この記事へのコメント

2015年05月12日 06:27
電脳中年Aさん

この手のタイプは実際・・・明治以降に山蒔きされていないと思われる場所でも有ります。

多分?私の思い違いではないはずです・・・・
2015年05月12日 08:20
緑屋さん

明治時代以前からあるとした場合,「銀龍」の派生品または野外逸出による野生化種だとすれば,江戸時代のものということになりそうですね。

なかなか面白いです。

興味深い品種なので,大事にして栽培継続しています。

この記事へのトラックバック

  • 自宅のラン:石斛「紅鶴」の2番花

    Excerpt: 「紅鶴」の花は散ってしまったが,別の矢(茎)に蕾がついて開花した。唇弁の斑紋は,何となくDendrobium papilioの花の模様を彷彿とさせるような感じがしてならない。 Weblog: 怠け者の散歩道 racked: 2015-05-28 07:17