大宝八幡宮

先日,大宝八幡宮(茨城県下妻市大宝)を参拝してきた。その所在地は,南北朝の戦乱の際の関東地方における最大の激戦地とも言える大寶城の遺跡の中にある。かつて周囲は池沼に囲まれ,細長い島のようなところだったらしいのだが,現在では,後の干拓等により平地の中の台地のような形状を示すところになっている。この地をめぐる下妻氏や多賀谷氏の興亡を含め,様々なことを考えた。

祭神は,誉田別命(応神天皇),足仲彦命(仲哀天皇),気長足姫命(神功皇后)とのことなのだが,ほかに多数の境内社などがある。拝殿で参拝した後、それらを拝見した。



拝殿
拝殿


本殿
本殿


若宮八幡宮
若宮八幡宮


大宝天満宮
大宝天満宮


青龍権現社
青龍権現社


境内社
境内社


境内社
境内社


市姫神社
市姫神社


随身門
随身門


私が参拝した折には,境内のなんじゃもんじゃの木の花が満開だった。とても綺麗だった。

なんじゃもんじゃ
なんじゃもんじゃ



  大宝八幡宮
  https://www.daiho.or.jp/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック