怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS ホソバノキリンソウ

<<   作成日時 : 2006/08/04 13:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

松本への旅の帰路に立ち寄った八島ヶ原湿原で,ホソバノキリンソウの花を観た。素人目には普通のキリンソウとそんなに違わないように見えてしまうのだが,帰宅してから葉の写真などをじっと観察していたら,やはり少し異なるような気がしてきた。(笑)

ホソバノキリンソウ(Phedimus aizoon (L.) 't Hart (= Sedum aizoon L. var. aizoon))は,ベンケイソウ科キリンソウ属(マンネングサ属)に属し,北海道,本州(中部地方以北)の低山帯から亜高山帯の草原や湿地などに生育する多年草ということだ。日本のキリンソウの基本種であり,キリンソウと比較してみると,葉のほぼ全部に鋸歯がある点が異なっているとのこと。

Phedimus aizoon


Phedimus aizoon


キリンソウの仲間も含まれるベンケイソウ科植物は,園芸植物(多肉植物)として広く普及している。

私の自宅にも白,黄色,ピンクのカランコエの鉢がある。丈夫だし非常に育てやすい。私のように植物の栽培がとても苦手で面倒くさがりやの人間でも大丈夫なのだから,おそらく誰にでも育てられる植物だろう。どれも1株50円〜100円で買ってきたカランコエばかりなのだが,どんどん大きくなってしまった。(笑)

ベンケイソウの仲間は,植物体全体としては非常にユニークな形をしたものが多い。しかし,その花(だけ)を観察してみると,やや色や大きさが異なるにしても基本構造が全く同じだということに気付く。とても面白い。


 ホソバノキリンソウ(細葉の麒麟草)
 http://www.wildplants.sakura.ne.jp/ribenkarui/hosobanokirinsou.htm

 ほそばのきりんそう(細葉の麒麟草)
 http://www.botanic.jp/plants-ha/hokiri.htm

 Phedimus aizoon (L.) 't Hart
 http://www.ars-grin.gov/cgi-bin/npgs/html/taxon.pl?447119



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホソバノキリンソウ 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる