下野市:龍興寺と道鏡塚

過日,真言宗智山派・生雲山龍興寺(栃木県下野市薬師寺)を参拝し,その境内地の中にある道鏡塚を見学してきた。この塚は,6世紀の古墳とされており,仮にこの古墳に道鏡が葬られたのだとすれば,既存の墳丘を二次利用し,御骨を埋葬したのだろうと想像する。龍興寺は,過去においては現在のものよりもはるかに大きな境内地をもつ大規模寺院だったらしいのだが,現状においてもかなり立派な寺院だと思う。
龍興寺の境内地を散策していたら,「道鏡を守る会」の方に声をかけられた。龍興寺においてその会の会合があったようだ。2019年9月28日13:00~16:00に宇都宮市のコンセーレにおいて樋口馨氏の講演「法王道鏡の墓を発掘する」があるのだという。時間的な余裕があれば聴講してみようかと思う。

IMG_2445.JPG
龍興寺


IMG_2447.JPG
山門


IMG_2479.JPG
縁起の説明板


IMG_2450.JPG
山門の説明板


IMG_2451.JPG
本堂


IMG_2452.JPG
道鏡墓の説明板


IMG_2462.JPG
道鏡墓正面


IMG_2456.JPG
道鏡墓側面


境内地の隅でハンゲショウ(Saururus chinensis)が花を咲かせていた。

IMG_2465.JPG

この記事へのコメント