香取市:仁井宿浅間神社古墳

過日,浅間神社(香取市佐原イ)を参拝し,その基壇となっている全長約70メートルの前方後円墳を見学した。低地にあるのでやや疑問なのだが,古代の自然堤防または小島のようなところに築造されたのではないかと想像される。鳥居から参道を経て後円部に至る。この後円部に石室があったと仮定すると,鳥居の位置は,石室を遥拝するための正しい位置に存在していることになる。前方部は神社の左手の方向に伸びている。

浅間神社
浅間神社


浅間神社
後円部と浅間神社拝殿


浅間神社
浅間神社本殿


浅間神社
古墳前方部


浅間神社
境内社


正確ではないかもしれないが,この古墳の前方部は真西の方向を向いている可能性がある。仮にそうだとした場合,その方向には日本国内では隠岐の島,朝鮮半島では百濟の熊津,中国大陸では山東半島の蘭陵がある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック