茨城県稲敷郡阿見町青宿:鹿島神社と古墳

過日,鹿島神社(茨城県稲敷郡阿見町青宿)を参拝し,その境内地にある古墳を見学してきた。この鹿島神社の境内地にある石碑によれば,永明元年(中国南北朝時代の南斉の元号・西暦483年)に建立され,祭神は建御雷之男神とのこと。説明版によれば,第二次世界大戦の末期にこの付近で多数の予科練生と教員が空襲により亡くなったとのこと。平和のありがたさを心の底から感じる。鹿島神社に参拝してから,神社とその周辺を拝見した、

鹿島神社
鳥居


鹿島神社
建立の石碑


鹿島神社
説明板


鹿島神社
拝殿


鹿島神社
本殿


この鹿島神社の境内地内には,西側に2基の円墳があり,東側に1基の円墳があったそうだ。西側の1号墳と2号墳は,現在でも明確に識別できる。東側の3号墳は,どこにあるのかよくわからない。鳥居の向かって右側に盛土のようなものがあり,これが3号墳かとも思ったけれども,よくわからなかった。

鹿島神社
1号墳


鹿島神社
2号墳


鹿島神社
鳥居の東にある墳丘のような盛土部分


鳥居の周辺に多数の石碑などがある。

鹿島神社
猿田彦大神の祠


鹿島神社
馬頭観世音の碑


神社に至る途中の湿地では,ガマの穂が出ていた。

Typha latifolia

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック