自宅のラン:石斛「梼原緑」が開花

石斛「梼原緑」は,冬の間に葉が落ちてしまったけれども,どうにか開花してくれた。蕾が膨らんできた段階で鉢を室内にとりいえ,やや暗いところに置いて開花させた。明るいところだとすぐに白花に変化してしまう。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
梼原緑


この記事へのコメント

2016年04月21日 16:54
電脳中年Aさん

こういう品種は葉持ちはほぼ 常温化で栽培すると 私自身は不可能に近い・もしくは極めて難しいと言えるでしょうね、個人的には品種の特性としか言えないでしょうね。

ただ秋花を咲かせる品種でもとてつもなく葉持ちの良い品種もあり、元々の親(交配親)の性質が違うのだと 思われます。

大型になり秋花を咲かせる品種は大抵は葉持ちが悪い系統が比較的多いと言う見解です。
さらに「梼原緑」のような軸(バルブ)の特徴をもった品種はまず・・・・直射日光に弱いという性質を持ち合わせていて、本来の花色は「直射日光厳禁」と言う性質はそこにも現れるのでしょう。

お分かりのように、それが何を意味するのかは、また別の話として。
2016年04月21日 21:06
緑屋さん

冬に葉を保つのは厳しいようです。

温室向きの品種かも・・・

この記事へのトラックバック