自宅のラン:石斛「翡翠」が開花

石斛「翡翠」が開花した。昨日の昼頃に蕾がほころび始め,その時点では綺麗な緑色をしていた。午後から仕事に出かけ,深夜に帰宅し,朝になってみると,開花していたのだが既に花は白色。暗いところで開花させたのだが,緑花で咲かせるのが難しい品種だと思う。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
翡翠


ちなみに,以前の開花写真と比較すると,花の形状が若干異なるから,これも交配品であることが間違いないと考えている。時期からすると,鉄皮石斛の遺伝子が入っているのだろうと推定される。類似品種が非常に多く,どれもこれも実生兄弟またはそれに類するものという可能性が高い。

この記事へのコメント

2016年06月09日 22:23
電脳中年Aさん

この時期の開花ですからね^^; まず 通常の品種では無いですよね明らかに交配です。
2016年06月10日 03:42
緑屋さん

鉄皮石斛を使った交配(戻し交配により石斛のように見せかけているもの)は非常に多いですね。純粋な石斛だろうと推定できるものがほとんどありません。以前,カシオープ系の交配について少し調べ,イセ系については調査の中途でアイドリング中のままなのですが,どうやらイセ系交配のタイプのほうが圧倒的に多いようです。

植物学者が標準標本的なものだと信じている標本も,ちゃんと調べ直したほうが良いというのが私の判断なのですが,誰も聴き入れません。なにしろ自分が書いた論文の論拠が喪失してしまうことになるので,それはできないことということになのでしょう。しかし,諸外国の関連機関では既に気づいているようなので,そうなる日は時間の問題かもしれません。それだったら,さっさと降参してしまったほうが良いのではないかと思うんですけどね。

植物学は,ほぼ全面的に根底から構築し直したほうが良いです。

この記事へのトラックバック