茨城県東茨城郡城里町高久:鹿島神社

過日,鹿島神社(東茨城郡城里町高久)を参拝してきた。この地域の旧名は桂村,更にその旧名は岩船村,更に旧名は高久村とのことだ。鹿島神社の祭神は,その名のとおり建御雷之男神であり,この地域周辺には建御雷之男神が征服のために武力遠征してきた当時の伝承を伝える神社等がある。しかし,この鹿島神社は,坂上田村麻呂と悪路王(アテルイ)の伝承で名高い。史書に書いてある歴史とは異なる伝承なのだが,史書の記述のほうが常に正しいとは限らない。だから,歴史は面白い。

鹿島神社
拝殿


鹿島神社
本殿


鹿島神社
説明版


「高久」は,もとは「高来」だったと考えられる。そして,「高来神」とは,「楯縫神」すなわち「經津主神(普都大神)」と考えられるから,社伝にいうこの地を平定した「大神」とは,「經津主神(普都大神)」のことを指すと解すべきことになる。建御雷之男神と經津主神とを同一視する見解にたてば,当然の帰結ということになろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック