小美玉市:滝台古墳

過日,滝台古墳(茨城県小美玉市下玉里)を見学した。墳丘長約83.4mの大型の前方後円墳とされている。周溝を含めるともっと大きな大規模古墳だと言える。その墳丘は,4段で築造されている。実際に見てみると,段の構造が非常に良く保存されており,古墳ファンにとっては必見の古墳の1つではないかと思った。前方部は,南東を向いており,その先には現在の行方市や潮来市がある。滝台古墳は,台地の縁にある。当時は,古墳の墳丘上及びその周辺に樹木が存在しなかったと推定されることから,この古墳からは古代の霞ケ浦を遠くまで眺望でき,また,そこを往来する船舶からもこの古墳が良く見えたと思われる。

IMG_5048.JPG
古墳入口付近


IMG_5022.JPG
説明板


IMG_5046.JPG
前方部端


IMG_5024.JPG
前方部墳頂付近


IMG_5026.JPG
前方部から見た後円部


IMG_5028.JPG
くびれ部付近から見た後円部


IMG_5031.JPG
後円部墳頂


IMG_5034.JPG
後円部から見た前方部


IMG_5038.JPG
後円部


IMG_5037.JPG
後円部付近の段丘上から見える霞ケ浦


IMG_5045.JPG
前方部西側付近から見た全景

この記事へのコメント