つくば市水守:香取神社

つくば市水守の香取神社を参拝してきた。祭神は,経津主神。鳥居には「正一位香取大明神」とある。長い参道をもち,静かな神社だと思った。本殿の裏に墳丘のようなものがあり祠が置いてある。これは,古墳だろうと思う。この神社の近辺は,古墳群としては指定されていないようなのだが,私がざっと見たところでは古墳の残滓ではないかと疑われるようなものが散見さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:水守桜塚古墳

午前中は雨だったが,午後になって雨があがったので,水守桜塚古墳(つくば市水守)を見学してきた。この古墳は,発掘調査が行われたほか,精密な測量調査が実施された結果,墳長約59.6メートルの前方後円墳であると判断されるようになったとのことだ。その詳細は,滝沢 誠, 齊木 誠, 福田 誠, 久米 美夏, ブライ・フリバル・ペトラ「つくば市水守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:高浜神社

過日,高浜神社(石岡市高浜)を参拝した。高浜神社は,鹿島社(鹿島神宮)を遥拝するための青屋(仮屋)を起源とする神社とのことで,祭神は武甕槌尊。 現実には,高浜と鹿島神宮との間には行方市のある丘陵地帯(玉造周辺)が存在しており,鹿島神宮はその背後に位置しているため,高浜神社から鹿島神宮を直接に目にすることはできない。しかし,高浜神社の参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:青屋神社

過日,青屋神社(石岡市総社)を参拝した。常陸国国府が存在した地である石岡小学校のすぐ近くにある。かつて国司が着任すると鹿島社(常陸國一之宮鹿島神宮)に参拝することになっていたところ,荒天で高浜から舟を出せないときは,仮の参拝場所として青屋(仮屋)を築き,ここから鹿島社を遥拝して参拝に代えたたのだそうだ。国司といえども尊重せざるを得なかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:常陸国分寺跡

過日,真言宗智山派・浄瑠璃山東方院国分寺(茨城県石岡市府中)の敷地内にある常陸国分寺跡を見学した。金堂と講堂の礎石の列などが残されている。かつての金堂の場所には薬師堂が建立されている。当時の境内地はかなり広かったと考えられるが,現在ではその大部分が都市化してしまっている。この国分寺を訪問した時には桜の花が散り始めている頃で,何やら諸行無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:ふるさと歴史館と舟塚山9号墳箱式石棺

過日,石岡市ふるさと歴史館(茨城県石岡市総社)を訪問し,歴史館の前に移設展示されている舟塚山9号墳出土の箱式石棺と歴史館内に展示されている瓦等を見学した。歴史館は,石岡小学校に隣接する場所にある。この石岡小学校の敷地全体が,かつては常陸国国府の存在した場所であったようだ。 常陸国国府の説明板 歴史館前の屋外に移設展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市:富士山古墳

過日,富士山古墳(茨城県牛久市南町)を見学してきた。この古墳は以前にも訪問したことがある。墳頂に浅間神社があるので,参拝してから周囲を拝見した。古墳のある場所はJR牛久駅東口から南の方に歩いてすぐのところにある。現在の地図上ではわかりにくいけれども,段丘の縁に位置し,そこからは,古代においてはもっと広かったはずの牛久沼を眺望できたと考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:前原古墳

過日,前原古墳(千葉県我孫子市高野山)を見学した。古墳とは言っても地下の埋蔵物が発見されたためにその名があるだけで,現状では,そこに古墳が存在したことを示す標識以外には何もない。しかし,この古墳のある桃山公園からは手賀沼を広く眺望できるから,古代の人々が目にした景観を想像するための適地と言える。現在では段丘崖に樹木が存在するが,かつては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:水神山古墳

過日,水神山古墳(葉県我孫子市高野山)を見学してきた。この地域の段丘上は,その大部分が宅地化されている。水神山古墳は,その段丘の南端縁に位置しており,住宅街のある北側のほうに入口がある。古墳の周囲には樹木が茂っているのでわかりにくいが,現在ても手賀沼を眺望できる場所もある。かつて,手賀沼はもっと大きく,現在では水田等になっている部分のほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:香取神社古墳群

過日,香取神社(千葉県我孫子市高野山)を参拝し,その周辺の古墳群を見学してきた。手賀沼親水広場(千葉県我孫子市高野山新田)にクルマを停め,そこからは徒歩。手賀沼ふれあいラインを西の方に少し歩くと香取神社の標識があり,そこから段丘を登ったところに香取神社がある。この神社の祭神は,経津主神。 香取神社の標識 香取神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:大塚古墳(高野11号墳)

過日,大塚古墳(高野11号墳・茨城県笠間市日沢)を見学した。この古墳は,茨城県動物指導センターの南側隣地にあるのだが,若干見つけにくい。古墳の形状は,後世の掘削等によってだいぶ変形されているのではないかと推定される。現時点においては,7世紀の方墳として分類されている。それにしても,どうしてこのような場所に古墳がつくられたのだろうか。謎だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:高山古墳

過日,高山古墳(茨城県坂東市馬立・旧岩井市)を見学してきた。墳丘はなく,横穴式石室が保存・公開されているだけなのだが,この古墳からは貴重な遺物が発掘され,国立博物館に収蔵されている。 古墳入口の案内表示 説明板 石室 石室 この石室が横穴式石室であることから,仮にその入口が地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市:飯塚前古墳

過日,飯塚前古墳(茨城県ひたちなか市三反田)を見学してきた。長方形墳という非常に変わった形をした墳墓であることがわかっている。最近,城里町にある徳化原古墳も長方形墳である可能性を示唆する発見があった。仏教における土塔の様相(外形)をもった墳墓として理解が可能であるように思われ,おそらく,飛鳥にある蘇我氏の墳墓や前橋市総社町にある墳墓もそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:加波山神社本宮

過日,加波山神社本宮(茨城県桜川市真壁町長岡)を参拝した。大同年間に仏寺として始まり,権現社を経て,明治時代の廃仏毀釈により現在の神社になったとのことだ。湿気の多いところらしく,拝殿前の狛犬さんが苔むしていた。 加波山神社本宮参道と鳥居 拝殿 神紋 本殿 境内社:稲荷神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市:川子塚古墳

過日,川子塚古墳(茨城県ひたちなか市磯崎町)を見学した。説明板によると,全長約85メートルの前方後円墳ということであり,現在でも明確に残っている周濠部分を含めるともっと大きな古墳になる。実際に見てみると,実測値よりも大きな古墳のように見える。この古墳からは太平洋を遠くまで眺望することができるから,沖を航行する船舶の状況を確実に把握ことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田市:巌穴山古墳

巌穴山古墳(群馬県太田市東今泉町)を見学してきた。外見上は円墳のようにも見えるが方墳とのことだ。その歴史的な位置づけに関しては,再考を要する部分が多いのではないかと思った。 正面 説明版 西側から見た様子 東側から見た様子
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利市:機神山山頂古墳と行基平山頂古墳

機神山山頂古墳(栃木県足利市巴町)を見学してきた。古墳のある場所は山の上にあるのだが,古墳近くまでクルマで行くことができ,駐車場もあるので助かる。途中の「もみじ広場」という場所にも若干の駐車スペースがある。ただし,道幅が広くないので,対向車とすれ違う際には神経を使った。もみじ広場の脇に機神山古墳群14号墳という円墳がある。もみじ広場から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利市:八雲神社

八雲神社(栃木県足利市緑町)を参拝してきた。主祭神は素盞嗚男命であり,大己貴命,少彦名命,火具土命を 配祀しているとのこと。由緒を記した説明版を読み,深い因縁のようなものを感じた。本殿の裏にはすぐに足利公園古墳群の前方後円墳である3号墳の墓室がある。この神社のある地は,古代においては,この墳墓に眠る者の祭礼施設だったのだろうと想像する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利公園古墳群

足利公園古墳群(栃木県足利市緑町)を見学してきた。立派に整備された古墳公園であり,駐車場からは眼下を一望にできる。この場所は,下野(下毛)の西端の地を支配した者がその支配地を見渡す場所であり,権威を示す場所であり,そして,軍事的・政治的・宗教的に非常に大きな重要性をもった場所だったのだろうと思う。 両野(両毛)の自然境界であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田市:寺山古墳

寺山古墳(群馬県太田市強戸町)を見学してきた。北関東自動車道の太田強戸PAと太田桐生ICとの間を走行していると南の方向に見える古墳で,一般に,非常に古い前方後方墳として知られている。古墳は,金山の北西に突き出たような半島状の部分の端の尾根上にあり,その南側にある道路部分から登る階段が1箇所だけある。短い階段を登ると石柱と説明版がある。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県下妻市村岡:愛宕山古墳

過日,愛宕山古墳(茨城県下妻市村岡)を見学してきた。この古墳は,仁江戸古墳群を構成する古墳の1つなのだが,この古墳群の古墳の中で明確に識別可能な残存古墳は少ないようだ。古墳は,愛宕神社の基壇部分となっている。その墳頂部に愛宕山大権現を祀る祠がある。古墳としては全長約26mの前方後円墳であり,神社の基壇部分となっているのが後円部で,その裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香取市:仁井宿浅間神社古墳

過日,浅間神社(香取市佐原イ)を参拝し,その基壇となっている全長約70メートルの前方後円墳を見学した。低地にあるのでやや疑問なのだが,古代の自然堤防または小島のようなところに築造されたのではないかと想像される。鳥居から参道を経て後円部に至る。この後円部に石室があったと仮定すると,鳥居の位置は,石室を遥拝するための正しい位置に存在している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:體見神社

過日,體見神社(茨城県つくば市上境)を参拝した。現在は河岸段丘の中腹を掘削して構築した人工的な小台地に所在するが,かつては段丘上に存在し,段丘上の台地にあった真の御神体である古墳を鎮護・遥拝するための神社だったのではないかと考えられる。祭神は,天津日子根命、天久斯麻比士都命、建許呂命とされており,『日本三代実録』に「菅田神」とある国史見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市下馬場:鹿島神社

鹿島神社(茨城県小美玉市下馬場)を参拝してきた。祭神は,建御雷之男神。由緒書によれば,大同2年(807年)に現在の場所に鎮座したとのこと。大同3年には『大同類聚方』が完成したとされており,非常に興味深い時ではある。拝殿前の狛犬が独特で面白い。 鳥居 由緒書 拝殿 本殿 ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:素鵞神社

素鵞神社(茨城県小美玉市小川古城)を参拝してきた。天保11年(1840年)に徳川光圀により素鵞(そが)との社名に改める前は,天王宮との社名だったとのこと。この「天王」とは「牛頭天王(祇園神)」すなわち「須佐之男命」のことを指す。享禄2年(1529年)の創建であり,祭神は建速須佐之男命とのこと。 素鵞神社 拝殿 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:天龍山愛宕神社と夜刀神社

茨城県行方市玉造甲にある天龍山愛宕神社と夜刀神社を参拝してきた。この夜刀神社は,『常陸國風土記』に逸話のある夜刀神社に比定されている神社だ。天龍山愛宕神社の祭神は,愛宕神・火之迦具土神とされており,夜刀神社の祭神は夜刀神とされている。 『常陸國風土記』にある逸話及びその比定地に関しては様々な議論があるが,要するに,朝廷の都合によりこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:天神山古墳

天神山古墳(行方市沖洲)を見学してきた。「沖洲」との地名は,「息栖」と同じだと考える見解が多い。その南に隣接して「羽生」という地域があり,非常に興味深い。霞ケ浦の岸辺にある大丈夫そうなところにクルマを停め,そこから徒歩で古墳のある場所に向かった。天神山古墳の北側には「天神の森」という緑地があり,一応駐車場ということになっているのだが,途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町青宿:鹿島神社と古墳

過日,鹿島神社(茨城県稲敷郡阿見町青宿)を参拝し,その境内地にある古墳を見学してきた。この鹿島神社の境内地にある石碑によれば,永明元年(中国南北朝時代の南斉の元号・西暦483年)に建立され,祭神は建御雷之男神とのこと。説明版によれば,第二次世界大戦の末期にこの付近で多数の予科練生と教員が空襲により亡くなったとのこと。平和のありがたさを心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町立の越:愛宕神社と古墳

過日,阿見町の立の越にある愛宕神社(茨城県稲敷郡阿見町阿見)を参拝し,神社の基壇となっている古墳を見学してきた。立の越公会堂の右脇に急峻な階段がある。その階段を登ると,段丘上に愛宕神社の鳥居があり,神社の基壇と社殿が見える。この基壇部分が古墳だとされている。地元の方から教えていただいたところによると,このあたりには,かつて多数の古墳があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:権現塚古墳

白山神社から更に歩き,田の中の道を通り,白山神社の西側にある山の中にある権現塚古墳(茨城県小美玉市幡谷・市町村合併前は小川町幡谷・旧橘村)を目指した。山麓の道は左右(南北)に分かれるが,北の方向に少し進んだところに富士神社の標識がある。そこから少し登ると富士神社がある。この富士神社の基壇部の全部が権現塚古墳となっている。 権現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市小塙:白山神社

白山神社(小美玉市小塙)を参拝してきた。クルマを三昧塚古墳の駐車場に停め,そこからは徒歩。西側の山道を登って段丘上に出た。段丘上の開けた場所からは,眼下に三昧塚古墳を見下ろし,霞ケ浦を隔てて対岸がよく見える。そこでふと思ったのだが,三昧塚古墳の被葬者が首長クラスであるとすれば,どうして見下ろされるような場所に築造されたのだろうか。また,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:雷神山古墳

雷神山古墳(茨城県小美玉市小川)を見学してきた。駐車スペースがなさそうだったので,駐車できるところにクルマを停め,そこから徒歩で古墳のあるところに向かった。標識や説明版等がないので確実ではないけれども,たぶんこの場所だろうというところに到着し,山林内の狭い山道を進んだ。やや明るいところに出ると,山林内にそれらしいものを見つけることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:地蔵塚古墳

地蔵塚古墳(茨城県小美玉市下馬場)を見学してきた。古墳の墳頂に地蔵堂があるので,この名があるようだ。古墳前にある駐車スペースにクルマを停め,地蔵堂を参拝し,それから古墳とその周辺を拝見した。説明板によると,明治大学考古学研究室による最近の測量調査の結果,元は帆立貝式の古墳であり,中世に大規模に形状が改変されて現在の姿になっているようだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:浅間塚古墳

浅間塚古墳(茨城県稲敷郡美浦村郷中)を見学してきた。ファミリーマート 美浦郷中店の北東の道路脇にある比較的大きな前方後円墳。以前は樹木が繁茂していたけれども,現在では全部伐採されて裸山となっている。後円部の墳頂に小さな祠がある。後円部の墳頂が平坦に掘削されているように見えるから,かつてはもっと大きな神社があったのかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:八幡古墳群

八幡古墳群(茨城県稲敷郡阿見町大形)を見学してきた。かつては15基ほどの古墳があったようなのだが,現在では2つの古墳しか存在しない。しかも,背景地では大規模土木工事が進行中なので,このあたりの数年後の景観は,現在とは全く異なるものとなっているだろう。 八幡1号墳は,方墳のように見えるのだが,記録上では円墳とされている。八幡神社の基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:羽黒古墳

過日,羽黒古墳(茨城県小美玉市竹原・市町村合併前は美野里町)を見学した。古墳造営の様式の中では古式に属するもので非常に貴重なものなのだが,第2次世界大戦当時における改変があった。現在では,その改変が修正され,古墳公園として公開されている。この古墳は,岬状に突き出た台地上にあり,築造当時には,そこから周辺の低地や古代の霞ケ浦の一部を眺め渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:大宮神社

過日,大宮神社(小美玉市上玉里)を参拝してきた。この神社の祭神は,武甕槌命とのこと。重厚な雰囲気の漂う神社だと思う。 鳥居 参道 拝殿 本殿 大宮神社造営の碑 境内社を示す石碑 大宮神社の鳥居前の道路に反対側に小美玉市玉里総合支所があり,その駐車場脇に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:愛宕塚古墳

過日,愛宕塚古墳(茨城県小美玉市下玉里)を見学してきた。少し離れたところにある大井戸湖岸公園の駐車場にクルマを停めてそこからは徒歩。この湖岸公園からは対岸の三昧塚古墳がよく見える。おそらく,霞ケ浦周辺の古墳が築造された当時にはそれぞれの古墳が互いによく見えるようになっており,古代の霞ケ浦を航行する船舶のための目印になっていたのではないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:高瀬行人塚古墳

過日,高瀬行人塚古墳(群馬県富岡市下高瀬)を見学してきた。全長48.5メートルの横穴式石室をもつ前方後円墳であり,葺石があったと考えられている。現状は,後世の掘削等によりかなり変形している。 全景
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:高瀬双子塚古墳

過日,高瀬双子塚古墳(群馬県富岡市中高瀬)を見学してきた。全長約46mの前方後円墳とのことだ。後世の土留めのためのものであるか築造当時のものであるかは分からないが,墳丘には河原石の構造物がある。 全体 後円部 前方部のほうから見た後円部 石積み この古墳を訪問した際には,墳丘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:鴨大神御子神主玉神社

過日,鴨大神御子神主玉神社(茨城県桜川市加茂部)を参拝してきた。式内社であり,もしかすると茨城県内においては最も格式の高い神社なのではないかと思う。また,この神社には鳥居がない。源頼義の山姥退治と関連する伝承があるらしいのだが,私は,本当の理由が別にあると考えている。鳥居の代わりに注連縄を杉の木にかけてある。その注連縄を一の鳥居と同じよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:雷電山古墳(亀塚古墳)

過日,亀塚古墳とも呼ばれる雷電山古墳を見てきた。この古墳は,阿弥陀如来を本尊とする浄土宗雷電山照光寺(茨城県小美玉市上玉里)の敷地内にある。照光寺は,歴史のある立派な寺院なのだが,比較的最近に本堂等の建物が建てなおされたようだ。山門は,文化財となっており,古い時代の姿のままで保存されている。 照光寺山門 照光寺の庭園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:香取神社

過日,香取神社(茨城県結城郡八千代町仁江戸)を参拝してきた。この神社の祭神は,経津主神。そして,この神社の基壇部分は,全長約70メートルの前方後円墳となっている。この地域とその周辺には,かつて多数の古墳が存在したようだ(茨城県常総工事事務所・公益財団法人茨城県教育財団「仁江戸古墳群:主要地方道つくば古河線歩道新設事業地内埋蔵文化財調査報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町竹来:阿彌神社

阿彌神社(茨城県稲敷郡阿見町竹来)を参拝してきた。この神社は,式内社である「阿彌神社」の論社とされている。何度か参拝したが,何度参拝しても素晴らしい神社だと思う。 鳥居 参道 拝殿 本殿 境内社 狛犬がちょっと変わっている。 狛犬 狛犬 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡城里町高久:鹿島神社

過日,鹿島神社(東茨城郡城里町高久)を参拝してきた。この地域の旧名は桂村,更にその旧名は岩船村,更に旧名は高久村とのことだ。鹿島神社の祭神は,その名のとおり建御雷之男神であり,この地域周辺には建御雷之男神が征服のために武力遠征してきた当時の伝承を伝える神社等がある。しかし,この鹿島神社は,坂上田村麻呂と悪路王(アテルイ)の伝承で名高い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常総市:六所塚古墳

六所塚古墳(常総市篠山字神子女)を見学してきた。平将門の父である平良将(918年頃没または930年頃没?)の墓所との説があり,古墳前の説明板にもそのように書かれている。『石下町史』には,「六所塚古墳は平将門を祀ったともいわれるが勿論これは後世の付会である」と書かれており,また,近隣の古墳から過去に発掘された出土品の写真や図面等が示されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:金井沢碑

金井沢碑(高崎市山名町金井沢)を見学してきた。これも生きている間に是非とも実物を観てみたいと思っていた碑文の1つだ。実際に現地を訪問でき,満足。 駐車場とトイレ等の施設が整備されている。そこから,徒歩で木道を登ると,まもなく碑のあるところに至ることができる。 入口付近 保存のための覆いの建物 説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市:七輿山古墳

七輿山古墳(群馬県藤岡市白石)を見学した。非常に大きな前方後円墳であり,羊太夫の伝説で名高い。周濠が明瞭に見て取れる状態で残されており,素晴らしいと思った。ただ,後円部の中間地点にある五百羅漢の首がはねられていたのと,後円部墳頂にある仏像の首がはねられていたのが残念。この古墳から出土した特異な円筒埴輪は,藤岡歴史館で見ることができる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:山上碑と山上古墳

山上碑と山上古墳(高崎市山名町字山神谷)を見学した。そにに至る道路は狭いけれども山上碑のある場所の直下のあたりに駐車場とトイレ等の施設が整備されている。そこにクルマを停め,長い階段を登って山上碑のあるところに至った。各地の博物館等に山上碑のレプリカが展示されており,それらを既に見ているけれども,生きている間にぜひ実物を観たいと思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市:諏訪神社と古墳群

諏訪神社(群馬県藤岡市藤岡)を参拝し,諏訪古墳と境内地内にある諏訪神社北古墳を拝見した。由緒書によれば,「椙山神社」として創建された神社なのだそうだ。神社の背後に比較的大きな参拝者用駐車場がある。神社の基壇全体が前方後円墳なのだそうだが,全体に大きく改変されている。ただし,基壇全面に葺石状に石垣が構築されており,むしろ,古墳造営当時の雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市吉井町:多胡薬師塚古墳

多胡薬師塚古墳(高崎市吉井町吉井川)を見学してきた。多胡公民館(高崎市吉井町多胡)のすぐ近くにある。この公民館にはクルマ数台を停めるスペースがあり,古墳の見学者は,そこにクルマを停めるようにとの指示がある。公民館の側から道を登ると古墳の正面に至ることができる。墓室が開口している。 古墳正面 古墳背面 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市吉井町:多胡村113号墳(一本杉古墳)と神保古墳群

神保古墳群(高崎市吉井町神保)を見学してきた。かつて,この地域には非常に多数の古墳があったのだそうだが,現在,JA多野藤岡 あぐりセンター西部の南方に隣接して神保古墳群を構成する比較的大型の円墳群が保存されているほか,JA多野藤岡 あぐりセンター西部の北方に隣接して多胡村113号墳(一本杉古墳)が残されている。 多胡村113号墳(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市吉井町:恩行寺古墳

恩行寺古墳(高崎市吉井町長根)を見学してきた。この古墳は段丘の淵にあるのだが,その段丘下にあるローソン 吉井長根店から見上げると,墳丘の様子がわかる。古墳は,恩行寺の墓域内にある。かなり大きな円墳であり,かつては全面に葺石が施されていたらしい。 恩行寺古墳 恩行寺古墳 恩行寺古墳
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県甘楽郡甘楽町:天王塚古墳

天王塚古墳(群馬県甘楽郡甘楽町福島)を見学してきた。笹森古墳から比較的近いところにある。古いタイプの前方後円墳だと考えられている。古墳の前に数台のクルマを停める場所とトイレ等の施設がある。その場所から古墳中央部に登る細い道があり,後円部の墳頂に登ることができるようになっている。 全景 説明版 前方部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県甘楽郡甘楽町:笹森稲荷神社と笹森古墳

笹森稲荷神社(群馬県甘楽郡甘楽町福島)を参拝し,その境内にある笹森古墳を拝見してきた。この神社の祭神は,倉稲魂命,豊城入彦命とのこと。この神社は,全体として笹森古墳の上にあり,その本殿や拝殿等の主要な建築物は,古墳の中央部分を掘削して造営されている。かなり大規模な前方後円墳だと言える。正面からではわかりにくいが,背後から見るとそのことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:しの塚古墳

しの塚古墳(群馬県富岡市田篠)を見学してきた。この古墳があった場所の現況は道路になっており,現在の場所にあるものは移築・復元されているものだろうだ。全面に葺石がある。側面の階段から上部へ登ることができ,そこから石室内を見ることができるようになっている。 古墳側面 説明板 説明図 古墳正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市:伊勢塚古墳

伊勢塚古墳(群馬県藤岡市上落合岡)を見学してきた。八角墳とのことで,造営された当時には吉岡町三津屋古墳のように全面に葺石があったのだろうと思われる。非常に興味深い古墳だ。 全景 説明板 石積み 墓室入口付近
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下野国庁跡

先日、下野国庁跡(栃木県栃木市田村町・宮ノ辺)を訪問した。かつて、古代の官庁都市のあったところで、川をはさんで東側の台地に東日本全域を管轄する戒壇をもつ薬師寺があることから推定すると,現在の関東平野がある地方のかなりの部分を統括すると同時に,現在の東北地方への抑えとしての軍事拠点として機能していたのではないかとも考えられる。 また,薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:白籏石尊古墳(木原白籏古墳群第2号墳)

過日、白籏石尊古墳(茨城県稲敷郡美浦村木原)を訪問した。この古墳は、愛宕山古墳のすぐ近くにあり、日本テキサス・インスツルメンツ三浦工場の正門前の道路を挟んだ向かい側の高台に所在している。その脇に駐車スペースがあり,そこから徒歩で道路の歩道を少しだけ歩くと、古墳への登り口がある。 駐車スペースから見た前方部 説明版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:愛宕山古墳

過日,愛宕山古墳(茨城県稲敷郡美浦村木原)を訪問した。古墳全体が愛宕神社の基壇のようにして利用されている。鳥居は,前方部にあり,そこから古墳の前方部を進むと,後円部があり,その後円部の墳頂に愛宕神社がある。 鳥居 説明板 前方部から見た後円部 後円部から見た前方部 墳頂に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:王塚古墳と后塚古墳

過日,王塚古墳と后塚古墳(茨城県土浦市手野町)を訪問した。どちらも考古学上及び歴史学上の重要な古墳なのだが,后塚古墳に関しては,前方後円墳とする説と前方後方墳とする説とがあった。この点に関しては,石田温美・荒井啓汰・齊木誠「土浦市后塚古墳の測量調査」筑波大学先史学・考古学研究29巻69~83頁(2018)が必読の論文となっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more