牛久市奥原町:稲荷山古墳

2014年のことだが,稲荷山古墳(茨城県牛久市奥原町)のある稲荷社を参拝し,その周辺を拝見してきた。国道408号線から工業団地に入るT字路交差点道路西側の側道(旧道)のような小路の脇から登る急峻な階段がある。この階段を登ると,この側道(旧道)がつながっている台地の縁の林の中にある稲荷社に至ることができる。その背後(北側)は,台地上の畑地…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市田土部:香取神社と田土部明神古墳

2014年のことだが,香取神社(茨城県土浦市田土部)を参拝してきた。広い田圃の中を通る農道脇にある神社で,稲荷塚古墳に近接している。主祭神は,経津主神。拝殿の背後に香取神社の本殿,八坂神社及び天神社の3つの社殿が並んでいる。多数の境内社があり,それぞれに標識が立てられ,わかりやすい。これら香取神社以外の神社は,合祀によるものと推察される…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市田土部:稲荷塚古墳

2014年のことだが,稲荷塚古墳(茨城県土浦市田土部)を見学してきた。現況は,広い田の中に孤立して存在する円墳となっている。茨城県内では段丘縁または段丘上に墳丘が造営されることが多いので,ちょっとびっくりする。しかし,現在の田は,現代の機械装置と土木技術を用いて構築された河川堤防とそれによって防護され,大規模に区画整理された圃場だという…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:佐志能神社と丸山古墳

2014年のことだが,佐志能神社(茨城県石岡市染谷)を参拝し,丸山古墳(茨城県石岡市柿岡)を見学した。佐志能神社は,式内社である「佐志能神社」の論社とされ,私もそうだろうと思う。主祭神は,豊城入彦命。丸山古墳は,佐志能神社の背後(北西)にある全長約55mの前方後方墳とされる。佐志能神社の真の御神体なのではないかと考えられる。山の上にも拘…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:佐自塚古墳(佐久2号墳)

2014年のことだが,佐自塚古墳(茨城県石岡市佐久)を見学してきた。佐自塚古墳は,石岡市の中心部からだいぶ北のほう(佐久地区)にある。佐久2号墳とも呼ばれ,全長約60mの前方後円墳とされている。発掘調査の結果,古い時代(4~5世紀)の古墳であると推定されているらしい。もしかすると,石岡市の古墳の中ではシンボル的な存在である舟塚山古墳の被…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市坂:西方鹿島神社裏古墳

西方鹿島神社(茨城県かすみがうら市坂)を参拝し,その境内地にある古墳を拝見してきた。由緒等は不詳。簡素ではあるが立派な社殿であり,その本殿の裏側のところに円墳がある。この円墳が真の御神体なのだろう。境内には多数の境内社等がある。また,拝殿の前に,太鼓のついている面白い石灯籠のようなものがあった。江戸時代後期のもののようだが,見たところ,…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡川島町:氷川神社

過日,氷川神社(埼玉県比企郡川島町下小見野)を参拝してきた。祭神は,不詳。この氷川神社のある下小見野という地域は,地理学及び地学の観点からすると,非常に興味深いところだと思う。過去の河川敷の痕跡等から考えて,自然堤防の一種だろうと思う。そのような低地にも拘らず川島町稲荷塚古墳という古墳がある。ただし,この古墳のある場所まで行ってみたのだ…
コメント:0

続きを読むread more

牛久市:杉下古墳

昨日,杉下古墳(茨城県牛久市遠山町)を見学してきた。庄兵衛新田と向台との間を結ぶ道路の途中の田の中(成井一里塚の北西)にあるのだが,少しだけ高い段丘上に位置している。本当に古墳であるのかどうか,やや謎だ。道路に面した東側の部分も掘削されているけれども,道路からは見えない西側の部分はもっと掘削されている。その断面を見ると,周辺に露頭してい…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:権現山古墳

2014年のことだが,権現山古墳(茨城県小美玉市下玉里)を見学した。この古墳は,生涯学習センターコスモス(茨城県小美玉市高崎)に隣接する小美玉市民家園(茨城県小美玉市下玉里)の駐車場の西側の山の中にあり,その駐車場から続く道を通って徒歩で到達できる。このあたり一帯も高崎城址の一部であると同時に,非常に古い時代からの複合遺跡の包蔵地でもあ…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市高崎:館山神社

生涯学習センターコスモス(茨城県小美玉市高崎)は,高崎城址遺跡の上にある。その建物のすぐ西側の一段低くなったような場所に館山神社がる。祭神は,大山津見神。2014年に生涯学習センターコスモスを訪問した際,この神社を参拝した。境内には様々な石碑や石仏等があり,また,石棺材ではないかと思われるような特徴をもつ敷石等が多数見られる。私が訪問し…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:生涯学習センターコスモスの敷地内に保管さている古墳石棺

生涯学習センターコスモス(茨城県小美玉市高崎)を何度か訪問したことがある。2014年に訪問した際,生涯学習センターコスモスの西側敷地内に保管されている山田峯5号墳(茨城県小美玉市下玉里)の石棺と富士峯古墳(茨城県小美玉市高崎)を見学した。これらの古墳の出土品は,生涯学習センターコスモス内で展示されている。ときどき特別展のようなイベントが…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市神立町:不動塚

2014年のことだが,土浦市神立町字新田のヤマウチというスーパーマーケットの近くを通りがかった際,古墳のようなものがあるのに気づいた。ヤマウチの駐車場にクルマを停めてそこまで歩き,写真を撮っておいた。しかし,それが古墳なのかどうかわからないままでいた。過去に撮った写真を整理する関係から調べ直してみたところ,それは,不動塚(茨城県土浦市神…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:舟塚山古墳

2017年のことだが,舟塚山古墳(茨城県石岡市北根本)を見学した。墳丘の長さ約186mの大きな前方後円墳だ。舟塚山古墳の主軸は,すぐ近くにある府中愛宕山古墳とは,主軸が90度ずれており,その前方部は,現在のつくば市の方向,更には,古代の東京湾を越えて,現在の埼玉県東松山市~坂戸市の方向を指しているように見える。東松山市には大きな前方後円…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:府中愛宕山古墳

2017年のことだが,府中愛宕山古墳(茨城県石岡市北根本)を見学した。この古墳のすぐ近くに古墳見学者のための駐車場があり,そこから周辺の古墳を観て回ることができる。府中愛宕山古墳は,墳丘の長さ約96.6mの前方後円墳とされている。その一部が掘削により変形しているが,全体としては,大きな前方後円墳だとわかる形を維持している。正確ではないが…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:紬の里パークゴルフ場駐車場内にある神社

過日,紬の里パークゴルフ場(茨城県結城市大字結城)の駐車場内にある神社を参拝した。神社名が示されていないので,この場所を含む地域に住むどなたかの私的な氏神社のようなものかもしれない。鳥居の奥に覆堂のようなものがあり,その中に社殿があると推測されるが,よくわからない。その脇に小さな祠(末社?)がある。神社の基壇部は,何となく古墳の墳丘のよ…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:仙太郎稲荷塚古墳

過日,仙太郎稲荷塚古墳(茨城県結城市結城)を見学してきた。曽我殿台古墳群1号墳とも呼ばれている。全長27mの前方後円墳とされており,それらしい形状を維持していると思った。後円部と思われる部分の墳丘上に稲荷神社がある。鳥居の脇,墳丘上などに石碑や祠がある。「仙太郎」との名の由緒は不明。稲荷神社を参拝してから周辺を拝見した。 古墳…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:庚申塚古墳

過日,庚申塚古墳(茨城県結城市結城)を見学してきた。曽我殿台古墳群2号墳とも呼ばれている。全長23mの前方後円墳とされている。庚申塚古墳は,古い街並みの中の狭い道を入ったところにあるので,結構離れた場所にクルマを停め,しばらく歩いて現地に到達した。前方後円墳としての特徴があまり明確ではないように見えた。後世の掘削等によるものかもしれない…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:浅間塚古墳と山の神塚古墳

過日,浅間塚古墳と山神塚古墳(茨城県結城市結城)を見学してきた。浅間塚古墳と山の神塚古墳は,「浅間塚・地の神塚・山の神塚の3基の古墳で構成される松木合古墳群」に含まれる古墳とされているし,浅間塚古墳前の説明板にもそのように記載されている。しかし,地の神塚は,探してみたけれども,見つけることができなかった。 浅間塚古墳「割烹のやど結城ガ…
コメント:0

続きを読むread more

東京都北区:王子神社

王子神社(東京都北区王子本町)を参拝してきた。祭神は,王子大神(伊邪那岐命・伊邪那美命・天照大御神・速玉之男命・事解之男命)。末社として,蝉丸公を祭神とする関神社がある。関神社の脇に毛塚が建立されている。江戸時代に徳川家から特に大事にされた神社とされている。第二次世界大戦の戦災を受けているが,その後復興し,現在に至っているようだ。社殿は…
コメント:0

続きを読むread more

東京都北区:赤羽台第3号古墳石室

中央公園文化センター(東京都北区十条台)の脇(東側)に移設・保存されている赤羽台第3号古墳石室を見学してきた。何やら地下鉄駅入口のような印象を受ける保存建物の中にある。ガラス窓から覗くようになっている。ところが,ガラス窓には汚れがこびりついており,よく見えない。つまり,保存建物の保存の具合が良くないようだ(笑) この保存建物の背後には…
コメント:0

続きを読むread more

東京都北区:四本木稲荷神社

四本木稲荷神社(東京都北区滝野川)を参拝してきた。この神社の基壇部は,直径29m,高さ1mの円墳だとされている。実際に見てみると,何となくそのような感じもするが,あまり明確ではないように思う。この神社の名前の「読み」と由緒に関しては,諸説あるのだが,たぶん下記の「四本木(しほんぎ)稲荷神社」のサイトに書いてあることが正しいのだろうと思う…
コメント:0

続きを読むread more

東京都北区:飛鳥山1号墳

昨日は,幾つかの雑用をこなすためにバタバタしていた。日中に4時間ほど時間が空いたので,その時間を利用して,出先から電車で時間内に往復可能な場所にある飛鳥山公園(東京都北区王子)まで出かけ,そこに現存する飛鳥山1号墳を見学し,また,時間の許す範囲内で周辺の遺跡等を観て回ることにした。飛鳥山公園に古墳が現存することは知っていたが,他にも幾つ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町:松川陣屋跡と豊姫稲荷神社など

過日,松川陣屋跡(茨城県東茨城郡大洗町成田町)を見学し,同陣屋が所在していた台地と同じ台地上にある豊姫稲荷神社を参拝してきた。この台地は,涸沼の東岸にあり,突出した岬状の台地だ。涸沼と涸沼川を往来する船舶の様子をつぶさに監視できる位置にある。それゆえ陣屋が置かれたのだろう。古代においても事情は同じだったと考えられる。現在,この台地の段丘…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町:姫塚古墳

過日,磯浜古墳群の一部を構成する姫塚古墳(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町)を見学してきた。最近の調査結果により,前方後円墳であり,前方部は掘削されて消滅しているということが明らかとなったようだ。現状の姫塚において前方部のように見える部分は,熊野神社の参道とするために後世に盛られたものとのこと。その結果,残存しているのは後円部だけということに…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町:車塚古墳

過日,磯浜古墳群の一部を構成する車塚古墳(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町)を見学してきた。直径約95m、高さ約13mの大きな円墳だ。葺石があり,最近の発掘調査により,周溝があったことが判明したようだ。柵で囲われているが,たまたま草刈り作業をしていた方から「入って良いですよ」と言われ,鳥居のあるところから入り,墳丘を登った。墳頂には祠がある。…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町:磯浜海防陣屋と日下ヶ塚古墳

過日,海防陣屋と日下ヶ塚古墳(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町)を見学してきた。日下ヶ塚古墳を含む磯浜古墳群は,大洗町の中心部にある島状の独立の台地の上にある。古墳造営当時においては,実際に島だったと思われる。町営駐車場にクルマを停め,徒歩で台地下の商店街まで行き,商店街の駐車場にある磯浜古墳群全体の説明版を読んでから,段丘崖にあるやや急な道…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:森戸古墳群

過日,森戸古墳群(茨城県水戸市森戸町)の一部である森戸集落センターの回りにある古墳を見学してきた。森戸古墳群を構成する古墳の大部分は,森戸集落センターの西側にある山林内にあることになっており,夏の間はあまり近づきたくない。森戸集落センターの左に比較的大きな古墳(1号墳)がある。この古墳の前には石碑がある。また,森戸集落センターの前を通る…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:武者塚古墳

過日,武者塚古墳(茨城県土浦市上坂田)を見学してきた。台地の縁に近いところにある。墳丘は存在しないが,地下から石室が発見されたため発掘調査が行われ,貴重な出土品があった。現在,石室に覆う施設が構築され現地で保存・展示されている。通常は鍵がかかっており,窓の外から金網越しに石室を見ることになる。この施設の敷地内には,近隣の武者塚2号墳から…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:室﨑神社

過日,室﨑神社(茨城県稲敷郡阿見町大室)を参拝してきた。阿彌神社(茨城県稲敷郡阿見町竹来)の近隣(北東)にある。祭神は,天児屋根命。小さな神社なのだが,道路の曲がり角のところにあり,何となく気になっていた。参拝の後,境内地を拝見した。段丘地の縁の岬状に突出した地形のところにある。もしかすると,この神社の本殿あたりには,かつて古墳が存在し…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:古凍古墳群15号墳

先日,古凍古墳群15号墳(埼玉県東松山市古凍)を見学してきた。古凍古墳群14号墳のあるところから西方へ約200mの畑の中(下今泉バス停留所の東方)にある。畑の中に立ち入ることができないので,道路からズームで写真を撮影した。近い将来,この畑地も宅地化し,この古墳を道路から見ることができなくなるのではないかと想像した。 古凍古墳群…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:かんべ塚古墳

先日,かんべ塚古墳(埼玉県東松山市大字古凍)を見学してきた。円墳とのことなのだが,かなり掘削されてしまっており,円墳には見えない。それでもだいぶ大きな古墳だったことを想像するのに十分なだけの大きさの盛土が残っている。標識等が一切存在しないのでとてもわかりにくいけれども,どうにかこうにか到達できた。
コメント:0

続きを読むread more

東松山市古凍:吉祥寺・八幡神社・根岸稲荷神社古墳(古凍古墳群20号墳)

先日,埼玉県東松山市大字古凍にある天台宗・吉祥寺,八幡神社,根岸稲荷神社を参拝し,同稲荷神社の基壇部となっている古墳を見学してきた。吉祥寺の隣りに天満宮がある。吉祥寺の裏側(西側)にある畑地の農道を東の方に少し歩くと根岸稲荷神社がある。一見すると小さな円墳のように見えるが,掘削により前方部が消滅し,前方後方墳の後方部だけが残ったものなの…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:古凍古墳群4号墳と14号墳

先日,東松山市古凍にある古凍古墳群4号墳と14号墳を見学してきた。直径約31m,高さ約5mの円墳であり,古凍古墳群で現存する最大の古墳とされている。この4号墳に隣接する東方~北東の地域には多数の古墳が密集していたらしいのだが,過去において掘削されており,現状は建物敷地や道路敷地になってしまっているので,見ることができない。古凍4号墳の近…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:おくま山古墳(柏崎1号墳)と柏崎3号墳

先日,埼玉県東松山市大字古凍にあるおくま山古墳(柏崎1号墳)と柏崎3号墳を見学してきた。おくま山古墳は,熊野山古墳とも呼ばれる。その墳頂には,熊野神社がある。墳長約62mの前方後円墳であり,前方部端に鳥居があり,前方部を参道としている。過去に実施された発掘調査により,馬蹄形の周溝が発見され,そこに倒れ込んだものと推定されている盾持ち型の…
コメント:0

続きを読むread more

結城市鹿窪:香取神社

過日,香取神社(茨城県結城市鹿窪)を参拝してきた。祭神は経津主神。この神社は,保戸塚古墳のすぐ近くにある。香取神社の鳥居から拝殿までの比較的長い参道の途中に七社宮(境内社)がある。その基壇部は古墳のような形をしているけれども,古墳であることを示す記録を見つけることはできなかった。香取神社の社殿は,平成15年に社殿等の修復後のものとのこと…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:保戸塚古墳

過日,保戸塚古墳(茨城県結城市鹿窪)を見学してきた。段丘縁の道路側(東側)には古墳であることを示す標識等はないが,段丘上(西側)にはその表示がある。保戸塚古墳は,直径約20mの円墳とされているけれども,かなり掘削された部分があるようで,現状は,あまり綺麗な形をしていない。墳丘上には小さな祠があるとのことなのだが,墳丘には上らなかった。 …
コメント:0

続きを読むread more

結城市:林八幡塚古墳陪塚

過日,林八幡塚古墳陪塚(茨城県結城市林)を見学してきた。道路に面したところにその表示がある。そもそも小さな古墳なのだが,小さな林の中にあり,しかも,私有地の中にあるとのことなので墳丘に登って見て回ることもはばかり,林の外からだいたいの様子を見るだけにした。名称は「陪塚」となっているけれども,その由来は不明。 林八幡塚古墳は,林八幡塚古…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:備中瓢箪塚古墳と小備中塚古墳

過日,備中瓢箪塚古墳(茨城県結城市上山川)を見学してきた。元は大きな前方後円墳だったらしいのだが,現在では大きく掘削されてしまっており,長楕円形の扁平な低い丘のようにしか見えない。どちらが前方部でどちらが後方部なのかもわからない。扁平な丘状となっている墳丘は,公園として二次利用されている。私が訪問した時には,墳丘上の樹木の伐採作業をやっ…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:備中塚古墳

過日,備中塚古墳(茨城県結城市上山川)を見学してきた。遠くから見ても古墳だろうとわかる大きな森に包まれている。この古墳は,墳丘の直径約67メートルの円墳であり,この地域において最大クラスのものだそうだ。 道路に面して古墳の説明板がある。しかし,笹が生い茂り,墳丘に上る道が判然としない。「これは無理かな~~」と思いながら古墳の周りを歩い…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:野本将軍塚古墳

野本将軍塚古墳(埼玉県東松山市下野本)を見学してきた。長さ約115mの前方後円墳とされているが,前方部の先端部分がかなり破壊されているので,元はもっと長い古墳だったと思われる。後円部がとても高く,堂々たる王者の古墳だ。最近の調査研究結果によれば,4世紀頃の古い時代の古墳だと考えられるようになったとのことだ。古墳全体が樹木で覆われており,…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:野本陣屋跡と無量寿寺

曹洞宗・利仁山無量寿寺(埼玉県東松山市下野本)を参拝し,同じ場所にある野本陣屋跡を見学してきた。鎮守府将軍・藤原利仁の居館が始まりということになっているようなのだが,実質的には,中世の野本氏の館として構築された城と考える見解が多い。現在,その場所には無量寿寺がある。無量寿寺の本堂裏には土塁跡があり,また,墓地内にもそれらしい痕跡があるけ…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:毛塚1号墳

毛塚1号墳(埼玉県東松山市毛塚)を見学してきた。住宅地の中に児童公園のような感じで整備された場所にある。円墳とされているけれども,前方後円墳の前方部のような連続する盛土部分がある。近隣地には「毛塚」と名付けられた古墳が複数存在しているようなので,時間があれば主要な古墳を観て回りたかったのだが,今回は時間的に無理だったので,この1号墳だけ…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:島田天神社

クルマで移動中,たまたま天神社(埼玉県坂戸市島田)の前を通りがかったので,そこでクルマを停め,参拝することにした。ちょうど夏祭りの準備中のため,社殿を清めている途中のようだった。ただし,昼食中らしく,境内内には誰もいなかった。参拝してから境内を拝見すると,多数の石碑のようなものがあり,そして,富士塚があった。その上には「富士山浅間大神」…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:勝呂廃寺跡

勝呂廃寺跡(埼玉県坂戸市石井)を見学してきた。その範囲はかなり広大なものと推定されている。しかし,現時点で復元公開されている部分は,狭い範囲だけだ。現在公開されている地点を含む周囲の地域の地下には,この廃寺の遺跡が眠っているのだろう。 勝呂廃寺には五重の塔が存在したと推定されている。廃寺の所在地が段丘の中でも最も標高の高い地域にあり,…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:勝呂神社と古墳

勝呂神社(埼玉県坂戸市石井)を参拝し,同社の基壇部となっている勝呂神社古墳を拝見してきた。勝呂神社は,四道将軍の中の1人として名高い渟河別命ゆかりの神社としても有名で,現在の主祭神は,菊理姫命・伊奘諾尊・伊奘冉尊,配祀神は,建渟河別命・豊入彦命となっている。境内社として,勝實稲荷社、金守稲荷社、八幡社、熊野権現、箭弓稲荷、氷川社がある。…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:塚越神社(義家塚)

塚越神社(埼玉県坂戸市塚越)を参拝した。小さな塚の上に祠があるだけの簡素な神社なのだが,源頼朝の命により,源義家を祭神として創始された神社とのことだ。古い時代の古墳を二次利用した塚のようで,横穴式石室が見つかっているとのこと。古墳としての名称は,「義家塚」なのだそうだ。
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:東光寺と雷電塚古墳群3号墳

昨日,真言宗智山派・薬王山東光寺(埼玉県坂戸市小沼)を参拝し,その境内地にある雷電塚古墳群3号墳(東光寺古墳)を拝見してきた。雷電塚古墳群3号墳は,直径約20mの円墳とされている。雷電塚古墳群3号墳は,東光寺の裏側(北側)にある。そこからは墳丘の一部しか見えない。東光寺の北側道路から塀越しに見ると,その全体を見ることができる。雷電塚古墳…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:雷電塚古墳(雷電塚古墳群1号墳と2号墳)

昨日,どうにか天気がもちそうな感じだったので,埼玉県坂戸市方面まで出かけ,幾つかの古墳と史跡を見てきた。市街化が進んでいるとはいえ,まだまだ古墳が多数残されている。それら坂戸市に残る古墳の中でも雷電塚古墳(埼玉県坂戸市小沼)は最も有名なものかもしれない。雷電塚古墳は,雷電塚古墳群を構成する古墳の1つで,雷電塚古墳は,雷電塚古墳群1号墳と…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマユリ

野山を散策していると,ユリが生えているのを見かけることがある。特に古墳の墳丘等で見かける。ただ,葉と茎だけで種類を見分けるだけの能力はないので,「たぶんヤマユリだろうな・・・」と思いつつ,花が咲いている時でないことを残念に思うことがしばしばある。しかし,花が咲いている時期というものは,蛇,スズメバチあるいはマダニ等の有害な生き物も活発に…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:上野国新田郡庁跡

過日,上野国新田郡庁跡(群馬県太田市天良町)を見学した。各地で郡庁跡の遺跡が発掘されているけれども,史跡公園として整備・公開されている例は意外と少ない。現地に行ってみると,説明板があるだけで,実際には単なる畑の状態となっていることを知り,がっかりすることがある。都市化されてしまっているところでは,そもそも無理だろうと思うし,畑地でも買収…
コメント:0

続きを読むread more

水瓶

綿貫観音山古墳(高崎市綿貫町)からは中国製と推定される水瓶が出土している。この水瓶は,法隆寺・木造観音菩薩立像(国宝)が左手に下げている瓶とも酷似している。私見によれば,瓶を手に下げる観音は,聖杯を手にする帝王または釈尊の像と(観念上)対をなすもので,宗教上の意味合いだけではなく,ある種の政治的意味合いももつものだと考える。聖杯を手にす…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡吉見町:吉見百穴と黒岩横穴墓

2017年のことだが,埼玉県比企郡吉見町にある吉見百穴と黒岩横穴墓を見学した。しばしば初等・中等教育における社会科見学等の場所とされるところなので,訪問したことのある人はかなり多数に及ぶのではないかと思う。古代史に興味がない人にとっては「ただの穴」に過ぎない。また,現代史に興味のある人にとっては,吉見百穴遺跡の中に掘られている第二次世界…
コメント:0

続きを読むread more

謎のセリ科植物

散策中にたまたま出逢った。丈は1mほど。イヌトウキ(Angelica shikokiana)の葉と良く似ている。ヒュウガトウキ(Angelica furcijuga)の葉とも若干似ているが,異なる。シシウド(Angelica pubescens),トウキ(Angelica acutiloba),コウホン(Angelica sinensi…
コメント:2

続きを読むread more

つくば市:妻木神社

過日,妻木神社(茨城県つくば市妻木)を参拝してきた。「妻木」は「さいき」と読む。かつて,この周辺に鎮座していた天神社(菅原道真公),諏訪神社(建御名方命)及び鹿島神社(武甕槌命)の三社を合祀した神社とのことだ。非常に古い神々と天神(菅原道真公)とを同じ場所で祀っているという点に非常に興味を惹かれる。體見神社との関係から考えてみても,更に…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:泊崎弘法大師堂

過日,泊崎弘法大師堂(城県つくば市泊崎)を参拝した。大師堂下に駐車場があるが,その駐車場まで至る道が狭いので,若干緊張した。この大師堂は,牛久沼に突き出た半島状の台地の南端にあり,そこからは牛久沼のかなりの部分を見渡すことができる。古代の牛久沼は,霞ケ浦の一部だったので,現在では田や宅地になっている部分を含め,相当遠くまで,航行する船舶…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:山名稲荷塚古墳

過日,山名稲荷塚古墳(群馬県高崎市山名町)を見学してきた。円墳ということなのだが,現状は掘削によりかなり変形されている。墳丘上に稲荷大明神が祀られている。かつて盗掘に近い状態で石棺が掘り起こされたことがあるそうなのだが,出土品の所在は不明,その後稲荷大明神の脇に置かれていたという舟形石棺も現在は存在しない。きっと当時の警察当局も見て見ぬ…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:山名古墳群

過日,山名古墳群(群馬県高崎市山名町)を見学してきた。山名古墳群は,山上碑のある山の山麓に所在している。「山名」と「山上」は,元は同じだったのではないかと思われる。山名古墳群の駐車場に案内板があり,それに従って歩けば全部見て回ることができるのだが,実際には結構広い範囲の土地なので,途中でよくわからなくなってしまうかもしれない。私の興味は…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:国王神社

過日,平将門を祭神とする国王神社(茨城県坂東市岩井)を参拝してきた。この神社のある場所は,平将門の終焉の地とされている。歴史において,敗者は悪者とされ,本当は勝者のほうが悪辣でも記録が改竄または抹消されてしまうのが当たり前のことなので,真実は誰にもわからない。しかし,単に武力が優れているということだけで人々が支持することなどあり得ない。…
コメント:0

続きを読むread more

香取市:小見川城山公園と古墳

過日,城山公園(千葉県香取市小見川)を訪問した。この場所は,古代の古墳群のある場所であると同時に,小見川城址でもある。香取周辺の海(古代の霞ケ浦)を一望できる場所にあるので,古来,政治的・軍事的に非常に重要な場所であったと思われる。公園内には,移築・復元された城山1号墳(円墳)があり,また,墳丘上に天満宮が建てられている城山13号墳(長…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:大宮神社

過日,大宮神社(茨城県稲敷郡美浦村土浦外十六大字入会字岡平)を参拝してきた。祭神は,天照皇大神・日本武尊・天太玉命。陸平貝塚から少しだけ山道を登ったところにある。古い神社であり,その起源は,『常陸國風土記』の時代を遡るのではないかと思われる。参拝の後,その周辺を拝見した。 かつて,この神社の西側には前方後円墳が存在していたようだ。それ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:陸平貝塚

過日,陸平貝塚(茨城県稲敷郡美浦村土浦)を見学してきた。この貝塚のある山の南側麓に美浦村文化財センターがあり,そのすぐ下のところに比較的良い駐車場がある。そこにクルマを停め,徒歩で貝塚のあるところまで登った。この地域は,古代においては霞ケ浦に浮かぶ小島のような地形であり,一般に,景行天皇と倭武ゆかりの「浮島」の地に該当すると考えられてい…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:信太美駒古墳群

過日,信太美駒古墳群(茨城県稲敷郡美浦村美駒)を見学してきた。この古墳は,日本中央競馬会(JRA)の非常に広大な施設の一部であるトレーニングセンターのところにある。トレーニングセンターの駐車場にクルマを停め,古墳公園となっている古墳群の様子を見学した。古墳群は,駐車場の北西側及び南東側の2箇所に分かれており,北西側には1号墳~8号墳があ…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市栗崎町:栗崎北古墳

先日,栗崎北古墳(茨城県水戸市栗崎町北)のある香取神社を参拝し,その神社の基壇となっている古墳を拝見してきた。宅地化が徐々に進んでいるとはいえ,のどかな農村風景がまだ主体となっている地域の道路脇に小さな森があり,その森の中に香取神社の小さな社殿がある。その社殿は,比較的大きな石の積石の上に乗っている。この積石の石材が石棺石の二次利用であ…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:御前塚古墳

過日,御前塚古墳(茨城県笠間市泉)を見学した。直径約60mの大型の円墳とのことだ。古墳正面のあたりに比較的ゆったりとした駐車スペースがあり,とても助かる。この古墳は,台地の縁にある。現在では住宅や木々によって視界を遮られているが,古代においては,それらのものが存在せず,かなり遠くまで見渡すことができたのではないかと想像する。 …
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市花野井:富士神社

過日,クルマで移動中,たまたま富士神社(茨城県小美玉市花野井)の前を通りがかった。道路脇にクルマを停め,参拝することにした。素人の直観に過ぎないが,この神社の基壇部全体が古墳なのではないかと思う。ただし,公式には古墳という扱いを受けていない。神社の境内地には,境内社(鹿島神社・大六神社・八坂神社)のほか,青面金剛と思われる石仏があった。…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:上州綿貫不動尊と不動山古墳

上州綿貫不動尊(群馬県高崎市綿貫町)を参拝し,不動山古墳を見学してきた。上州綿貫不動尊の基壇部の全部が全長約98mの前方後円墳である不動山古墳となっている。この古墳の前方部は,普賢寺裏古墳と同様,南西の方向を指している。古墳の後円部の墳頂に上州綿貫不動尊があり,その背後に出土石棺が展示されている。この石棺は,舟形石棺と呼ばれるもので,非…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:普賢寺裏古墳,岩鼻21号墳,綿貫町堀米内1547所在古墳,岩鼻18号墳

綿貫観音山古墳(群馬県高崎市綿貫町)を再訪し,その周辺に残っている古墳を見学してきた。綿貫観音山古墳の前方部は,現在では湮滅してしまっているが旧陸軍岩⿐⽕薬製造所付近にあった二子山古墳の前方部の指す向きと正反対になっており,非常に興味深い。しかし,今回の主たる見学対象は,綿貫観音山古墳それ自体ではなく,その周辺の古墳群だった。 普賢寺…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:勅使塚古墳

過日,勅使塚古墳(茨城県小美玉市張星)を見学してきた。墳丘の直径約30mの円墳とされているが,現状では,周堀が埋められており,墳丘も掘削されているため,何となく方墳のように見える。墳丘に登ってみても何もない。 全景 説明板 この古墳を訪問した時には,路傍にコヒルガオ(Calystegia hederac…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:愛宕山古墳群

過日,愛宕山古墳のある古墳群(茨城県小美玉市花野井・旧美野里町)を見学してきた。この古墳群を訪問するのは2度目になる。古墳群の前を通る道路から見ると森があるようにしか見えないが,説明板のあるあたりからも幾つかの円墳を見ることができる。そのあたりから奥の方に入る小路があり,そこを進むと愛宕山古墳に至ることができる。墳丘の直径が約50mの円…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:桃山古墳

過日,桃山古墳(茨城県小美玉市下玉里)を訪問した。立派な説明板がある。しかし,草木に覆われてしまっていて墳丘を識別することがほぼ不可能な状態になっていた。蛇や蜂などがいる可能性があるので,藪に分け入って墳丘を見ることも断念した。残念。 擁壁のある部分が古墳の一部 説明板
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:玉里舟塚古墳と玉里舟塚古墳群3号墳

過日,玉里舟塚古墳と玉里舟塚古墳群3号墳(茨城県小美玉市上玉里)を見学してきた。玉里舟塚古墳は,墳丘の長さ約88mの前方後円墳とされている。正確ではないが,その前方部は,鹿島神宮の方向を指しているように見える。発掘調査により,埴輪等が大量に発見され,明治大学博物館に収蔵・展示されている。玉里舟塚古墳が造営された年代に関しては,忽那敬三「…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:安楽寺古墳

天台宗・安楽寺(群馬県高崎市倉賀野町)の境内地にある安楽寺古墳を見学してきた。参拝した後,安楽寺とその周辺を拝見した。 安楽寺古墳は,安楽寺の本堂の裏にあり,本堂から石室内にある仏像を拝むことができるらしい。この仏像は,石棺の外側側面に彫られたもので,鎌倉時代の作とされているから,その部分への通路となっている石室部分を含め,古墳の二次…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市倉賀野:浅間山古墳

浅間山古墳(馬県高崎市倉賀野町)を見学してきた。この地域にある古墳の中では最も大きく,墳丘長約122mの前方後円墳とされている。周堀が綺麗に保存されているが,周掘及び墳丘ともに私有地のようで,立入禁止の表示があちこちに設置されていた。その外周にある道路を歩きながら古墳の姿を観た。ちょうど除草作業が行われていたらしく,動力カッターの音がし…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:庚申塚古墳

庚申塚古墳(群馬県高崎市下佐野町)を見学してきた。直径約40mの円墳とされている。墳頂に石棺の一部などの遺物が露出した状態だったらしいのだが,現状は,全体が樹脂のシートで覆われ,その上に多数のソーラーパネルが設置され,しかも,ソーラーパネルが設置されているあたりを柵で囲んであるので,とても古墳であるようには見えない。無論,古墳であること…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:大山古墳と光雲寺

大山古墳(群馬県高崎市下佐野町)を見学してきた。直径約56m・高さ7mの円墳とのこと。大山古墳の近くに寄ることができなかったので,周囲の道から見たり,大鶴巻古墳の墳頂から眺めたりした。全体が樹木で覆われているため,墳丘の形がわかりにくく,遠くからだと森のようにしか見えない。大山古墳を観るために周辺道路を移動中,曹洞宗・大用山光雲寺の前を…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:小鶴巻古墳

小鶴巻古墳(群馬県高崎市倉賀野町)を見学してきた。墳丘長約87.5mの前方後円墳とのことで,大鶴巻古墳の北側に隣接している。かつては周堀があったと考えられているが,周堀があったはずの部分は,現状では道路や住宅地等になっており,住宅街の中に孤立して存在する墳丘のような体裁になってしまっている。小鶴巻古墳の後円部は比較的良く保存されているの…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:大鶴巻古墳

大鶴巻古墳(群馬県高崎市倉賀野町)を見学してきた。墳長約123mの前方後円墳とされている。実際に見学すると,確かに大きな古墳だと思う。前方部は,すぐ近くにある浅間山古墳と同様,現在の行田市の方向を向いている。別の古墳を見学した後,南西側の道路から前方部に至り,墳丘を見学した後,同じ前方部端から降りて別の場所に移動したので,うっかり説明板…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:三島神社

三島神社(群馬県高崎市石原町)を参拝し,その基壇部となっている三島塚古墳を拝見してきた。直径約58m,高さ約5.5mの円墳とのことで,大きな円墳の中に入るのではないかと思う。説明版によると,彦狭島王の墓所との伝承があるのだそうだ。「狭島」彦と「少」彦とは,何となく似ている。三島塚古墳の墳頂には,三島神社の社殿のほか,北辰鎮宅霊符尊の碑等…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:小祝神社

式内社である小祝神社(群馬県高崎市石原町)を参拝してきた。祭神は少彦名命。現在の境内地はそんなに広くはないが,たぶん,元はもっと広い境内地をもつ神社だったのだろうと想像する。実際に参拝してみて,近隣にある三島塚古墳(三島神社)は,小祝神社と密接な関連性をもつというような印象を受けた。社殿は,本殿・幣殿・拝殿が一体となった様式のもので,同…
コメント:0

続きを読むread more

下野市:別処山古墳

過日,別処山古墳(栃木県下野市絹板)を見学してきた。この古墳は,別処山公園の南側の駐車場のところにある全長約37mの前方後円墳だ。この古墳からは日本の古代史を考える上で非常に貴重な遺物が発掘されている。墳丘は整備されており,見学しやすい。ただし,石室内にはペットボトル等の多数のゴミが不法に投げ込まれており,非常に残念だった。管理事務所は…
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:芝宮古墳

過日,芝宮古墳(群馬県富岡市七日市)を見学した。ヤクルト群馬ヤクルト 販売富岡サービスセンターの脇にある普通の円墳だ。特に変わったところがあるわけでもないので,人々の注意を惹くこともないだろうと思う しかし,このタイプの普通の円墳は,私にとっては非常に興味深い考察の対象を提供してくれる。近時,各地域において,当該地域の最上位の支配者か…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:今泉愛宕塚古墳

過日,今泉愛宕塚古墳(茨城県土浦市今泉字原田)を見学してきた。今泉愛宕古墳は,古代の集落遺跡の上につくられている紫ケ丘公園の北西のところにあり,前方後円墳とされている。墳丘の前には参道と鳥居があり,墳頂には愛宕神社がある。参拝してから周辺を拝見した。鳥居から少し進んだ場所あたりから社殿の前のあたりまでの部分が前方部であり,社殿は後円部の…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:多胡碑

過日,多胡碑を見学してきた。この石碑も生きている間に是非とも実物を観たいと思っていた石碑の1つだ。多胡碑の所在地については諸説あるが,現時点では,多胡碑記念館(群馬県高崎市吉井町池字御門)の敷地内で保存されている。多胡碑記念館では,多胡碑と関連のある文物が多数展示されており,とても勉強になった。また,その敷地内には南高原1号墳と片山1号…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡多古町:松崎神社と北条塚古墳

過日,松崎神社(千葉県香取郡多古町松崎)を参拝し,その社殿の背後にある北条塚古墳を見学してきた。松崎神社の主祭神は,倉稲魂命・邇邇芸命・大宮比売命。境内地に子安神社と白髭神社があり,墳丘上にも幾つかの祠がある。宝亀3年(西暦772年)の創建で,坂上田村麻呂ゆかりの神社とのことだ。社殿の前には「空海の逆さ公孫樹」と呼ばれるイチョウの巨木が…
コメント:0

続きを読むread more

香取市:山倉大神

過日,山倉大神(千葉県香取市山倉)を参拝してきた。山倉神社の現在の祭神は,高皇産霊大神・建速須佐男大神・大国主大神だが,江戸時代までは真言宗山倉山観福寺別当として大六天王社の総社だったそうだ。この神社では「山倉の鮭祭り」という行事が行われるとのこと。かつては,このあたりまで鮭が大群で遡上し,冬期間の貴重な蛋白源となっていたのだろう。社殿…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市栗崎町:愛宕神社古墳

愛宕神社古墳(茨城県水戸市栗崎町)を見学してきた。栗崎町にある愛宕神社の基壇部の全部が愛宕神社古墳(円墳)とされている。墳頂に愛宕神社がある。参拝した上で,その周辺を拝見した。 全景 愛宕神社古墳の標柱 鳥居 墳頂付近 社殿 愛宕神社土地奉納碑
コメント:0

続きを読むread more

旭市:稚兒霊社

別の古墳を見学するために移動中,たまたま,稚兒霊社(千葉県旭市鏑木)の前を通った。道路脇の大丈夫そうなところにクルマを停め,参拝することにした。祭神は不明だが,鳥居の手前のところに「三夜大月大子・一三夜月大王・一六夜大王」の古碑と祠がある。稚兒霊社の基壇部は,円墳または中世以降の信仰塚と思われる。 鳥居 社殿 …
コメント:0

続きを読むread more

旭市:長津念仏塚古墳と御前鬼塚古墳

過日,御前鬼塚古墳(千葉県旭市鏑木)を見学しようと思いクルマで移動中,たまたま,長津念仏塚古墳(千葉県旭市鏑木)の前を通った。クルマを道路脇に停めた。道路側から見ると墳丘だけが見えるが,その裏側は墓地となっている。この地の人々の代々の墓所なのだろう。合掌してから墳丘を拝見した。長津念仏塚古墳の周辺には現在でも比較的多くの古墳が残されてい…
コメント:0

続きを読むread more

つくばみらい市:清安山不動院願成寺(板橋不動尊)

過日,「板橋不動尊」として広く知られる真言宗豊山派・清安山不動院願成寺(茨城県つくばみらい市板橋・旧茨城県筑波郡伊奈町)を参拝してきた。大同年間の開基とされる古い寺院なのだが,戦火により堂塔が全て消失し,現在あるものは文禄年間以降のものなのだそうだ。しかし,楼門,本堂,三重塔等は,いずれも立派なもので,その前を通る道路からもかなり目立つ…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市若柴町:八坂神社

過日,八坂神社(茨城県竜ケ崎市若柴町)を参拝してきた。祭神は,須佐之男命。境内地内に多数の境内社がある。 八坂神社は,中世の城跡の一部である立派な土塁に囲まれているが,台地の縁にあり,もし土塁がなければ眼下の低湿地や古代の霞ケ浦の一部だった牛久沼まで見通せる位置にある。素人なので間違っているかもしれないが,八坂神社の基壇部は,比較的大…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:矢尻北古墳

過日,矢尻北古墳(茨城県結城郡八千代町栗山)を見学した。広い畑の中の農道を歩いて到達する台地の縁にある。目立たない古墳だが立派な円墳。城山古墳群を構成する古墳の1つとされているけれども,現在ではこの1基しか残されていないようだ。古墳のある場所は,木々で覆われているけれども,古墳造営当時には樹木がなかったと推定される。そこからは,かなり遠…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:玉井

過日,玉井乃跡(茨城県小美玉市上玉里)を見学した。井戸があるわけではなく,その場所であることを示す碑と説明板があるのみ。ややがっかりしながら道路を歩いていると,ハサミムシの仲間がその道路を横断中であることに気づいた。よく見ると,ちょっと変わっている。後日調べてみたところ,どうやらヒゲジロハサミムシ(Anisolabella margin…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市関舘:八幡神社

過日,関城(茨城県筑西市関舘)の遺跡内にある八幡神社を参拝してきた。南北朝の戦乱の当時の土塁が良く残されている台地の縁のあたりに所在している。一見すると,特に変わったところのない神社のようにも見えるが,何となく,円墳を削平して基壇を構築し,その上に築造された神社なのではないかというような感じがする。この神社の近くには,戦闘に際して土塁の…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:大日霊貴社と菅谷天神塚古墳

大日霊貴社(茨城県結城郡八千代町菅谷)を参拝し,その基壇となっている菅谷天神塚古墳を拝見してきた。『日本書紀』には「於是 共生日神 號大日孁貴」、「一書云天照大神 一書云天照大日孁尊」とあるから,大日霊貴(おおひるめむち)とは「天照大神」の本名ということになる。古墳としては,直径40メートル,高さ5メートルの円墳とされている。ただし,社…
コメント:0

続きを読むread more

下野市:龍興寺と道鏡塚

過日,真言宗智山派・生雲山龍興寺(栃木県下野市薬師寺)を参拝し,その境内地の中にある道鏡塚を見学してきた。この塚は,6世紀の古墳とされており,仮にこの古墳に道鏡が葬られたのだとすれば,既存の墳丘を二次利用し,御骨を埋葬したのだろうと想像する。龍興寺は,過去においては現在のものよりもはるかに大きな境内地をもつ大規模寺院だったらしいのだが,…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市:大六天古墳

先日,大六天神社(茨城県竜ケ崎市羽原町下久保)を参拝し,その神社の基壇部分となっている大六天古墳を拝見してきた。この古墳は,現在でも,いばらきデジタルマップ上で古墳(円墳)として表示されている。古墳は,段丘の縁から段丘崖にかけて構築されており,下の方から見ると大きな円墳のように見える工夫がされている。社殿は,とても立派なものだ。古くから…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市加茂:八坂神社

過日,八坂神社(茨城県かすみがうら市加茂)を参拝してきた。この八坂神社は,霞ケ浦の岸に近いところにある。祭神は,須佐之男命。境内社として稲荷神社がある。社殿の神紋を拝見したところ,もし花であるとすれば六弁花の形をしていることが分かった。単子葉類ということになる。ユリ科か,それとも,ラン科か・・・? 拝殿 本殿 …
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市:崎浜横穴古墳群とカキ化石床

過日,崎浜横穴古墳群(かすみがうら市崎浜加茂)を見学してきた。この横穴古墳群は,その周辺地域が約7000年~6000年前の縄文時代に海底だった頃に形成されたカキの化石層の下にある柔らかい地層を利用して造営されたものだ。要するに,霞ケ浦周辺地域は,水面下の状態と陸地の状態とを繰り返している。横穴古墳群は,道路脇にある。この墳墓が造営された…
コメント:0

続きを読むread more

成田山旧本堂・薬師堂

過日,成田山の旧本堂である薬師堂(千葉県成田市上町)を参拝してきた。小さな御堂だが,貴重な文化遺産だと思う。狛犬さんが獅子ではなく,かわいらしい犬の形をしているところが面白い。 全景 薬師堂 説明板 左側の狛犬 右側の狛犬  大本山成田山  https:/…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:物見塚古墳

過日,物見塚古墳(茨城県石岡市高浜)を見学してきた。直径約10メートルの円墳とのことなのだが,樹木が生えており,その形を正確に理解することは難しいかもしれない。この古墳のある台地は,元は府中愛宕塚古墳や舟塚山古墳のある台地と連続するものだったが,現在では常磐線によって分断されており,独立の台地のように見える。その名のとおり物見に使ったも…
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:大井戸古墳

2014年のことだが,クルマで移動中,たまたま通りがかった古墳のような奇妙な神社を見つけ,その写真を撮っておいた。あとで調べたところ,大井戸古墳(茨城県小美玉市下玉里大井戸)だと知った。元は前方後円墳だったのだそうだが,掘削され,現状では前方後円墳だったことが全くわからないような形状になっている。かなり低い低地にある。かつては,古代の霞…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:桑影神社

わけあって過去に撮った写真を整理し続けている。2014年のことだが,桑影神社(茨城県つくば市神郡)を参拝した。祭神は,和久産巣日神,埴山姫命,木花開耶媛命。創祀に関しては様々な伝承があるが,筑波山信仰と関連して非常に古い時代から信仰の場所であったことは間違いないだろうと思う。日本国において養蚕が盛んだった明治時代~大正時代にはかなり賑わ…
コメント:0

続きを読むread more

龍ケ崎市羽原町:稲荷古墳

稲荷古墳(茨城県龍ケ崎市羽原町)を見学してきた。この古墳は,龍ヶ崎市城之内の城之内第三街区公園内に保存されている。かつては,畑地の広がる台地の縁にある古墳であり,そこからは眼下の低湿地や古代の霞ケ浦を遠く見渡せたものと思われる。『龍ヶ崎市史・原始古代資料編』の95頁にある説明によれば,高さ4.5メートル,径25mを測る円墳であり,当円墳…
コメント:0

続きを読むread more

印西市:道作古墳群

過日,道作古墳群(千葉県印西市小林)を見学した。かつては多数の古墳があったのだそうだが,現在では,主要な古墳を主体とする地域が古墳公園として整備され,保存されている。1号墳は、印旛沼西岸地域において最も大きな規模の前方後円墳であり,近年の発掘調査により,箱式石棺が存在することが確認されている。1号墳の前方部は,南西の方向を向いている。そ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:古女子神社

過日,古女子神社(茨城県稲敷郡阿見町掛馬・旧信太郡掛馬村)を参拝してきた。この神社は,式内社である阿彌神社の論社の1つとされている。祭神は,鹿島御子神,配祀神は,建御雷之男命,経津主命,天児屋根命,宇賀之魂命,水波能売命,大日霊命とされている。「古女子」との名は,「鹿島御子」から転じたものだろう。 鳥居 拝殿 …
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:木戸神社

過日,木戸神社(茨城県筑西市木戸)を参拝してきた。本殿は,日枝神社(山王神社・大山咋神),天満宮(菅原道真公),八坂神社(須佐之男命)を祀っている。境内社として,稲荷神社(宇迦之御魂神),白山神社(伊弉諾命),淡島神社(少名彦命),浅間神社(木花咲耶姫命),水神社(速秋津彦命),愛宕神社(火之迦具槌命)がある。稲荷神社は,社殿の北側の林…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:羽鳥天神塚古墳

過日,羽鳥天神塚古墳(茨城県桜川市真壁町羽鳥)を見学してきた。菅原道真の遺骨をこの古墳に一時的に埋納し,その後に大生郷天満宮に埋納し直したとの伝説があるが,発掘調査の結果によると横穴式石室があったということなので,伝説が真実を語るものだとしても,墳丘の一部を一時的に借用したという意味にとるべきだろう。この古墳は,県道41号線(つくば益子…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:西山古墳と大山祇神社

西山古墳(群馬県太田市薮塚町)を見学し,その西側麓にある大山祇神社を参拝してきた。西山古墳は,標高約110mの丘陵上に所在する全長約34メートルの前方後円墳とのことだ。石室は,崩壊の危険があるため,天井部分がコンクリートで補強されている。正確ではないし,尾根を利用して築造された古墳と推定されるので,あまり意味がないかもしれないが,西山古…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:三島神社

三島神社(群馬県太田市藪塚町)を参拝してきた。中世の新田氏ゆかりの神社とのこと。祭神は,事代主神。長円寺のあるあたりから見える三島神社の基壇部の姿は円墳のようだが,それが墳丘であるとは確定されていない。しかし,朝廷の軍事支配が及ぶ前の時代から存在した何らかの礼拝施設であると考えられており,そのような場所に人が埋葬された可能性は高いかもし…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:長円寺と古墳

真言宗・藤光山長円寺(群馬県太田市薮塚町)を参拝し,その境内地にある古墳(藪塚本町25号墳)を見学してきた。 境内地にある古墳は,全長約33.7mの前方後円墳とされているのだが,詳細は分からない。現状は,木々に覆われ,その周囲を庚申塔や石仏等がぐるりと囲む状態となっている。木々の間から墳丘らしきものが見えたけれども,それに登ることは控…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:北山古墳

北山古墳(群馬県太田市藪塚町)を見学してきた。山の上にあり,もし周囲に樹木がなければ,桐生~太田周辺を見渡せる位置(標高135m)にある。説明板によれば,石室の奥壁に漆喰を塗った跡があるとのことなので,信仰と関係する絵画が描かれていたのかもしれないと想像した。もともと開口しており,被葬者の関係者や子孫が墓参をした施設なのかもしれないとも…
コメント:0

