自宅のラン:長生蘭「黒牡丹」(光珠園株)

黒牡丹」(光珠園株) は,昨年,ちょっと作落ちさせてしまった。更に,冬場に棚が一部壊れてひどいことになってしまった。今年の春になってから作場を修理し,回復させるために様々な工夫をした結果,どうにか持ち直してくれたように見える。緑屋さんから頂戴した株とはやはり少し違うように思う。更に観察継続。

Dendrobium cv.
黒牡丹


  光珠園
  http://www.koujyuen.com/



この記事へのコメント

2015年08月12日 01:05
電脳中年Aさん

面白いですよね この2タイプとまた全く違った物がもう1タイプあります、私が作ってみた感覚では・・・・「墨流し」の白斑の感じでシカミが強い物で紺性は極薄いです、多分上の写真の固体が一番紺性が強くバルブが太ると思います。
2015年08月12日 05:30
緑屋さん

上手に育てると,もっと良い感じの矢になるんじゃないかと期待しています。まだまだ勉強と経験が不足しています。

それにしても,墨流し系は面白いですね。同一のタイプから発展したものではなく,複数の系統がありそうだということは私も全く同感です。りき丸さんの観察結果でもそのようなことが示唆されていますね。

この記事へのトラックバック