自宅のラン:ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始め

ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始めた。ぜんぜん増えないので,この1株を大事に育て,何年も維持している。どうにか実生が出ないものかと今年も観察継続。

Amitostigma lepidum


Amitostigma lepidum
Amitostigma lepidum


この記事へのコメント

ぱんだうさぎ
2015年06月02日 17:31
電脳中年Aさん

球根でも増えると聞いたことが有りますが…
種子だと変異が期待できると言う事ですか?
2015年06月02日 22:05
ぱんだうさぎさん

このヒナランは結構長く栽培しているものなのですが,地下部のイモだけで毎年更新してきました。1個しかできず,前年のイモは腐って消えてしまいますので,個体数が増えません。

だから,実生期待なわけです。植え替えすると種子も古い土と一緒に捨ててしまうことになるため,植え替えもできないというジレンマになります。

この記事へのトラックバック

  • 自宅のラン:ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始め

    Excerpt: ヒナラン(Amitostigma lepidum) が開花し始めた。芽出しのときに葉をナメクジか何かにちょっとかじられてしまい,「こりゃダメか・・・」と落胆していたのだけれども,どうにかこうにか育って.. Weblog: 怠け者の散歩道 racked: 2016-06-02 16:10