続きを読むread more

太田市本町:春日神社

春日神社(太田市本町)を参拝してきた。祭神は,春日神(武甕槌命・経津主命・天児屋根命・比売神)とのこと。 鳥居 拝殿 本殿 本殿背部の彫刻 境内内の摂社として大鳥神社があり,その祭神について,境内内には「日本武尊・大鳥連祖神」との掲示があった。 大鳥神社
コメント:0

続きを読むread more

太田市:オクマン山古墳

オクマン山古墳(群馬県太田市城西町)を見学してきた。肩に鷹のような鳥を乗せた埴輪が出土したことで知られている。この埴輪と類似する埴輪は,保渡田八幡塚古墳(群馬県高崎市保渡田町)の埴輪群像の中にもある。オクマン山古墳は,元は別の場所にあったが,開発に伴い,現在の場所に移設・復元されたものとのことだ。非常に興味深い古墳の1つだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

太田市:鶴山古墳

鶴山古墳(群馬県太田市鳥山上町)を見学してきた。畑の中にある。説明板の直前のところまで耕作されており,墳丘に近づくことができなかった。そのあたりには前方部があったはずで,前方部が現在でも残存していたとすれば,全長約95メートルの前方後円墳の姿を見ることができたはずだ。前方部は,八幡山古墳の方向を向いている。説明板は古く,文字がかすれてい…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:菅原神社と亀山古墳

菅原神社(群馬県太田市鳥山上町)を参拝し,その背後にある亀山古墳を見学してきた。亀山古墳は,前方後円墳とされているけれども,前方部がもともと小さいか,または,後世に掘削・改変されたかのいずれかの理由により,現状としては,張出部のある円墳のような感じに見える。後円部とされている部分は結構大きい。 菅原神社は,天満宮であり,菅原道真公を祭…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:八幡山古墳

八幡山古墳(群馬県太田市大島町)を見学してきた。この古墳は,八幡山の頂上付近を利用して構築されたものなのだが,八幡山それ自体が北方に前方部を向けた巨大な前方後円墳のような形状をしており,極めて興味深い。遠くから見ると,八幡山全体が巨大な前方後円墳の側面のように見える。しかし,八幡山古墳は,全長80メートルの規模のもので,その前方部は南西…
コメント:0

続きを読むread more

はにわ焼き

旅行中に名物もののお菓子を見かけることが多いが,買って食べてみようと思うことはそんなに多くない。しかし,気まぐれで試してみることはある。旅行中に群馬県太田市本町にある万徳本店というお菓子屋さんで「はにわ焼き」というものを売っているのを見かけ,買ってみた。要するに,人形焼の一種なのだが,デザインが可愛らしく,味は結構良いほうだと思った。 …
コメント:2

続きを読むread more

「羊」の謎

日本の古代における関東地方の歴史を勉強していると必ず羊太夫の伝説とぶつかる。しかし,「羊」の意味を解明した学者は,これまのところ存在しないようだ。当時の日本における漢字の用例から考えて,日本の古代においては「め」または「めい」という音を示すことが多いとされる「咩(び)」の略字とも考えられるけれども,よくわからない。過日,上野にある国立博…
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市:大穴塚古墳

過日,大穴塚古墳(茨城県ひたちなか市磯崎町)を見学した。この古墳は,木花咲耶姫神社の基壇の一部となっており,その社殿の裏側に石室の残骸がある。古墳は,周囲ぎりぎりまで住宅に囲まれているため,その全体の姿を見ることが困難なのだが,たまたま近隣に空地(更地)となっているところがあり,その周辺から見たところ,どうにか全体像らしきものを見ること…
コメント:0

続きを読むread more

下野市:甲塚古墳と出土埴輪

2017年のことだが,甲塚古墳(栃木県下野市国分寺)を見学した。この古墳からは多数の人物埴輪等が発見され,その中には顔料が残っているものがあったため,それらの埴輪が置かれた当時の彩色を復元することが可能となっている。修復・復元作業を終えた埴輪は,しもつけ風土記の丘資料館に展示されている。今年になって,再度この資料館を訪問し,展示されてい…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:塚山古墳

2017年のことだが,塚山古墳(栃木県宇都宮市西川田町)を見学した。全長約100メートルの前方後円墳だ。正確ではないが,笹塚古墳と同様,その前方部は栃木県下野市~栃木県壬生町の方を向いている。塚山古墳は,もとは兵庫塚古墳と呼ばれていたらしい。物部と関係する名だろうか。 全体 説明板 説明…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:笹塚古墳

2017年のことだが,笹塚古墳(栃木県宇都宮市東谷町)を見学した。全長約100メートルの前方後円墳だ。前方部は栃木県下野市~栃木県壬生町の方を向いており,その先には足利市があり,更にその先には群馬県の藤岡市がある。 古墳正面(前方部端) 説明板 前方部から見た後円部 後円部…
コメント:0

続きを読むread more

北本市:八重塚古墳群2号墳

2017年のことだが,北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市荒井)の敷地内にある八重塚古墳群2号墳を見学した。特に珍しい古墳というわけではないが,一度破壊されてしまうとそれでおしまいになってしまうので,このように大事に保存されている古墳はとても貴重だ。 全体 説明版 背後から見た古墳 …
コメント:0

続きを読むread more

北本市:コッホ北里神社

2017年のことだが,北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市荒井)の敷地内にあるコッホ北里神社を参拝した。ドイツ人の細菌学者であるコッホを祭神として北里柴三郎が創祠し,北里柴三郎が死去した後には北里柴三郎も合祀されてコッホ北里神社となったとのことだ。現在に近い時代のよく知られた人間が神として神社が創祠された有名な例としては,例えば,乃…
コメント:0

続きを読むread more

桶川市:熊野神社古墳

2017年のことだが,熊野神社古墳(埼玉県桶川市川田谷)を見学してきた。神社に参拝してから神社とその周辺を拝見した。熊野神社の基壇全部が円墳となっている。この古墳からは貴重な遺品が発見され,埼玉県立歴史と民俗の博物館に収蔵・展示されている。神社境内には遺品の出土記念碑がある。 全体 由緒書 説明板 …
コメント:0

続きを読むread more

野田市:岩名古墳

2017年のことだが,岩名古墳(千葉県野田市岩名)を見学した。比較的低地にあるので,干拓工事や治水工事等により陸地が拡大した時代に築造された墳墓ではないかと思う。ただし,その後の地殻変動による地形の変化も考えに入れなければならない。岩名古墳の石室は砂岩を用いて構築されており,比較的脆い。崩壊の危険があるために補強工事をした上で古墳公園と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:若宮八幡宮

過日,若宮八幡宮(石岡市若宮)を参拝した。由緒書によれば,祭神は息長足姫尊・誉田別尊・姫大神。源義家ゆかりの神社ということだ。そのような伝承のある寺社が多数存在する。それらが真実であるとすれば,源義家は,かなり多数の場所で戦勝祈願をしたことになる。おそらく,源義家が祈願した当時においては古代の墳墓または何らかの旧跡がその場所に存在してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市水守:医王寺山門など

つくば市水守にある医王寺山門を見学した。真言宗豊山派とのこと。この山門の周囲には様々な古い石碑が建てられているが,この周辺または別の場所にあったものが集められたものだろうと思う。山門の奥のほうに箱式石棺の石棺材を転用したものと推定される大日如来がある。江戸時代に水戸藩内で流行し,現在では全く消滅してしまった大日信仰と関係するものと思われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more