自宅のラン:ダルマエビネが開花

ダルマエビネ(Calanthe alismifolia)が開花した。冬の間は,鉢を室内に取り込み,凍らないように保護した。常緑性の海老根とされているけれども,寒いと葉を落とし,作落ちしてしまう。温室で栽培すればかなり大きくなるのではないかと思う。保温設備のない人にはあまりお勧めできない。個人的には好きな海老根の一種。

Calanthe alismifolia


今年は,天候不順で,日照不足に加え,夜間にはかなり冷え込む日が続いているため,生育状況があまりよくない。開花しないのではないかと心配していた。どうにか開花したのでほっと一安心。


この記事へのコメント

2015年06月19日 15:57
めずらしい花ですがナツエビネでしょうか。今年は例年になく気温の高い日が続き、
草木の開花期も異常なようです。栽培にはご苦労されたでしょうね。
2015年06月19日 16:36
目黒のおじいちゃんさん

夏咲きの海老根ですが,ナツエビネ(Calanthe reflexa)ではありません。

ダルマエビネは,主に南西諸島に産するもので,しばらく前に実生苗と思われるポット苗が大量に安価で販売されていたことがあり,それを購入してずっと栽培継続してきました。オナガエビネなどの南西諸島産の海老根のポット苗をそのときに一緒に購入し,これまた今日までずっと栽培しております。

亜熱帯の植物なのでそれなりに冬対策が必要だというだけではなく,大型になる植物なのでそれなりに場所をとるということもあって,結構苦労します。

面白い形の花を咲かせる植物で,好きなランの一つです。

この記事へのトラックバック