東松山市:野本将軍塚古墳

野本将軍塚古墳(埼玉県東松山市下野本)を見学してきた。長さ約115mの前方後円墳とされているが,前方部の先端部分がかなり破壊されているので,元はもっと長い古墳だったと思われる。後円部がとても高く,堂々たる王者の古墳だ。最近の調査研究結果によれば,4世紀頃の古い時代の古墳だと考えられるようになったとのことだ。古墳全体が樹木で覆われており,現地に赴いて古墳の全体写真を撮るのがとても難しい。下記の資料の中にある航空写真を観れば,その大きさを更に実感することができる。古墳に向けて道路を走りながら,大きな森が見えてくると,それだけで古墳の大きさを実感できる。
古墳にはくびれ部と前方部の2箇所に登り口がある。鳥居のあるくびれ部から登り,後円部の墳頂にある神社を参拝し,古墳の各部を見学した。この神社は,鎮守府将軍・藤原利仁を祀る神社とのこと。後円部の途中(階段脇)には稲荷社がある。前方部には大きな忠魂碑等が建てられている。
前方部は,やや東に傾いた南方を指している。その方向には,現在の府中市付近があり,更にその先には川崎市~横浜市がある。もしその方向から移動してきた人々と関係する墓所であるとすれば,東海系の人々の支配者の墓所であるかもしれない。「武蔵國争乱」を含め,古代の武蔵國における政治的・軍事的状況の本質的部分に関しては,まだまだ研究の余地が大量に残されているように思う。

IMG_3700.JPG
野本陣屋跡の方から見た後円部


IMG_3698.JPG
説明板


IMG_3701.JPG
鳥居


IMG_3706.JPG
くびれ部から見た後円部


IMG_3720.JPG
後円部墳朝にある利仁神社


IMG_3723.JPG
後円部墳頂にある手水


IMG_3726.JPG
後円部墳頂にある境内社


IMG_3728.JPG
稲荷神社(稲荷大明神)


IMG_3727.JPG
後円部から見た前方部


IMG_3707.JPG
前方部


IMG_3711.JPG
前方部端付近


IMG_3709.JPG
前方部にある忠魂碑


IMG_3730.JPG
前方部


IMG_3736.JPG
東松山市農村環境改善センターの駐車場から見た前方部


 文化財講演会「3D技術でせまる将軍塚古墳の謎」講演資料
 http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/soshiki/kyoikubu/bunkazai/kankobutsu/1512707324010.html

この記事へのコメント