この記事へのコメント

カッコー
2015年06月05日 23:37
電脳中年Aさん

波に揺蕩うクラゲのようでも有り
優雅です。
2015年06月06日 05:40
カッコーさん

私は「ゴキブリラン」と呼んでいます(笑)

種類によって,宇宙人のようでもあり,妖怪のようでもあり,とにかく興味の尽きない属です。
カッコー
2015年06月06日 13:19
電脳中年Aさん

ゴキブリはちょっと…。
当地はゴキブリが出ません。
美しいランを育てていらっしゃるので
感性もその様なものとつい期待しがちですが…
2015年06月06日 13:48
カッコーさん

詳しいことを書くとキリがなくなるので結論だけ書きますが,美しくて香りのよい蘭は,ご婦人方に気に入られるように加工された園芸品種ばかりだと思ってください。そうしないと貴族が大金を出して苗を買ったとたんに奥方に叱られるということになりますし,他の貴族の奥方から誉めてもらったりすることができないということにもなります。つまり,「美しい」や「芳香がする」は,造られたイメージであり,大多数のランの生の生態からは相当にかけ離れています。

ランは,一口で言うと,「非常に奇妙な植物」というしかありません。

そういう奇妙さを楽しめるようになると,ランの楽しみが更に深まります。

ちなみに,「美」それ自体についても非常に難しい精神現象で,普通の人にとっては気持ち悪いとかグロテスクだと思われるような対象でも,それでも「美しい」と思う人にとっては美しいです。ですので,私は,好き嫌いのある問題については,可能な限り,他人の感性に干渉しないようにしています。

この記事へのトラックバック