自宅のラン:メディオカルカ・デコラツム(Mediocalcar decoratum)が開花中

ちっこいランで,大丈夫かと心配しながらも,かれこれ何年か栽培を続けている。ぜんぜん肥料をやらないでいたら何となく小さくなってしまったので,植え替えしてちょっとだけマグアンプの小粒を入れておいたら復活し,また開花するようになった。ポリポットにミズゴケ植えで栽培している。

Mediocalcar decoratum
Mediocalcar decoratum


この記事へのコメント

カッコー
2016年02月01日 11:28
電脳中年Aさん

肥料はやはり大事なんですね。
無菌培養で鉢上げしたばかりの物では
肥料をやり過ぎると枯れそうなので
無肥料で育てて居る物が何種類かあります。
2016年02月02日 06:23
カッコーさん

植物と対話し,肥料をほしがってそうなときは少しだけやるという栽培方法をとっています。

植物と対話できていないのに自分の考えだけで肥料をやると逆効果になり,場合によっては殺してしまうこともあります。

私の場合,基本的に無農薬・無肥料で栽培しておりますが,ミズゴケやバーク等に含まれている栄養分がなくなってしまうと植物体全体が小さくなります。

大きく育てたり立派に花を咲かせたりしたいときには,よく考えた上で適切に施肥をする必要があります。ただ,肥料で太らせた個体は,ある意味で脆弱になることがありますから要注意です。

しっかりとひきしまった植物体で,きりりとした良い花を咲かせるものがベストということなんじゃないかと思います。

この記事へのトラックバック