点では,石岡市加生野~石岡市下青柳にまたがって分布する加生野古墳群の1つを構成する古墳であるとされている。確かに,箱式石棺であり…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:真延寺と愛宕神社古墳

過日,常陸七福尊・億萬山真延寺(茨城県土浦市西真鍋町)を参拝した。既存の宗派に属さない単立の寺院で,1985年に創建とのことだ。現在の西真鍋の段丘上東端にあり,国道125号線に面して設置されている長い階段を登って境内地に至ることができるほか,段丘上の西側からもアクセスできるようだ。境内は小奇麗に整備されている。参拝した上で,その周辺を拝…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:善應寺と照井

過日,真言宗豊山派・照井山善應寺(茨城県土浦市真鍋)を参拝し,同寺に隣接する照井を見学した。照井は,古くからの井戸の1つで,現在でも綺麗な清水が湧き出ている。古代においては,現在の土浦市の大部分が古代の霞ケ浦の一部であり,水面だったので,筑波山麓付近の相当遠くまで大型船舶の往来が可能だった。そうであるがゆえに,平沢官衙の倉庫群(正倉群)…
コメント:0

続きを読むread more