アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫

自宅の庭にはセリ科の植物が多いので,必ずキアゲハがやってきて卵を産みつける。大きく育ったアシタバの葉もたちまち食い荒らされてしまう。かなり複雑な心境・・・

Papilio machaon
キアゲハ


この記事へのコメント

カッコー
2016年07月10日 04:05
電脳中年Aさん

今は複雑な気持ちでも
運が良ければ羽化するところを
見られるかもしれませんね。
6時間以上かけてゆっくり動き出す時間
見ていて飽きません。
2016年07月10日 07:03
カッコーさん

私の庭からは毎年数多くのキアゲハやアゲハが羽化して飛び去っていきます。基本的に農薬を使っていないので寄ってくるのでしょう。

しかし,近隣の農家にとっては恐るべき害虫を繁殖させてばらまいている者の一人ということにもなります。

なかなか難しいです。

カッコー
2016年07月10日 07:20
電脳中年Aさん

コンパニオンプランツという手も有ります。
春菊の傍の菜っ葉は、全然虫にやられませんでした。
ネギを嫌う生き物も居るようです。
でも、蝶々の飛来も羽化も
大事な年中行事のようですね(^.^)
2016年07月10日 08:50
カッコーさん

コンパニオン・プランツは効果のある場合がありますね。日本では昔から除虫菊(マリーゴールド)を植えたりしていました。

しかし,庭の野菜の多くは妻の聖域(畑としている区画)内にあり,私は一切手出しできないんですよ(笑)



カッコー
2016年07月10日 10:48
電脳中年Aさん

男性はそういう所が賢明なんですね。

私の家には足長蜂がやってきます。
何故だか気に入られています(^.^)

この記事へのトラックバック