坂東市:高山古墳

過日,高山古墳(茨城県坂東市馬立・旧岩井市)を見学してきた。墳丘はなく,横穴式石室が保存・公開されているだけなのだが,この古墳からは貴重な遺物が発掘され,国立博物館に収蔵されている。

高山古墳
古墳入口の案内表示


高山古墳
説明板


高山古墳
石室


高山古墳
石室


この石室が横穴式石室であることから,仮にその入口が地下式でなかったとすれば,古墳の外側の地面が数メートル程度低かった可能性が示唆される。現在の地面は,明治時代以降の開墾によって均された結果のものであり,古墳築造当時の景観とは異なるものと思われる。この仮説を前提とした場合,古墳周囲の畑地の数メートル程度の地下に古代の遺物がまだ残存しているかもしれないということが示唆される。
説明版には地下に築造された古墳との記述がある。しかし,現在の地面の高さからすれば地下になるというだけのことであり,築造当時の地面の高さが現在とは全く異なると仮定すれば地下ではないこともあり得るはずだ。
逆に,当時の地面の高さからしても地下と言える場合には,例えば,古代ローマのカタコンベのような,あるいは,隠れキリシタンのようにして古来の葬礼様式を維持しようとした人々が存在したことを想定せざるを得ない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック