自宅のラン:長生蘭「細鉾丸」 の新葉

「細鉾丸」は,新木が伸び新葉が展開中。1本だけ甲竜芸の出ないものもあるが,他の新木の新葉には全部甲竜芸が出ている。いつ見ても面白い品種だと思う。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
細鉾丸

この記事へのコメント

2015年06月28日 05:00
電脳中年Aさん

この芸は派手では無いですが、そう簡単に全く甲龍の無い品種の交配(異種間交配だとしても)をしても限りなく0に近い出現率でしょう、「青甲龍」「紫甲龍」の派性品は大事にされるべき個体群です・・・・
2015年06月28日 06:24
緑屋さん

本当にどうしてこのような品種が出てきたのか,とても不思議です。

ちゃんとした甲竜芸の品種はこの系統のものしかなさそうなので,一応全部揃えました。

ときどき並葉の矢が出てくるので,そういうものから変化して甲流芸を示すようになったのでしょうね。
モンザ
2015年06月28日 12:25
ネジバナやミヤマウズラでは見かける機会の多い一過性の甲竜葉も固定となるとまして着生蘭では珍しいですね

なので僕もお気に入りの系統で集めています(^^)
2015年06月28日 19:38
モンザさん

私の経験では,石斛以外の植物でも非常にごく稀に一時的に甲竜葉のような感じになることがありましたが,まあ,基本的にはないと言ってよいと思います。

石斛では,こういう品種があるのでとても不思議です。

流通量が意外と少ないので,大事に育てております。

この記事へのトラックバック