小美玉市:石造仁王像

過日,クルマで移動中,たまたま石造仁王像(小美玉市栗又四ケ)の前を通った。路傍の大丈夫そうな場所にクルマを停め,その仁王像を拝見した。この場所には安楽寺阿弥陀堂があり,約300年前にその仁王門に置かれたものだそうだが,仁王門が火事で焼失したため仁王像だけが残ったとのことだ。2体の仁王像の間に古い階段があり,登ってみた。阿弥陀堂なるものがあった。阿弥陀如来ではなく大日如来ではなかろうか。いずれにしても,御堂は,誰も世話をしなくなっているのかどうか,朽廃寸前の状態なので,このままではいずれなくなってしまうことだろう。階段もまた,崩れ落ちてしまいそうな危うい状態にある。最後は本当に仁王像だけになってしまう日が来るかもしれない。
なお,私が訪問して時にはちょうど除草作業をやっているところで,仁王像の手前の部分と階段脇の部分及び頂上部分は綺麗になっていた。

IMG_4992.JPG
仁王像のある山の斜面


IMG_4983.JPG
階段と仁王像



IMG_4991.JPG
阿弥陀堂


IMG_4982.JPG
説明板


この仁王像は江戸時代のものなのだが,古代の輸送を考える上で貴重な素材を提供していると考えられる。
仁王像の重量は相当に重い。しかし,これらの仁王像は,江戸で作成され,船で小美玉(玉里)まで運搬されたのだ。
古代の墳墓に用いる大きな石材もそのようにして運搬可能なことを証明していることになる。


 小美玉観光協会:安楽寺跡 仁王像
 http://omitan.net/tourism/anrakujiato.html

この記事へのコメント