益子町:小宅古墳群

亀岡八幡宮を参拝した後,小宅古墳群(栃木県芳賀郡益子町)に向かった。亀岡八幡宮から古墳群へ入る道標と説明版がある。この古墳のある周辺一帯は,源頼朝の奥州遠征に従軍した頃から興隆し,鎌倉時代~戦国時代に有力な武将となった芳賀氏の本拠地として知られている。要するに,この地域は,古来,坂東から奥州へと軍勢が陸路で進軍するための極めて重要な地点の1つであったと言える。

古墳群入口
古墳群入口


説明板
説明板


この古墳群の整備・保存状態は,かなり良いほうだろうと思う。主要な古墳を順に見て回った。古墳群の立地は,高台の上なのだが,ところどころに展望施設のような場所があり,周辺を見渡すことができる。

小宅古墳群1号墳
1号墳


小宅古墳群2号墳
2号墳


途中でヘビと遭遇した。この山の主かもしれない。大きなヘビで2メートルくらいの長さがあった。シマヘビ(Elaphe quadrivirgata)のように見えたが,アオダイショウ(Elaphe climacophora)かもしれない。

Elaphe
大きなヘビ


小宅古墳群3号墳
3号墳


小宅古墳群5号墳及び6号墳
5号墳及び6号墳


小宅古墳群12号墳
12号墳


12号墳の墳丘上にはキスゲ(Hemerocallis)の類の花が咲いていた。管理者が植栽したものだろうか?

Hemerocallis
キスゲ



  小宅古墳群
  http://www.town.mashiko.tochigi.jp/cultural_property.php?mode=detail&code=74

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック