ハマスゲ

先日,手賀沼周辺を散策していたら,路傍にハマスゲ(Cyperus rotundus)と思われる植物が花を咲かせているのを見つけた。
私は,ハマスゲに関し,本来は海浜などに生える植物だと考えている。現在では海とは無関係の路傍などにもしばしば生えるが,それは,明治時代以降の干拓による陸地化された土地であったり,住宅地や工場の造成のために別の土地から大量の土砂を移入した結果であったり,あるいは,そこから更に生育地を拡大したりした結果としてそうなったのではないかと思う。無論,過去において,海から河川を遡る海上交通の荷物や旅客と一緒に上流まで移動した個体や種子もあっただろう。それらの子孫もあり得る。
これまで私が実際にハマスゲを見つけた場所は,全て古代の霞ケ浦の海岸付近だったと推定される場所ばかりで,たぶん,その当時には水質も塩水または汽水だったと考えられる。その意味で,あくまでも私見としては,この植物が歴史指標植物とでも言うべき植物種であり得ると考える。

IMG_0595.JPG


IMG_0591.JPG


低地でハマスゲが自生している地域においては,あくまでもリスク管理の問題として,(津波や洪水を含め)大水害の可能性があり得ることを考慮に入れたほうが良いのではないかと思う。

この記事へのコメント