ムラサキモメンヅル(Astragalus laxmannii)

ムラサキモメンヅル(Astragalus laxmannii)が開花した。例年通りの時期の開花となった。何年かかけて栽培・観察を継続し,その間に様々な文献を読み漁ってきた。おそらく,古代または江戸時代に中国から移入された有用植物(薬用植物・本草)の子孫なのだろうと思う。

Astragalus laxmannii
Astragalus laxmannii


この記事へのコメント

2015年07月15日 21:28
電脳中年Aさん

マメ科の植物は移入しやすいでしょうね・・・発芽率も良いですし、常温でも数年は使える種なので。
2015年07月16日 00:26
緑屋さん

古代の山東省や東北部などの遺物の発掘結果等と照合して考え続けております。

どうもマメ科植物の多くが古代に渡来したものではないかと思われます。

この記事へのトラックバック