立野神社

過日,立野神社(茨城県常陸大宮市上小瀬)を参拝してきた。式内社の「立野神社」の論社とされている。神社の前にある駐車場にクルマを停め,参拝した後,境内を拝見した。

立野神社
鳥居と参道


立野神社
拝殿


立野神社
本殿


祭神は、級長津彦命、級長戸邊命、素盞嗚命とのことだ。「級長津彦」は、「しなつひこ」と読ませる。この神を祀る神社は、比較的珍しいほうなのではないかと思う。

神社の名である「立野」は,「たちの」と読むらしい。意味のある名称だろうと思う。この神社の祭神の名から想像すると,もとは「科野」であったかもしれないと想像したりした。

境内社が多数あり,それぞれ参拝した。その中の1つが盛り土のようなものの上にある。古墳の残骸であるか、または、社殿を造営した際の残土の盛り土であるかのどちらかだろうと思う。

境内社


狛犬さんの表情が面白い。

左側の狛犬


右側の狛犬


途中でちょっと道に迷ったが,どうにか到着。思考能力の劣化を少しでも防ぐため,クルマにカーナビを搭載しておらず,路傍にクルマを停めて地図を確認しながらの旅。そのため,ときどき道に迷うことがある(笑)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック