坂戸市:東光寺と雷電塚古墳群3号墳

昨日,真言宗智山派・薬王山東光寺(埼玉県坂戸市小沼)を参拝し,その境内地にある雷電塚古墳群3号墳(東光寺古墳)を拝見してきた。雷電塚古墳群3号墳は,直径約20mの円墳とされている。雷電塚古墳群3号墳は,東光寺の裏側(北側)にある。そこからは墳丘の一部しか見えない。東光寺の北側道路から塀越しに見ると,その全体を見ることができる。雷電塚古墳群3号墳の北側は粗な林になっているのだが,そこに立ち入ることは控えた。雷電塚古墳群3号墳の墳丘上には祠(愛宕権現?)がある。
東光寺の由緒書には,この地がかつては小さな沼と林のある静寂なところだったとのことだ。境内の庭園は,そんなに広いものではないが,苔むしており,その静寂さを現代に伝えるものであると言える。心休まる良い庭だと思う。しばらくの間,その庭をながめた。

IMG_3583.JPG
東光寺本堂


IMG_3570.JPG
由緒書


IMG_3582.JPG
薬師堂


IMG_3581.JPG
石仏など


IMG_3579.JPG
庭園


IMG_3571.JPG
本堂左手から見た雷電塚古墳群3号墳


IMG_3588.JPG
東光寺北側の道路から塀越しに見た雷電塚古墳群3号墳


東光寺を出てそのすぐ前にある畑地のあたりを歩いていたら,小さなカエルが多数はねているのを見つけた。ツチガエル(Rana rugosa)ではないかと思う。「どんな富貴な人でも最後は土に帰る」ということを教えるためか・・・?

IMG_3586.JPG

この記事へのコメント